手術

手術について知っておきたいことをわかりやすい言葉で解説しています。症状やその原因、治療法などの対策など医師監修のもとで信頼できる情報をお届け。

関連するQ&A

Q

サルコイドーシスによる肺病変か、肺転移か?

70歳の女性、S状結腸がんstageIIIb術後1年6ヶ月の血液検査で、CEAが10.9(二週間前は8.5)に上昇傾向が見られ、CT撮影しました。 3ヶ月前に撮影したCT画像と比較し、肝臓に転移らしき病変(2.5cm)が見られ、現在手術に向けMRI待ちの状態です。 ここで肺の状態に関してお伺いしたいのですが、もともとサルコイドーシスに罹患しており、数年前からは症状がほとんどない状態が続いていました(もともと血液マーカー−、ツベルクリン−、数年前に肺生検でサルコイドーシス様病変有、目サルコは経過観察中。以前は咳が見られたが現在はほぼ無し)。 今回のCTで、肺にも所々(3箇所程度あるかないか)、数mmの影が写りました。担当医師は、最初は多発性肺転移の疑いのため抗がん剤治療としたものの、アレルギー科でいつもサルコイドーシスの診察をしてくださっている医師にCT画像を見せて意見を聞いたところ、サルコイドーシスによる病変の可能性が高いということになり、肝転移の切除と方針を決められました。 理由として、CT画像の病変が気管支に沿って見えていること、気管支のないところには見られないことから、癌ではないと判断したようです。 現在患者本人には肺に関する自覚症状(咳や痰など)はありません。 そこでお伺いしたいのは、 (1)サルコイドーシス小康状態でも肺に3か月程度で小さな病変ができるものでしょうか? (2)肺に見られる病変が癌ではないかどうか、確認する方法はありませんでしょうか?(本人は組織生検を嫌がっており、PET-CTでは区別がつかないと言われた) 多発していない肝転移(CTで見る限り1箇所)を切除するまでに1ヶ月ほどかかりそうなのですが、それまで肺に見られた影が癌であった場合、放置しておくことを危惧しております。 サルコイドーシスと肺がんの区別について、何でも構いませんのでご教示頂けると幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 (70代以上/女性)

70代以上/女性
Q

右腎臓がん 摘出手術 予定です

右腎臓がん 10センチ 摘出予定ですが手術直後の痛みが耐えられるかが心配で手術に踏み切れません。平成9年のがん対策基本法から現代の緩和ケアがどこまで痛みが回避出来るようになったのか個人差はあると思いますが状況を教えていただけませんか? (50代/男性)

50代/男性
Q

明細胞腺卵巣癌3期の根治手術におけるリンパ節郭清

明細胞腺卵巣がんのステージ3期と告知されました。ただし、ステージングをした時にリンパ節のサンプルを取らなかったため、りに転移しているかは判断できません。腹膜播種は始まって肝臓皮膜上に怪しげな小さな腫瘍がいくつかでき始めています。 二か所の病院でセカンドオピニオン相談をしたところ、1つ目の病院は、根治手術で某大動脈リンパ節・骨盤内リンパ節郭清は術中にリンパ節をチェックして異常がなさそうなら取らないとのこと。その理由は、リンパ節郭清による後遺症や神経を痛める可能性があるからとのこと。 もう1つの病院では、あらかじめリンパ節郭清をするとのこと、その理由は明細胞腺癌の三期ではリンパ節転移していることが多く、今後の転移防止のためとのこと。 先日のPET-CTスキャンでは、特にリンパ節及び他臓器に異常なしの様子でした。 リスクもメリットもあるリンパ節郭清ですが、実際どちらの手術が良いのか、決め兼ねます。 ご意見をお聞かせください。 (40代/女性)

40代/女性
Q

子宮体がん術後の抗がん剤治療について

母のことですが、子宮体がん手術が無事に終わり現在手術で取った骨盤のリンパの病理の結果待ちです。病期は1bでしたが、もしリンパに転移があった場合抗がん剤治療は行うべきでしょうか。術後経過は順調ですが抗がん剤の副作用よりもメリットの方が大きいのでしょうか。また人それぞれだとは思いますが、子宮体がんに抗がん剤は効きやすいのでしょうか。 (20代/女性)

20代/女性
Q

大腸癌(肝転移)の治療はこんなものなのでしょうか?

半月前に妻の母が「大腸がん(S状結腸癌)で肝臓に転移しており、全体に小さいのが5個ありステージ4」だと診断されました。既に癌が腸管を狭めていて便の排出が出来なかったので、手術をすることになりました。便で腸がパンパンになっているというわりには手術は10日後になりました。 なんとか原発巣は完全に取り除けたらしく、膀胱への浸潤もなかったそうで、ストーマも作らずで良かったと思います。 今日で、手術5日目となりますが、もう直ぐ退院になるそうです。肝臓に転移したものは抗がん剤で治療するということですが、ネットで調べると抗がん剤では転移した肝臓癌の効果は薄い。 奏功率も65%程度で多少は小さくなるが完全奏功は1%にも満たないと。大腸癌のステージ4の5年生存率は、17%となっています。 手術で切除することが確実であると書いてあるのに、なぜ同時に手術しなかったのでしょうか? 小さい癌なら一緒に取ってくれればよかったのに。外科の医師に理由を聞きたいのですが、怖くて聞けません。 転移した癌は、これで治るのでしょうか。肝臓の癌がどうなってしまうのか、なぜ何せずに退院になってしまうのか、意味がわかりません。これが標準治療なのですか? (60代/女性)

60代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。