脂肪肝の症状、検査、診断 自覚症状なし?痛み、下痢、蕁麻疹は?

  • 作成:2016/06/06

脂肪肝は、一般的に自覚症状がありません。痛み、下痢、蕁麻疹との関係に加えて、検査や診断の概要を医師監修記事で、わかりやすく解説します。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師
脂肪肝には自覚症状がない?
脂肪肝に自覚症状はある?
脂肪肝の症状 疲れやすい?だるい?
脂肪肝の症状 痛みはある?
脂肪肝の症状 下痢がおきる?
脂肪肝の症状 蕁麻疹が出る?
脂肪肝は血液検査でわかる?γ-GTPやAST,ALT?数値基準は?
脂肪肝の診断方法 エコーやCTをつかう、わかる?

脂肪肝に自覚症状はある?

脂肪肝に自覚症状はほとんどありません。肥満の方やアルコールの量が多い方が発症することが多い傾向がありますが、やせていたりアルコールを一滴も飲まない方でも食事の栄養バランスが悪かったり、お薬の影響などで脂肪肝がみられるケースがあります。

自覚症状がないために自分で脂肪肝があることに気がつくのは難しい場合があるため、定期的に健康診断などで血液検査や腹部エコー検査などを受け、チェックを行うことが望ましいと言えます。

脂肪肝の症状 疲れやすい?だるい?

脂肪肝にはほとんど自覚症状がなく、脂肪肝だけの場合は疲れやすさやだるさなどの症状がみられることは通常ありません。ただし、脂肪肝は肥満や糖尿病、高血圧などを合併するケースが非常に多いため、脂肪肝に加えて血糖値や血圧が異常に高い場合は疲れやすさ、だるさなどの症状を感じることがあります。

脂肪肝の症状 痛みはある?

脂肪肝に自覚症状はほとんどなく、痛みなどの症状がでることも基本的にはありません。痛みを感じる神経は、肝臓の表面(肝皮膜:かんひまく)にしかないため、脂肪肝だけでなく、肝硬変や肝臓癌になっても、肝皮膜に影響が及ぶまでは痛みが出ないことが普通です。そのため例えば巨大な肝臓がんがあるにも関わらず無症状というケースもしばしばあります。

日ごろから右脇腹の痛みがあるために「肝臓が痛い」と訴える患者さんが時折いますが、そのほとんどは肋間神経痛などによる肝臓以外の痛みであることが多いようです。

脂肪肝の症状 下痢がおきる?

単純な脂肪肝のみの場合、脂肪肝のせいで下痢などの症状が起こることはほぼありません。ただしアルコール性脂肪肝が進行して、アルコール性肝炎や肝硬変になり、肝機能が著しく低下しているような場合は、消化機能が落ちて下痢の症状がみられるケースがあります。また、アルコール飲料そのものや脂肪分の多い食品によって、下痢を起こすこともよくあるため、日常的に下痢をしている場合に脂肪肝のせいだと思い違いをされる方もまれにいらっしゃいますが、実際にはアルコール飲料や脂肪分の多い食品など、その他の原因による下痢であることがほとんどです。

脂肪肝の症状 蕁麻疹が出る?

脂肪肝がある方に蕁麻疹(じんんましん)が出るケースがあり、脂肪肝と蕁麻疹の関係について心配される方がいらっしゃいますが、実際には脂肪肝と蕁麻疹に直接の関係はありません。

蕁麻疹はアレルギーと関係があると考えられていることが多いのですが、蕁麻疹の患者さんのうち、アレルギーなど原因がはっきりしている方は3割程度と考えられており、残り7割程度は原因のはっきりしない蕁麻疹です。原因がはっきりしない理由としては蕁麻疹の発症にはストレスなどが大きく関与していると考えられているという点があり、普段蕁麻疹が出なくても疲れがたまっていたり、強いストレスがかかった時、体調が悪い時などに蕁麻疹が出やすくなるという事が分かっています。

蕁麻疹と脂肪肝に直接の関係はありませんが、単純な脂肪肝だけでなく肝臓に炎症が起こっている場合などは肝機能の低下が認められるため、疲れやすくなる傾向にあります。このような場合に蕁麻疹がみられるケースがあると考えられます。

脂肪肝は血液検査でわかる?γ-GTPやAST,ALT?数値基準は?

脂肪肝では血液検査に異常がみられます。脂肪肝の診断では、最初に健康診断の際などに行われる血液検査の異常で脂肪肝が疑われ、その後腹部超音波検査(エコー)などの画像検査を行い脂肪肝の確定診断(間違いないという診断)に至る例が多いようです。

脂肪肝では肝臓に関連する項目に異常値がみられます。最も一般的な項目としては「AST(GOT)」「ALT(GPT)」「γ-GTP」などが基準値(5から40IU/l程度)を超えて上昇しますが、脂肪肝ではAST(GOT)よりもALT(GPT)の方がより高い数値に上昇する(ALT> AST)という特徴があることが知られています。また、単純な脂肪肝だけの場合はAST(GOT)、ALT(GPT)の上昇は50から100IU/l程度までと言われており、100以上に上昇している場合は肝臓の炎症を疑って他の検査を行う場合があります。なお「IU/l」とは、酵素の量を表す。国際的な単位です。

脂肪肝の診断方法 エコーやCTをつかう、わかる?

脂肪肝の診断方法については、血液検査や腹部超音波(エコー)検査、腹部CT検査などが一般的です。最初に、血液検査で肝機能に関連する項目の異常値が認められ、脂肪肝を疑われるケースが多いようです。血液検査では「脂肪肝が疑わしい」というところまでしか検査できないため、診断を確定するために腹部超音波検査、腹部CT検査などの画像の検査が行われます。腹部超音波検査や腹部CT検査では、肝臓の内部の様子を実際に画像としてとらえて、人間の眼で直接観察し、肝臓の内部に脂肪がたまっていないかをチェックすることができるため、より正確な診断ができます。またこれらの画像検査では、脂肪肝の可能性だけでなく、脂肪肝の重症度や肝炎、肝硬変、肝臓がんなど他の病気の有無も診断することができます。

実際の、検査における診断では、エコー検査の場合、肝臓と腎臓の色を比べて判断します。正常な場合では肝臓と腎臓の色は同じくらいの黒っぽさですが、脂肪肝になると肝臓が白く見えるようになり、肝臓と腎臓に白黒の差(医学用語で「肝腎コントラスト」と言います)が生じて診断することができます。また、腹部CT検査の場合、肝臓と脾臓という臓器の色を比べて診断を行います。CT検査では、脂肪肝になると肝臓が黒っぽくうつるように変化するため、脾臓(ひぞう)と比べて、肝臓の色が黒っぽく描出される場合、脂肪肝と診断することが可能となっています。


【脂肪肝関連の他の記事】

脂肪肝の原因、種類、放置リスク 酒以外でも?完治する?NASHとは?
脂肪肝の治療 薬、副作用、治療期間、入院可能性 薬以外は運動?
脂肪肝の改善と予防方法 禁酒、運動、糖質制限、ダイエットに効果?
脂肪肝へタウリン、ウコン、オルチニン、ヨーグルト、お茶は効く?NG?
脂肪肝と肝炎、肝硬変、糖尿病の関係 肝臓病にならない場合も?


脂肪肝の症状、検査、診断をご紹介しました。肝臓の状態や調子に不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

関連するQ&A

Q

血液検査の結果

初めまして。 先日、血液検査をしたのですが、肝機能の数値が良くないとの事でした。 結果の数値はASTが107 ALTが234でした。 それ以外は正常でした。(中性脂肪、コレステロール、尿酸など) そしてCTを撮ったら脂肪肝との事でした。 数値が高いのは、脂肪肝だからと言う事でしょうか? ほかの肝臓病では無いでしょうか? また脂肪肝の場合は、油物やアルコールを控えるという食事療法しかありませんか? 回答よろしくお願い致します。 (30代/女性)

30代/女性
Q

アルコール性肝障害について質問 文字数制限で要点質問です。ご回答、どうぞよろしくお願い申し上げます。

当方は33歳、男、海外勤務です 2003年10月頃? γーGTP 650 この後半年以上「完全断酒」飲酒量:毎日飲酒(生大ジョッキ×3 焼酎ロック(170ミリくらい)×3くらい) / 2009年1月 γ-GTP 139 AST 41 ALT 44 *エコーで肝臓にムラありと診断脂肪肝では無いとの事/2010年4月 γ-GTP 不明(記録無し) AST 21 ALT 32 / 2010年8月3日 γ-GTP 151 AST 19 ALT 29 / 2010年8月24日 γ-GTP 283 AST 36 ALT 67 *エコー異常無し、脂肪肝を強調して調べてもらった (1)一般的に上記の様な数値経過は肝障害と言えますでしょうか?(2)アルコール性脂肪肝を経ずにアルコール性慢性肝炎に移行するケースもあるのでしょうか?そのような場合、エコー検査で発見可能なのでしょうか?(3)アルコール性慢性肝炎の場合、エコー検査では必ず何らかの指摘を受けるものでしょうか?エコーで問題なく、慢性肝炎を発症していた、という事もありますか?(4)上記8月24日の数値ですが、8月22日以来今日30日迄、連続9日間断酒しております。明日8月31日に血液検査をした場合、正常な同年齢の方でしたら、数値はどのくらい下がるでしょうか?(γ-GTP、AST、ALT)(5)同様に9月6日迄連続16日間断酒した場合、どうでしょうか? しばらく海外駐在勤務ですので、どうぞアドバイスをお願い申し上げます。「実際検査をしていないので最寄の医療機関を早急に受診して、適切な診断を受ける事をお勧めします」というご返答は最もなのですが、切実な悩みですので具体的なご回答を希望致します。来月帰国時に肝臓専門医を受診して見ますが、あとしばらく時間がありますので、不安感があります。「一般的なケースとして」で結構ですので、どうぞ専門の先生のご助言をよろしくお願い申し上げます。

Q

肝硬変についての質問です。m(..)m

48才男性です、7年程前から糖尿病で通院しています、hba1Cは6.5~8.5の間で行ったり来たりです、実は二十歳過ぎから飲酒していて、ここ4~5年はほぼ毎日大量飲酒しています(日に8%のチューハイ10本3500mlか25%の焼酎500ml、アルコール換算で100ml以上)、深夜まで飲酒して朝起きてから直ぐに飲酒する事も多々あります。最近肝臓が触って分かるほど硬くパンパンになっていて周辺に鈍い痛みを感じますので肝硬変が心配でエコーと造影剤CT検査を行いました。 診断結果は、エコーでの所見は表面が凸凹とカルテに書いてありました。  CTの所見は、(肝外側区やS1の腫大が目立ち、慢性肝障害として矛盾しません。門脈は開在、脾腫なし、腹水貯留なし。 肝右葉表面に沿って帯状の石灰化(+)。肝右葉に点状の石灰化(+) HCCは無し。)と書いてありました。 2ヶ月に1度の血液検査はr-GTPが7年前から180~280程で基準以下にはなったことがありません。GOTとGPTは最近まで正常値内でしたが今回GOT=52でH・GPT=34でHになってます、中性脂肪も700~1800で常にH、血小板数=13.9でL・プロトロンビン時間129.4でHと言うような結果です、糖尿の薬は飲んでいますが、担当医ははっきりと肝硬変とは言いません、上記検査結果や所見からアルコール性肝硬変に成っていると思った方が良いのでしょうか?それとも肝脂肪か慢性肝炎なのでしょうか? 血液検査の結果で他に必要でしたらお知らせ下さい。 (40代/男性)

40代/男性
Q

脂肪肝から肝硬変

2年前、脂肪肝って言われて、そのまま生活を変えなかったら、昨年、GPTが37になり、今年の健康診断では53に上がってました。 あとはCHEというのが、多少、高かったのですが、脂肪肝で運動しなかったら、こんなに早く肝臓の数字が悪くなるんですか? 脂肪肝から肝硬変になった場合、肝臓の数値はどのくらいになりますか? 脂肪肝で数値が悪くなった場合、肝硬変になるのも近いのでしょうか? もしかして、上記の数値は、もう肝硬変になってますでしょうか? (40代/女性)

40代/女性
Q

脂肪肝から肝硬変

先日、病院で血液検査を行いました。GOT70GPT160でした。また中性脂肪が400を超えていました。脂肪肝の診断でしたが、脂肪肝から肝硬変に移行する可能性は数値から可能性はありますか?今のままだと肝臓癌になる可能性は、ありますか? (30代/男性)

30代/男性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。