脳性麻痺の症状と特徴 反り返りは関係?アテトーゼとは?発見のきっかけも解説

  • 作成:2016/05/17

脳性麻痺の子供には母乳を吸う力が弱いなどの傾向がありますが、ある程度発育するまで、診断が難しいことがあります。発見のきっかっけや「アテトーゼ」という言葉の意味も含めて、医師監修記事で、わかりやすく解説します。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師
脳性麻痺の症状はどんなもの?

脳性麻痺の赤ちゃんの症状

脳性麻痺患者さんの特徴には、生まれたときから低体重児であることが多く、母乳を吸ったり飲みこんだりする力が弱い傾向があります。また、生後2、3ヵ月ごろに体が反り返りやすい、手足がこわばるなどの症状がみられることがありますが、すべての脳性麻痺患者さんに現れるとは限りません。また、1、2歳ころまでは、骨格や筋肉の発達が十分でないため、脳性麻痺患者さんとそれ以外の赤ちゃんとの症状を見分けるのは難しいのが現実です。

脳性麻痺発見のきっかけは?

脳性麻痺発見のきっかけは、生後数カ月から数年経つと、首のすわり、ハイハイ、歩行などの行動を始めるのが遅いなど運動機能の発達の遅れがきっかけであることが多いと言われてます。2歳以降になると、脳性麻痺で最も多い「痙直型」と言われるタイプの特徴である筋肉の過度な緊張や「アテトーゼ型」と言われるタイプ特有の何らかの動作をしようとするときの「不随意運動」(自分の意志に関係なく手足や胴体が動くこと)などがみられるようになります。ただし、脳性麻痺の症状が現れる時期には個人差があり、患者さんの年齢によって症状が変化します。

脳性麻痺の赤ちゃんの特徴 反り返りは関係あり?

生後2、3カ月の赤ちゃんを抱っこしようとすると、上体が後ろへ大きく反り返るためことがあります。反り返りをする赤ちゃんの多くは、健診などでも異常がみられませんが、一部の赤ちゃんは、脳性麻痺が原因で反り返りをすることがあります。また、反り返りは、脳性麻痺だけでなく、黄疸の一種である「核黄疸(かくおうだん)」という病気や、急性脳症、自閉症スペクトラムなどの病気が原因の場合もあります。このため、反り返りがあまり強いときは原因を特定するための検査が必要です。

脳性麻痺と診断するためには、脳の中にある運動野の損傷を確認するため、脳のCT検査またはMRI検査を行います。また、血液検査を行い、脳性麻痺以外の病気がないことを確認することも必要です。脳性麻痺は、麻痺がある部位や症状の現れ方によって分類されますが、脳性麻痺のタイプを特定できない場合は、「神経伝導検査」「筋肉の電気的検査」といった検査、筋肉組織を少量採取して顕微鏡で調べる「生検」などを行うこともあります。

ただし、2歳未満の場合は、検査を行っても脳性麻痺のタイプを特定できないことが少なくありません。この場合は、患者さんが成長してから再検査を行うこともあります。

赤ちゃんの反り返りが気になるときは、まず小児科医に相談し、必要に応じて検査を受けましょう。

脳性麻痺の固定した症状の種類 アテトーゼとは?

脳性麻痺について「アテトーゼ」という言葉を聞くことがあるかもしれません。アテトーゼとは、脳から通常の制御を受けず、自分の意志に反して筋肉が勝手にゆっくりと動く症状のことを言います。アテトーゼによる腕や脚、胴体の動きは、よじれるように動く場合や突然動く場合、ピクピクと動く場合などがあります。この動きは強い感情が起こると激しくなり、睡眠中には生じません。

アテトーゼ型脳性麻痺の症状の程度には個人差があり、両手の動作がぎこちない程度から、自力で立ち上がれず、車いすの使用が必要であることもあります。ただし、症状の程度や内容は、年齢ともに変わることも珍しくありません。アテトーゼ型脳性麻痺は、知的障害はほとんど現れませんが、言葉の発音が困難な言語障害が起こりやすくなります。また、「核黄疸」という病気が原因でアテトーゼ型の脳性麻痺を発症した場合、上を向くのが難しく、難聴がみられることが多くなります。

アテトーゼ脳性麻痺の治療は、「チザニジン」「ジアゼパム」などという筋肉の緊張を抑える薬を使用したり、理学療法、作業療法などのリハビリなどを行います。



【脳性麻痺関連の他の記事】


脳性麻痺の子供の特徴や症状についてご紹介しました。子供の動作等に不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

関連するQ&A

Q

頸椎の不随意運動について

アテトーゼ型脳性麻痺の疑いと診断されました。 今までに、言われたことがなく、自分の記憶でも、幼少期にはなかったと思われます。 大人になってから、発症する場合もあるのでしょうか? 或いは、脳性麻痺以外の病気で同じような、不随意運動をおこす病気もあるのでしょうか? (50代/女性)

50代/女性
Q

痙性対麻痺による痛みについて。

以前こちらで相談させて頂きましたが、脳性小児麻痺の妹のことでもう一度御願い致します。41歳の妹は1歳で脳性小児麻痺と診断され、一種三級の障害者です。脳性小児麻痺による痙直麻痺とあり、特徴であるはさみ歩行でなんとか自力歩行してきました。その弊害なのか現在足の痛みで苦しんでいます。こちらでアドバイスを頂いてその痛みが軽減されればとお勧め頂いた神経内科を受診いたしました。すると、妹の症状は脳性マヒではなく、痙直対麻痺ではないか?と医師に告げられました。妹にはアテトーゼがなく、上半身は不自由なく動かせるからだそうです。脊椎のMRIをしたところ異常もなく、現在の痛みを取るのは非常に難しいといわれました。この痛みを軽減するやり方としては脊中管に直接薬液を注射して足の筋肉の痙直を取り柔らかくしてリハビリをしていけば、今よりは少し楽に歩けるかもしれないと言われました。ただ、これも効く人と効かない人がいるし、足の痛みが完全に取れるわけではないと言われ、妹も躊躇しています。結局神経痛の薬「テグレトール」を服用して様子を見てみようということになりました。大変に難しい症状らしくこの薬が効かなかった場合のことを考えると次はどうしたら良いのか困惑しています。 脳性小児麻痺と診断され40年、酷使してきた身体の痛みが少しでも楽になるといいああと思うのですが・・・。 どうかアドバイスよろしく御願い致します。

Q

カテゴリーが分からなかったのでこちらにしました。

私は1000g無く、未熟児で生まれました。生まれた時に脳貧血になった為、脳性麻痺があります。私の場合は右半分がダメで最近、前よりも動かなくなっているのが分かり、病院を受診しました。そしたら、脳性麻痺の後遺症のアトテーゼが出てきていることが分かり、少しずつ治療していく事になったのですが、脳性麻痺は完治するものですか? (20代/女性)

20代/女性
Q

脳性麻痺児アテトーゼ型軽度の突然の嚥下障害

まもなく5才の男の子です。 胎盤剥離で32週でうまれ、重度新生児仮死だった子供について、最初はPVLとの診断でしたが、その時には気付かなかった基底核の損傷のほうが強く、混合型の脳性麻痺アテトーゼ強めで、現在はヨツバイで、歩行器を介助付きで使える状況です。 言葉も喋りにくさがあり聞き取りにくいですが、会話ができるような状況です。 小さい頃は肉等が苦手でしたが、最近は食べれるようになり、好き嫌いなく普通食をがっつり食べていた子供が、急にのどに通りずらいものを食べなくなりました。 詰まったこともありますが、それがトラウマなのか、ものすごく慎重になり、無理だと判断すると出してしまうし、食べて詰まったら、極度に硬直して吐き出すこともうまくできず、お茶を飲ませて落ち着かせてる状況です。 本当にここ一週間くらいの話でそれまではがつがつ食べていたのに、突然嚥下障害とかになったりするんでしょうか?? またその場合は病院はどの科を受診すべきなのかアドレスお願いします。 (30代/女性)

30代/女性
Q

乳児が足をクロスさせるのは脳性麻痺でしょうか?

生後7ヶ月の乳児ですが、縦抱きにした時、足をクロスしてしまうのですが脳性麻痺なのでしょうか?その他にも反り返りが強いなどの症状があります。 指しゃぶり、自分の足で遊ぶ、寝返りなどはしているので発達の遅れはないと思うのですが足のクロスや反り返りだけで脳性麻痺の可能性はあるのでしょうか?ちなみに、お座りも少しだけなら出来ます。 (乳幼児/男性)

乳幼児/男性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。