脳性麻痺の症状と特徴 反り返りは関係?アテトーゼとは?発見のきっかけも解説

  • 作成:2016/05/17

脳性麻痺の子供には母乳を吸う力が弱いなどの傾向がありますが、ある程度発育するまで、診断が難しいことがあります。発見のきっかっけや「アテトーゼ」という言葉の意味も含めて、医師監修記事で、わかりやすく解説します。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師

この記事の目安時間は3分です

脳性麻痺の症状はどんなもの?

脳性麻痺の赤ちゃんの症状

脳性麻痺患者さんの特徴には、生まれたときから低体重児であることが多く、母乳を吸ったり飲みこんだりする力が弱い傾向があります。また、生後2、3ヵ月ごろに体が反り返りやすい、手足がこわばるなどの症状がみられることがありますが、すべての脳性麻痺患者さんに現れるとは限りません。また、1、2歳ころまでは、骨格や筋肉の発達が十分でないため、脳性麻痺患者さんとそれ以外の赤ちゃんとの症状を見分けるのは難しいのが現実です。

脳性麻痺発見のきっかけは?

脳性麻痺発見のきっかけは、生後数カ月から数年経つと、首のすわり、ハイハイ、歩行などの行動を始めるのが遅いなど運動機能の発達の遅れがきっかけであることが多いと言われてます。2歳以降になると、脳性麻痺で最も多い「痙直型」と言われるタイプの特徴である筋肉の過度な緊張や「アテトーゼ型」と言われるタイプ特有の何らかの動作をしようとするときの「不随意運動」(自分の意志に関係なく手足や胴体が動くこと)などがみられるようになります。ただし、脳性麻痺の症状が現れる時期には個人差があり、患者さんの年齢によって症状が変化します。

脳性麻痺の赤ちゃんの特徴 反り返りは関係あり?

生後2、3カ月の赤ちゃんを抱っこしようとすると、上体が後ろへ大きく反り返るためことがあります。反り返りをする赤ちゃんの多くは、健診などでも異常がみられませんが、一部の赤ちゃんは、脳性麻痺が原因で反り返りをすることがあります。また、反り返りは、脳性麻痺だけでなく、黄疸の一種である「核黄疸(かくおうだん)」という病気や、急性脳症、自閉症スペクトラムなどの病気が原因の場合もあります。このため、反り返りがあまり強いときは原因を特定するための検査が必要です。

脳性麻痺と診断するためには、脳の中にある運動野の損傷を確認するため、脳のCT検査またはMRI検査を行います。また、血液検査を行い、脳性麻痺以外の病気がないことを確認することも必要です。脳性麻痺は、麻痺がある部位や症状の現れ方によって分類されますが、脳性麻痺のタイプを特定できない場合は、「神経伝導検査」「筋肉の電気的検査」といった検査、筋肉組織を少量採取して顕微鏡で調べる「生検」などを行うこともあります。

ただし、2歳未満の場合は、検査を行っても脳性麻痺のタイプを特定できないことが少なくありません。この場合は、患者さんが成長してから再検査を行うこともあります。

赤ちゃんの反り返りが気になるときは、まず小児科医に相談し、必要に応じて検査を受けましょう。

脳性麻痺の固定した症状の種類 アテトーゼとは?

脳性麻痺について「アテトーゼ」という言葉を聞くことがあるかもしれません。アテトーゼとは、脳から通常の制御を受けず、自分の意志に反して筋肉が勝手にゆっくりと動く症状のことを言います。アテトーゼによる腕や脚、胴体の動きは、よじれるように動く場合や突然動く場合、ピクピクと動く場合などがあります。この動きは強い感情が起こると激しくなり、睡眠中には生じません。

アテトーゼ型脳性麻痺の症状の程度には個人差があり、両手の動作がぎこちない程度から、自力で立ち上がれず、車いすの使用が必要であることもあります。ただし、症状の程度や内容は、年齢ともに変わることも珍しくありません。アテトーゼ型脳性麻痺は、知的障害はほとんど現れませんが、言葉の発音が困難な言語障害が起こりやすくなります。また、「核黄疸」という病気が原因でアテトーゼ型の脳性麻痺を発症した場合、上を向くのが難しく、難聴がみられることが多くなります。

アテトーゼ脳性麻痺の治療は、「チザニジン」「ジアゼパム」などという筋肉の緊張を抑える薬を使用したり、理学療法、作業療法などのリハビリなどを行います。



【脳性麻痺関連の他の記事】


脳性麻痺の子供の特徴や症状についてご紹介しました。子供の動作等に不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

関連するQ&A

Q

2ヶ月の赤ちゃん 脳性麻痺

二ヶ月の赤ちゃんを育ててるものです。 先ほど、脳性麻痺の疑いがあるとの事で質問したものです。 よく、このような寝方や起きてる時でもこの格好をするのですが、これは脳性麻痺の疑いがあると聞いた事があったので心配になり質問させて頂きました。 他に気になることと言えば、ミルクを飲む量がへった、ミルクを飲んでゲップしたのにも関わらずミルクを大量に吐く、常に低緊張(抱っこして寝てる時は、手がねじ曲がっており何度か注意された)、寝てる時によくビクつきかあり、顔は寝ながらよくら笑う。声をあげて笑う事も‥。まぶたや眉毛もよく寝てる時はビクつきがある。口もモゴモゴと寝てる時によくする。 泣く時は、常に身体を反り手足を異常に曲げて唸る。 ネットで検索すると脳性麻痺アテトーゼ型という脳性麻痺の症状に当てはまります。 (20代/女性)

20代/女性
Q

生後5ヶ月半の女児です。アテトーゼを疑っています。

生後5ヶ月半の女児です。アテトーゼを疑っています。症状は2ヶ月ほど前から見られます。 おもちゃで遊んでいるとき、お腹が空いた時、眠い時、抱っこしてほしい時、相手をしてほしい時、変な姿勢になり、身体も硬直、息も唸るような、いきむような呼吸になる。顔も真っ赤になる。よだれもものすごく溜まってくる。なくことはしない。 姿勢については、胸のあたりがものすごく反り返り、脚は90度上向き、ピーンと突っ張って、うでは左は脇は閉め肘は曲げて、右はやや脇は開き肘は伸びたまま、顔は左向き、口は縦に開き、目は焦点は多分合っているが、どことも見ていないような。全身、口まで、すべてカチカチです。 膝の上でお座りさせるとほぼ解消されますが、眠い時、おっぱいがほしい時はそれらが解消されないと、お座りのまま泣きます。また、お座りさせずに、抱っこして揺らすと体から力が抜けていき寝ることもあります。ホッ…とするような。深く寝入るまでは目を閉じながらこの姿勢になるのを繰り返したりします。 また、冒頭のように〜の時、と羅列しましたが、別の理由でこの症状になり、たまたま上記のことで満たされ?て解消されているのかもしれません。。 脳性麻痺のアテトーゼ型かと、自分では疑ってます。そうではない、ただのアピールだと思う日もありますが、やはり不安です。アピールにしては、意思に関係なく動いているような。 おもちゃで遊んでいて、ふとその姿勢に自動的になっているような。 脳性麻痺でしょうか…。回答お願いします。 (乳幼児/女性)

乳幼児/女性
Q

脳性麻痺の症状

生後1ケ月半の男の乳幼児です。 最近手足をよく動かしています。 起きている時はほとんど動かしている状態です。 動きかたも、バタバタ動かしたり、くねくね動かしたりと色々です。 機嫌が悪いことも多く、ほとんど寝ているか泣いているかです。 眠りが浅く、半目で寝ていることも気になります。 ミルクや母乳はよく飲み、だいたい160くらいいつも飲んでいます。体重もよく増えています。 アテトーゼ型脳性麻痺というものを知り、不随意運動ではないかと不安になりました。 アテトーゼ型脳性麻痺の不随意運動とはどのような動きなのでしょうか?それは1日中起きるものなのでしょうか? よろしくお願いいたします。 (乳幼児/男性)

乳幼児/男性
Q

大人の脳性麻痺がリハビリ受ける病院ありますか

脳性麻痺の右股関節はくり脱臼とこの春診断が出ましたが。 仮死状態で、生まれ、最終診断は、5歳のに、脳性麻痺のアテトーゼ型だが、下肢は頸直が強いとのことです。 小学生の高学年から、自宅と養護学校内では、よちよちと生活歩行が、出来ていました。30代、40代までは、歩行がなんとか可能で、40代には訪問リハビリを受ける事が出来、内容は、介助歩行でした。 小学生の頃から、年に1、2回の右ももが、痛む時もありました。40後半なり強い痛みになり、レントゲンをとったら、右股関節あ、脱臼でした。でも、なんとか立てて、トイレも自立出来ていました。 昨年の春から、強い痛みが、でてしまい一時は、寝たっきりでしたが、訪問リハビリを週2回にしててもらい。今はどうにかこうにかベッド柵に、しがみつきポータブルトイレが出来ています。 リハビリは週2で訪問リハビリで、リラクゼーションを中心にやっていますが、訪問の先生も、リハビリを毎日出来るといいのにと、おしゃっています。 脳性麻痺はいまだ子供の病気になっています! 子供は沢山医療機関が増えましたが、脳性麻痺も長生きできるようになりました。高齢にと、身体の問題が出きました。リハビリを含め大人の病院ありますか (50代/女性)

50代/女性
Q

脳性麻痺の診断方法について

お医者様にお聞きしたいことがあります。 生まれて3ヵ月の息子がおりますが、産婦人科退院時の聴覚スクリーニングテスト、1ヶ月検診での聴覚検査がReferとなり、3ヶ月目に行ったABR検査の結果では左右耳の聴覚が中度の難聴と診断されました。ショックでしたが、息子の難聴と向き合って療育していこうと考えております。ところが、その精密検査の結果を知らされてから、ネット等で調べていくうちに、もしかして息子は脳性麻痺なのではないかと思える兆候がでてきているような気がしています。 1.寝ている時に反り返っていることがある 2.手はひらいているというより、握っている状態のほうが多い 3.話しかけていないのに、あー、うーと独りで声を発している 4.オムツを変えるときに2-3回足をピンと伸ばす動作をする 脳性麻痺がある場合、難聴も併発しているケースがあると理解しています。上記症状がある際にはやはり高い可能性で脳性麻痺麻痺が疑われるということになりますでしょうか?専門のドクターさまから、ご見解をいただけましたら幸甚です。よろしくお願い申し上げます。 (30代/男性)

30代/男性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。