後陣痛の原因、症状、治療 予防可能?薬も関係?痛みの程度は?

  • 作成:2016/04/26

後陣痛は、出産後子宮が急激に収縮することで起きるとされています。痛みの程度や治療の必要性などを含めて、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

平松晋介 監修
ちくご・ひらまつ産婦人科医院 院長
平松晋介 先生

この記事の目安時間は3分です

後陣痛は陣痛より痛い?

後陣痛の原因 急速な子宮の収縮?

通常の子宮の大きさは、縦7センチ、横3センチから4センチ、厚さ2センチ、重さ40グラム程度です。これが、臨月になると、縦32センチから35センチ、厚さ20センチから22センチになります。容量でみると通常時の約800倍、そして重さは約20倍になるといわれています。妊娠で大きくなった子宮は、分娩後、急速に収縮します。この急速な子宮の収縮により引き起こされる不規則な痛みが、後陣痛といわれています。

陣痛促進剤が影響することも

分娩後の痛みが引き起こされる直接の原因は、胎児や胎盤が体外に出されることによる「子宮内圧の消失」、そして「プロスタグランジン」「オキシトシン」という薬の作用、の2点があげられています。

「プロスタグランジン」「オキシトシン」は、どちらも体内に存在しているホルモンで、母体では、出産できる準備が整うと、これらのホルモンを分泌し、子宮を収縮させ、出産のための陣痛が始まります。プロスタグランジンは、人の組織や器官に存在し、主に血圧低下作用、筋肉収縮作用、黄体退行作用(生理を引き起こす作用)、血管拡張作用があります。オキシトシンは、脳の「下垂体」という部分から分泌され末梢神経に作用し、子宮の収縮を促す作用をもっています。どちらのホルモンも、薬剤では子宮の筋肉に作用し陣痛を引き起こす作用をもっており、陣痛促進剤あるいは子宮収縮剤として使用されています。

分娩時あるいは出産間近になっても、これらのホルモンが分泌されない場合、陣痛促進剤として使用されています。具体的には、破水してもなかなか陣痛が始まらず、感染症の恐れがある場合、妊娠42週目に達していても出産の兆候がまったくない場合、分娩時に子宮口の開きが進まず陣痛が弱い場合(母体の体力消耗によりますます陣痛が弱くなる場合)などに用いられます。

後陣痛の症状 陣痛より痛い?

後陣痛の症状は、子宮の位置、つまり下腹部のほぼ中心(骨盤の中央:おへそと太腿の付け根の間あたり)の痛みです。初産よりも、出産経験のある経産婦のほうが、痛みが強く、また授乳をすると痛みが増す、という傾向が出ています。痛みの継続期間は、数時間から数日間継続と様々です。ただし、ずっと続く痛みではなく数分程度の痛みがやってきて、そして治まります。痛みの強度は、「陣痛ほど痛くない」という人もいれば、「陣痛より痛い」という人もいて様々です。

後陣痛の治療

後陣痛は、分娩後、大きくなった子宮がもとのサイズにもどるという生理的現象ですので、通常は特別な治療を必要としません。ただし、痛みがひどく日常生活もままならないような場合は、出産した病院の産婦人科の担当医に相談してください。消炎鎮痛剤や抗生剤が処方されることがあります。

後陣痛を経験された方たちの体験談として、入浴、カイロ、湯たんぽ、腹巻などで腹部を温めたり、マッサージをするほか、クッションや枕などの使用やうつ伏せの姿勢で、少し腹部を圧迫すると痛みが軽減する方もあるようですので、辛い場合は試してみてもよいでしょう。

誰でも起きる後陣痛

後陣痛は、誰にでも起こることですので、必要以上に不安になる必要はありません。また、通常、授乳期間中、子宮を収縮させる「オキシトシン」というホルモンが分泌されていて、後陣痛の痛みが強くなることがあります。痛みが治まってから赤ちゃんに授乳をしましょう。産後の基本は、自宅でゆっくりと休養することです。無理をせず、家族や周囲の協力を得ながら、自然に回復するのを待ちましょう。

後陣痛は予防できる?

後陣痛は、子宮がもとの大きさにもどるという生理的現象のため、予防は難しいです。また、一般的に、初産より経産婦、出産回数を重ねるごとに後陣痛の痛みを強く感じる傾向が出ています。それは、経産婦の方が痛みが強い理由として、子宮は初産よりもやわらかくなっており子宮の回復が早い、つまり子宮収縮のスピードが早いといわれているためです。また、双子以上の多胎妊娠や羊水過多症(羊水が多い)の場合も、通常の妊娠よりも子宮が大きくなっているため、子宮収縮のスピードも速く、同様に後陣痛がより強く感じられる傾向が出ています。後陣痛は、その痛みの強度や継続期間そして出産回数に左右されますが、誰にでも起こりえます。周囲の理解を得ながら、乗り越えていくことが重要となります。

後陣痛の症状や治療の必要性についてご紹介しました。出産後の痛みがひどくて、不安に感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

関連するQ&A

Q

産後の子宮の痛み、後陣痛について

夜分遅くに失礼します。9月30日に第2子を出産し、産後16日目になります。1人目の時は後陣痛の痛みはあったもののあまりひどかったように感じませんでした。今回は産後一週間くらいまで後陣痛の痛みも強く、特に授乳中がひどかったです。しかし徐々にましになり、普段も痛みはなく、授乳中も時々痛む程度です。産後退院時の診察でも子宮収縮も問題なかったです。現在、完全母乳育児です。 ちょっと動きすぎたのかな…と思う頃に、子宮あたりがぎゅ~っと痛むのですが、この痛みに対しては安静にする方がいいのでしょうか? それともこの痛みは子宮収縮のための痛みなので気にせず、むしろ動いた方がよいのでしょうか? 安静がいいのだろうと思いつつも、子宮が収縮する後陣痛の痛みならばむしろ必要なのではないか?ーと思ってしまうのです。 (20代/女性)

20代/女性
Q

今後の為に教えてください。

 私は今は妊娠していません。今後は出産したいと思っています。その時のために教えて下さい。  後陣痛は出産回数が増えるにつれて、痛みが大きくなると聞きます。 私は妊娠、出産経験は1回です。  お産は思っていたより楽でスタッフの方々も「初産でこんなにもスムーズなのは本当に珍しい!」とおっしゃってました。  後陣痛は思っていた以上にひどく、お産が進むといきみたくなる感覚がずっと続き、お産は夜だったのですが朝まで全く眠れず、子宮が出る!と思うぐらいいきみ続けました。  お産より、後陣痛に耐えてこそ「母は強し」といった感じです・・・  正直、次お産した時はあれ以上の痛みかと思うと怖いです。  次、お産した場合、後陣痛が少しでも楽になる方法とかはないですか? 時間が空いた時でいいです。産婦人科のお医者様、また経験された方、お返事宜しくお願いします。 (20代/女)

Q

産後の子宮の痛み

出産4日目の径産婦です。二人目のときは後陣痛が酷いとは聞きますが、子宮の収縮の痛みはあるのですが、得に子宮の右側が酷く痛みます。少し押すだけでもかなり痛いです。左側を押すとそうでもないのですが、収縮意外に何か症状が考えられますか?胎盤が残っていたりしないか心配です…。 (20代/女性)

20代/女性
Q

右下腹部〜腿付け根の痛み

6日に第2子を出産しました。 2日前から夜中右下腹部〜腿付け根に痛みが出ます。痛みは後陣痛に似ていますが、付け根が強く引っ張られる痛みもあります。 1時間程続き、下腹部全体も痛んできます。 痛みは夜中にひどく昼間はあまり気にならならず、退院前に後陣痛はある程度収まってたので痛みの再発が気になります。 これも後陣痛と考えていいのでしょうか?それとも退院後、上の子の世話で動いてるので何か出来てしまったのでしょうか? アドバイスいただけると助かります。 (30代/女性)

30代/女性
Q

出産後のお腹の張りや排便痛

今月、二人目を出産しました。 その際、微弱陣痛で子宮の収縮が悪く、出産時と出産後あわせて多量の出血があり(1800ml) 血漿製剤と子宮収縮剤の点滴と子宮底マッサージ、子宮内をガーゼで止血の治療をし分娩台で七時間安静となりました。 出血が多かった割には自分的にはめまい等も特になく体調も問題ないと思ってました。 血圧も脈拍数も正常で貧血検査も問題ありませんでした。 入院中の検診では子宮の戻りも良いとの事で入院も四日間で退院となりましたが、退院後三日目に悪露と一緒に膜のような塊が、赤ちゃんの拳ほど出ました。 卵膜の残りかな?と思いましたがその後から、便秘のときのようなお腹の張りのような痛みが強くなってき始め、おしりの方から突き上げるような痛みがひどく、座ってられない程です。 出産直後の後陣痛はあまりひどくなかったのですが、出産後1週間たって後陣痛は起こるのでしょうか? この腹痛とおしりを突き上げるような痛みは、なんなのでしょうか? 現在、お腹が張る部分はポッコリと硬く出ています。 妊娠前は、特に内膜症など子宮の異常はなく、生理痛もあまり重くはありませんでした。 お忙しい中申し訳ありません。どうぞよろしくお願い致します。 (30代/女性)

30代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,000人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。