フィッシャー症候群の原因、症状、治療、予後 ギランバレーとの違いは?

  • 作成:2016/08/22

フィッシャー症候群は、主に眼の神経に異常が起きて、眼の症状が特徴的な神経に異常のおきる病気です。原因や症状、治療の必要性を含めて、医師監修記事で、わかりやすく解説します。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師
フィッシャー症候群とはどんな病気?

フィッシャー症候群とは?

フィッシャー症候群は末梢神経に異常をきたす病気です。末梢神経とは手足や感覚器、または臓器などにある神経系のことです。末梢神経に異常があり、運動神経や感覚神経に障害が出る病気を「ニューロパチー」と言いますが、ギランバレー症候群はその1つで比較的よく知られています。

フィッシャー症候群は「ギランバレー症候群」と呼ばれる病気の特殊な形と言えます。ギランバレー症候群の特徴は手足の腱反射(ひじやひざを木槌などで叩くと持ちあがる反応など)と筋力の低下ですが、フィッシャー症候群では「外眼筋」と呼ばれる目の運動を担う筋肉が麻痺するのが特徴です。

その他にもギランバレー症候群と同様に腱反射の低下がみられたり、運動機能に問題が起こったりします。日本でのフィッシャー症候群の年間発症率は10万人あたり0.5人とされ、欧米(イタリア0.03人)よりも東アジア(台湾0.3人)での発症が多いようです。ギランバレー症候群と同様に男性の方が多く、あらゆる年齢層の人が発症します。

フィッシャー症候群の原因は

フィッシャー症候群では、ギランバレー症候群と同様に、急性期に血液中の「抗ガングリオシド抗体」の濃度が上昇します。「ガングリオシド」とは、「糖脂質」といわれる細胞の膜を作っている物質の一つです。ガングリオシドは、特に神経細胞に多く含まれます。糖脂質は脂質の部分と、糖が連なっている「糖鎖」(とうさ)と呼ばれる部分からできていて、糖鎖にはいくつもの種類があります。

フィッシャー症候群では、たくさんの種類の糖鎖の中で、「GQ1b」と呼ばれる糖鎖に対する抗体が上昇する(免疫が間違って対応しようとする)のが特徴です。GQ1bは「外眼筋」と呼ばれる眼に関する筋肉を支配する神経に多く含まれています。GQ1bに抗体が結合して、神経細胞を壊したり、その働きを阻害したりすることがフィッシャー症候群の原因です。

フィッシャー症候群の患者さんの約8割が発症以前に、喉の炎症など上気道炎を起こす菌やウイルスの感染を経験しています。感染の原因となる菌またはウイルスが同定(特定)されることは少ないですが、一部の患者さんで「インフルエンザ桿菌(かんきん)」という菌が見つかっています。この菌は「 GQ1b」 によく似た成分を持っていることがわかっています。インフルエンザ桿菌に感染した際には通常、人の体の中で菌に対する抗体が作られます。抗体のおかげで再び菌に感染したときには、速やかに菌を駆除することができます。ところが、人の神経細胞にあるGQ1b糖鎖はインフルエンザ桿菌の成分によく似ていることから、抗体は人の神経細胞を誤って攻撃してしまうのです。

フィッシャー症候群の症状

フィッシャー症候群に特徴的な初期症状としては、眼の筋肉が麻痺することで起こる「複視(物が二重に見えること)」や、運動失調からくる「ふらつき」です。半数の症例では、ギランバレー症候群と同様に腱反射の消失が見られます。また、半数以上の人はまぶたが下に垂れ下がり、半数弱の方に瞳孔が動かないといった目の異常も見られます。約3割では顔面神経の麻痺があり、思うように顔の筋肉を動かすことができません。しびれなど感覚の障害は2割前後にみとめられます。眼の異常があることから最初は眼科を受診することが多いですが、精密な検査は神経内科で行なわれます。

フィッシャー症候群の治療、予後

フィッシャー症候群は、ほとんどの場合、半年以内に自然に回復します。そのため重症化した場合をのぞき、特に治療を必要としません。

約1カ月でふらつきなど(運動失調)は改善し、3カ月で目の筋肉の麻痺(外眼筋麻痺)がとれます。また回復後も後遺症などは起こりにくいようですが、高齢であったり、急激に重症化が起こったり、外眼筋すべて(6種類)が麻痺した場合には後遺症が残る可能性が大きくなります。また同時にギランバレー症候群を発症することがあり、免疫療法が必要になる場合があります。

フィッシャー症候群が再発した例がいくつか報告されています。再発率に関するデータはありませんが、再発可能性はあるようです。再発までの期間にはばらつきがありますが平均9.5年で、10年以上たってから再発した例も報告されています。最初に発症した時と同じような症状が出ますが、順調に回復し予後は良好です。再発の原因はわかりませんが遺伝的な原因も示唆されている状況です。



【関連の他の記事】


フィッシャー症候群についてご紹介しました。眼の神経症状に不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

関連するQ&A

Q

眼儉下垂による頭痛

2008年4月にギランバレーを発症し、四肢麻痺、動眼神経麻痺等、神経麻痺に陥りました。 5ヶ月後には走る事も可能なほど回復しました。しかし、フィッシャー症候群は残り12月頃まで復視が解消されませんでした。 その後、頭痛は残り、1年後には鬱を発症。 仕事にも就きましたが、度々の頭痛で休みがちになり、指先等が痺れた感じが抜けきらずギランバレーの再発かと気分が滅入り、結局仕事がてにつかず、辞めてしまいました。 どうも、瞼が下垂しているようで、瞳孔はかろうじて見えていますが、眼儉下垂による頭痛があるとききました。動眼神経麻痺の後遺症でしょうか。 下垂が治まれば、頭痛も軽くなりますか? 猫背で顎をつきだした様な姿勢です。 動眼神経麻痺のリハビリはありますか? どうすればいいですか? 教えていただければ助かります。 お願いします。 (20代/男性)

20代/男性
Q

ギランバレーでしょうか?

昨年4月に髄膜炎の症状で入院。ギランバレーとわからないまま、γグロブリンを大量かどうかはわかりませんが投与。動眼神経麻痺(瞳孔も開いたまま)、四肢麻痺(動かせない)等の症状がありましたが1ヶ月で徐々に回復に向かい、リハビリ等をして2ヶ月で退院。フィッシャー症候群も12月頃には治まり自転車にも乗れる様になりました。 が、 今年の7月辺りから、指先、足先が痺れ、脚の筋肉も痛い時があり、握力も徐々に弱くなっています。 指先が長時間の作業に耐えられない状態で美容学校も休学状態です。 再発でしょうか? ちなみに、γグロブリン静脈注射は急性以外はして貰えないのでしょうか? 思う様に動かない事で、再発の恐怖もあり、自律神経失調症になり苦しんでいます。 よきアドレスをお願いします。 (10代/男性)

10代/男性
Q

腱反射が無いです

2008年4月にギランバレーになりました。フィッシャー症候群も併発しました。γグロブリン治療をして、幸い後遺症も殆ど無く、7月には普通の生活が出来る様になり、10月には走る事も出来る様になり12月にはフィッシャーも良くなりました。 ’09年4月に新生活を始めましたが、頭痛に悩まされ9月には自律神経失調になり不眠から鬱になりかけました。指先の感覚がいまひとつハッキリせず大学病院にも行きましたが、ギランバレーの再発では無いと診断されました。 学校を休学し、規則正しい生活をしてバイトが出来る迄に復活しました。 ’10年9月から復学予定です。腱反射は戻りません。時々、指先や腕、足先や脚が痛くなったり、重くなったり、痺れたりします。 これは、後遺症で、永く付き合って生きるしかないのでしょうか?何か、気を付ける事があれば教えて下さい。また、休学は嫌なので。 (20代/男性)

20代/男性
Q

教えてください。

ギランバレー症候群の症状とはどんなものなのでしょうか? (50代 女性)

50代/女性
Q

フィッシャー症候群

フィッシャー症候群の症状でどのようなことがあるか教えてください。また、フィッシャー症候群は難病指定ですか?最後に、治る確率や経過などを知りたいです。 (20代/女性)

20代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。