結核の診断と検査 レントゲンや血液検査の意味は?検査費用の目安は?信頼度の高い「喀痰検査」も解説

  • 作成:2016/03/14

結核は、診断が難しい病気で、検査も複雑になっています。確実な検査でも、結果が出るまで最大で2カ月かかる難点もあります。どのような検査があるかなどを、医師監修記事で、わかりやすく解説します。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師

この記事の目安時間は3分です

結核の検査を知ろう

結核の検査は2種類ある

結核の検査には、「これまでに結核菌にかかったかをみるもの」と、「現在結核菌にかかっているかをみるもの」、2種類の検査があります。

なぜこのように複雑になっているかというと、現在結核菌にかかっているかをみる検査は結果が判明するまでに時間がかかるからです。そのため、症状がある人はこれまでに結核にかかっているかをみる検査をまず実施して、それが陰性であった場合は「結核菌にかかっていない」という判断して、結核の感染可能性を否定して検査が終了となります。

レントゲンをや血液検査の意味合いは?

ただ、「これまでにかかったかをみる」検査が陽性であった人が必ず現在も結核かというとそうではありません。過去に結核にかかったけれども、現在発症していないということはよくあります。陽性の場合、現在結核を発症しているかをみる検査をおこなうこととなります。

具体的には胸のレントゲンで現在の肺の状態をみますが、レントゲンの結果だけでは、結核を診断することは困難です。そのほかに、以前は「ツベルクリン反応」という検査を行っていましたが、この検査は過去にBCGの予防接種を行った人も陽性になってしまうため、BCGの影響を受けない血液検査である「インターフェロンガンマ遊離試験」と呼ばれる検査が、現在の主流になってきています。しかし、「インターフェロンガンマ遊離試験」、1つだけでは、結核であるかどうかを断言できません。あくまで補助的な検査となります。

もっとも信頼できる喀痰検査

もっとも信頼できる検査は「喀痰検査(かくたんけんさ)」という検査です。喀痰検査には主に3種類あります。

1つ目は塗抹検査で、痰をスライドグラスに塗り付けて、結核菌だけが染まる染色を行って顕微鏡でチェックする方法です。ただし、結核と似た「非定型抗酸菌」という菌でも「陽性」という結果が出ることがあります。また結核菌の死骸でも陽性になることがあります。

2つ目は「核酸増幅法検査」というものです。これは遺伝子を増幅させて結核の遺伝子があるかどうかをみる方法で、非定型抗酸菌との区別も可能です。ただし、遺伝子をみるだけなので、結核菌の死骸でも陽性で出てしまいます。

一番確実な検査は「培養検査」です。これは痰の中の菌を培地で増やして肉眼で菌を確認する方法です。この検査では生きている結核菌だけが陽性で出るため、本当に治療が必要な人だけを見つけることができます。ただし、培養検査の結果は、判明までに最大で2か月かかるという弱点があります。

結核の検査費用はどれくらい?

自費の場合の概算を以下に示します。3割負担はこの30%、1割負担の方はこの10%の値段になります。また、実際にはこの検査費用に加えて初診料・再診料などがかかります。

胸部レントゲン(正面・側面):1940円
ツベルクリン反応:160円+(薬剤費)817円
インターフェロンガンマ遊離試験:6000円
喀痰塗抹検査:320円
喀痰核酸増幅法検査:4100円
喀痰培養検査:1500円

どの検査を何回行うかは、結核の可能性がどのくらいか、初発か再発か、緊急性があるかないかなどによるため、費用に不安がある人は検査を行う前に、医師らに聞いておきましょう。

結核の診断基準とは?

結核の明らかな診断基準はありません。通常は3回の喀痰培養検査を行い、すべて陰性であれば、少なくとも他人への感染力はないと判断されます。しかし、これは結核ではないと判断できるものではありません。ほかの病気であることが明らかにならない限り、そして結核が完全に否定できない限りは、時間をあけて繰り返し結核の検査を行うこともあります。もどかしく感じるかもしれませんが、結核の診断はとても難しいです。さらに、現在でも死亡する可能性があり、他人にうつす可能性のある病気でもあることは、覚えておきましょう。


【関連の他の記事】

結核とは?原因は菌?感染経路、再発可能性、発症確率、今でも怖い理由も解説 肺以外にも感染する?
結核の症状、潜伏期間、死亡率 咳の特徴は?自覚できる?「濃厚接触者」の意味や対応も解説
結核の治療の薬、副作用、治療期間、手術がありえる理由 5種類も?入院は必要?


結核の検査についてご紹介しました。もしかして結核かもしれないと不安に感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

関連するQ&A

Q

結核でしょうか

先日、肺癌の治療で相談させていただき化学療法1ク-ル終了し、水分、ゼリー、プリンが摂取出来る様になったと喜んでいたのですが、今度は結核の疑いが出ました。喀痰検査の結果、塗抹は(-)ですが培養三週間後、抗酸菌が検出され、まだ菌が小さく結核と診断するまではもう少し時間がかかるそうです。主治医はたぶん結核ではなく、他の病気ではないかとと言ってくれてますが主人はもちろん私もとても心配しています。化学療法前は咳や痰がでましたが今は全然ありません。微熱もありません。結核でしょうか。もし違うとしたら、何の病気が考えられますか。とても不安です。 (50代/女性)

50代/女性
Q

結核の薬

以前、父が結核ではないか?っと相談させていただきました。詳しい検査結果が出る前にレントゲン検査で肺が悪化していたので、結核菌に効果のある薬を飲み始めました。薬を飲み始めて3週間、検査結果が出て結核菌は陰性でした。なのに、まだ結核の薬を処方されています。ツラい副作用も出ています。確かに父の体には何かしらの菌はいるようですが、結核でもないのに、まだ結核の薬を飲まなければいけないのでしょうか? (70代以上/男性)

70代以上/男性
Q

結核で入院しています…

たまたま行った検診で、肺に空洞陰影がみつかり、次の日に総合病院→結核病棟のある病院に入院になりました。 レントゲンとCTから結核と診断されましたが、痰から菌がでていません。自覚症状も全くなく、元気です。 火曜に気管支鏡検査をする予定です。 症状が全くないんですが、結核なのでしょうか??結核菌でなく抗酸菌かもしれないと言われましたが、抗酸菌なのでしょうか…。それとも症状がでないほど、初期で見つかったのでしょうか?(空洞陰影は大きいと言われました) (20代/女性)

20代/女性
Q

気管支鏡検査について

以前一度質問させてもらったのですが。 人間ドックでX線にひっかかり、CTを再検査で受け、結核か肺炎等の炎症もしくは跡と診断されました。おそらく大丈夫だろうけど念のために結核検査だけと血液検査を受け、なんと陽性。結核病棟のある総合病院を紹介してもらい、再度X線、炎症反応をみるために血液検査、さらに痰が出ないので胃液検査を受けました。 先生がおっしゃるには結核か炎症等の影はあるけど、現在炎症反応もなく胃液検査でも結核菌は出なかったそうです。 今はレントゲンやCT 画像の影と結核血液検査で陽性という情報しかないだけに、気管支鏡検査をしたほうが良いと勧められましたが、胃液検査が想像以上に辛く、今から怖くてしょうがありません。受けるべきですか? また何らかの感染症以外にガン等の可能性があるために気管支鏡検査を勧められたのでしょうか? 先生からはガンの影ではないと言われていますが心配です。 (30代/女性)

30代/女性
Q

非定型抗酸菌症

母が胸の痛みと空咳・血痰の症状で内科を受診したら「非定型抗酸菌症」と診断を受けました。 レントゲンとCTで検査してもらったみたいです。話を聞くとこの病気は結核の親戚みたいな菌だと言っていました。 症状は結核と似ているみたいなのですがレントゲンとCTで結核と非定型抗酸菌症は違いがあるんでしょうか?内科の先生に診断してもらったので安心して良いとは思っていますが結核と聞いて少し怖くなりました。 ご返答お願いします。 (40代/女性)

40代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,000人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。