尿毒症の原因、症状、治療、予防 腎臓病や妊娠との関係は?

  • 作成:2016/04/04

尿毒症は、腎臓の機能低下にともなって、体に毒素がたまって出る症状の総称です。放置すると死にいたる可能性があります。尿毒症の原因や症状、治療、妊娠が契機になる可能性などを含めて、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師

この記事の目安時間は3分です

尿毒症ってどんなもの?

尿毒症は腎臓の機能低下による全身の不調

尿毒症は、腎臓の病気の進行により腎臓の働きが著しく低下した腎不全の状態が続き、体内に老廃物がたまってしまうために全身に症状が現れる状態です。

早期の段階では、だるさ、吐き気、食欲不振、頭痛、集中力低下などが現れます。さらに放置し続けると、全身に重い症状がみられ、死に至ることも珍しくありません。気になる症状がある場合は早急に腎臓内科を受診しましょう。近くに腎臓内科がない場合は一般内科を受診し、必要に応じて腎臓内科を紹介してもらいましょう。

尿毒症の主な症状

眼:視力障害、眼底出血など
口:尿のような臭い、歯肉からの出血、味覚異常、金属のような味がするなど
顔:貧血様など
心臓:心肥大、心不全、心膜炎(しんまくえん)、動悸、高血圧など
肺:咳、息苦しい、肺水腫、胸水など
血液:貧血、尿素窒素・クレアチニン・カリウム上昇など
腎臓:尿量減少など
胃腸:食欲不振、吐き気、嘔吐(おうち)、下痢、潰瘍など
皮膚:皮下の出血、むくみ、色素沈着、かゆみなど
脳・神経:感覚の異常、イライラ感、不眠、頭痛、意識障害、けいれんなど
骨関連:低カルシウム血症、高リン血症、骨病変

尿毒症は腎不全と関係

尿毒症の主な原因は、腎臓の病気によって腎臓の機能が著しく低下するためです。腎臓は、機能が正常な状態の15%未満にまで低下すると「腎不全」という状態になります。

腎不全は、数日から数週間で腎臓機能が急低下する「急性腎不全」と、長期間にわたって徐々に腎機能が低下する「慢性腎不全」に分けられます。

急性腎不全の場合は、症状には個人差があるものの、すでに尿毒症を起こしている可能性もあります。また、慢性腎不全が続いて末期状態になった場合も、全身に症状が現れて尿毒症の状態になります。急性腎不全になると、腎臓機能に異常が起こってから24時間の尿量が400cc以下になる「乏尿(ぼうみょう)」または100cc以下になる「無尿」の状態になります。

腎不全患者さんは、必ず尿毒症であるとは限りませんが、腎不全の状態が続くとやがて尿毒症を発症します。また、尿毒症を発症していると、腎不全の状態であるといえます。

尿毒症の治療法

尿毒症の治療は、食事療法、薬物療法、血液浄化療法の3つが基本です。食事療法は、症状を抑えたり、腎機能低下の進行を遅らせたりするのに有効な治療法です。タンパク質や塩分、カリウム、リン、水分の摂り過ぎは、腎臓に負担がかかり症状を悪化させる原因となるため、医師の指示に従って摂取を抑えながらも、必要なカロリーを摂ることが大切です。

薬物療法では、体内の水分やナトリウムを調整するために尿を出やすく利尿薬や、血圧を下げる降圧薬などを使用します。また、腎臓病の進行を抑えるために、貧血を改善する働きの「エリスロポエチン製剤」という種類の薬や漢方薬などを使用することもあります。また、慢性的に腎不全の状態が続き、回復の見込みがない場合は、人工透析や腎臓移植が必要になる場合もあります。

ただし、尿毒症の治療は、尿毒症の症状を抑えるとともに、腎機能の低下を抑制するための対処療法にすぎず、治療を行っても腎機能が回復することはありません。

尿毒症の予防法と再発の可能性

尿毒症を予防するためには、腎臓病が進行しないようにすることが大切です。糖尿病、高血圧、痛風、妊娠高血圧症候群などの病気は、合併症として腎機能低下が現れることがあります。腎機能低下の症状が進行すると、慢性腎不全になり、やがて尿毒症を発症します。したがって、妊娠が契機となって、尿毒症まで進んでしまう可能性があるということです。現在、糖尿病、高血圧などを発症している場合は、定期的に検査を行い、腎臓に合併症がみられる場合は、すぐに治療を始めることが必要です。また、腎機能の低下は尿毒症の再発につながるため、腎臓病の進行を抑えることは、尿毒症の再発防止のためにも重要です。

なお、腎臓病患者さんは、塩分、タンパク質などの制限が必要であることが多いですが、からだの機能を維持するために必要な量は摂ることが必要です。ただし、摂取量の目安は患者さんの状態によって違うため、医師に相談しながら、自分に適した摂取量を超えないように調整するようにしましょう。

尿毒症の原因や症状についてご紹介しました。腎臓の機能に不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

関連するQ&A

Q

尿毒症症状について

自分が腎不全なわけではないのですが、尿毒症症状について調べています。 しかし、どの本を見ても、腎不全になったら尿毒症症状が現れるとしか書いてないのです。 色々症状が現れるということはわかっています。私が知りたいのは、何故、様々な症状が何故現れるのか?という、メカニズムが知りたいのです。 例えば、何故口臭が現れるのか?何故痙攣 が現れるのか?ということが知りたいのです 。 どうか、教えていただけませんでしょうか。 (30代/女性)

30代/女性
Q

尿毒症とは?

62歳になる叔父が、尿毒症と言われそれが脳にあがり、錯乱状態となって入院しました。1月から3月の下旬まで入院していて、医師から腎臓・肝臓共に3割程度しか機能していない旨の告知を受けています。 尿毒症とは、どのような病気なんでしょうか?

Q

癌患者への透析について

胃癌の末期症状により、腎不全・尿毒症となっています。 現在入院中の病院では、なぜか透析をしてくれません。 どうみても透析が必要としか思えないのですが、 どうしてですか? (30代 女性)

30代/女性
Q

尿毒症

ここ二三日の症状で、尿毒症と言われました。 尿毒症とはどういう病気ですか? (30代/女性)

30代/女性
Q

尿毒症か心配。腎臓の痛み吐き気が続く

数日前より腎臓が痛く泌尿器科を受診したところ、右の腎臓に少し拡張が見られ、水腎症と言われました。レントゲンでほんの小さな結石らしきものが見つかり、それが原因ではと言われました。血液検査はしていません。尿検査では、潜血+3だけ指摘されましたが、生理の初日だった為と思われます。石が出てしまえば大丈夫と言われましたが、両腎臓の痛み、治まらない吐き気が気になり、腎不全や尿毒症なのではと心配になって眠れなくなってしまいました。一応尋ねましたが、尿毒症ならおしっこは出ないといわれ検査等はありませんでした。 診察時に医師にも伝えたのですが、腰痛の為に骨盤ベルトを最近着用しており、座って仕事をしている時に、恥骨のラインの下腹部にベルトが食い込みかなり圧迫感を感じていたものの、仕事に集中してしまっていたことと、尿を我慢することが多かったことを伝えました。それはあまり気にしてもらえなかったのですが、両尿管を圧迫していたとしたら、左側の腎臓も影響があるのではないかと思います。両方の腎臓が痛むのと、吐き気が数日治まらないのと、風邪のせいかわかりませんが、ここ数日痰がからんだ咳が出ます。今は平気ですが、今はありませんが、2日前位に息苦しさ、めまい等もありました。顔色はふつうだと思います。 明日も仕事なのですが、まだ小さい子供もおる身で心配で眠れなくなってきまして、乱文ですが、アドバイスをいただければと思います。 (30代/女性)

30代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,200人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。