尿毒症の原因、症状、治療、予防 腎臓病や妊娠との関係は?

  • 作成:2016/04/04

尿毒症は、腎臓の機能低下にともなって、体に毒素がたまって出る症状の総称です。放置すると死にいたる可能性があります。尿毒症の原因や症状、治療、妊娠が契機になる可能性などを含めて、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師

この記事の目安時間は3分です

尿毒症ってどんなもの?

尿毒症は腎臓の機能低下による全身の不調

尿毒症は、腎臓の病気の進行により腎臓の働きが著しく低下した腎不全の状態が続き、体内に老廃物がたまってしまうために全身に症状が現れる状態です。

早期の段階では、だるさ、吐き気、食欲不振、頭痛、集中力低下などが現れます。さらに放置し続けると、全身に重い症状がみられ、死に至ることも珍しくありません。気になる症状がある場合は早急に腎臓内科を受診しましょう。近くに腎臓内科がない場合は一般内科を受診し、必要に応じて腎臓内科を紹介してもらいましょう。

尿毒症の主な症状

眼:視力障害、眼底出血など
口:尿のような臭い、歯肉からの出血、味覚異常、金属のような味がするなど
顔:貧血様など
心臓:心肥大、心不全、心膜炎(しんまくえん)、動悸、高血圧など
肺:咳、息苦しい、肺水腫、胸水など
血液:貧血、尿素窒素・クレアチニン・カリウム上昇など
腎臓:尿量減少など
胃腸:食欲不振、吐き気、嘔吐(おうち)、下痢、潰瘍など
皮膚:皮下の出血、むくみ、色素沈着、かゆみなど
脳・神経:感覚の異常、イライラ感、不眠、頭痛、意識障害、けいれんなど
骨関連:低カルシウム血症、高リン血症、骨病変

尿毒症は腎不全と関係

尿毒症の主な原因は、腎臓の病気によって腎臓の機能が著しく低下するためです。腎臓は、機能が正常な状態の15%未満にまで低下すると「腎不全」という状態になります。

腎不全は、数日から数週間で腎臓機能が急低下する「急性腎不全」と、長期間にわたって徐々に腎機能が低下する「慢性腎不全」に分けられます。

急性腎不全の場合は、症状には個人差があるものの、すでに尿毒症を起こしている可能性もあります。また、慢性腎不全が続いて末期状態になった場合も、全身に症状が現れて尿毒症の状態になります。急性腎不全になると、腎臓機能に異常が起こってから24時間の尿量が400cc以下になる「乏尿(ぼうみょう)」または100cc以下になる「無尿」の状態になります。

腎不全患者さんは、必ず尿毒症であるとは限りませんが、腎不全の状態が続くとやがて尿毒症を発症します。また、尿毒症を発症していると、腎不全の状態であるといえます。

尿毒症の治療法

尿毒症の治療は、食事療法、薬物療法、血液浄化療法の3つが基本です。食事療法は、症状を抑えたり、腎機能低下の進行を遅らせたりするのに有効な治療法です。タンパク質や塩分、カリウム、リン、水分の摂り過ぎは、腎臓に負担がかかり症状を悪化させる原因となるため、医師の指示に従って摂取を抑えながらも、必要なカロリーを摂ることが大切です。

薬物療法では、体内の水分やナトリウムを調整するために尿を出やすく利尿薬や、血圧を下げる降圧薬などを使用します。また、腎臓病の進行を抑えるために、貧血を改善する働きの「エリスロポエチン製剤」という種類の薬や漢方薬などを使用することもあります。また、慢性的に腎不全の状態が続き、回復の見込みがない場合は、人工透析や腎臓移植が必要になる場合もあります。

ただし、尿毒症の治療は、尿毒症の症状を抑えるとともに、腎機能の低下を抑制するための対処療法にすぎず、治療を行っても腎機能が回復することはありません。

尿毒症の予防法と再発の可能性

尿毒症を予防するためには、腎臓病が進行しないようにすることが大切です。糖尿病、高血圧、痛風、妊娠高血圧症候群などの病気は、合併症として腎機能低下が現れることがあります。腎機能低下の症状が進行すると、慢性腎不全になり、やがて尿毒症を発症します。したがって、妊娠が契機となって、尿毒症まで進んでしまう可能性があるということです。現在、糖尿病、高血圧などを発症している場合は、定期的に検査を行い、腎臓に合併症がみられる場合は、すぐに治療を始めることが必要です。また、腎機能の低下は尿毒症の再発につながるため、腎臓病の進行を抑えることは、尿毒症の再発防止のためにも重要です。

なお、腎臓病患者さんは、塩分、タンパク質などの制限が必要であることが多いですが、からだの機能を維持するために必要な量は摂ることが必要です。ただし、摂取量の目安は患者さんの状態によって違うため、医師に相談しながら、自分に適した摂取量を超えないように調整するようにしましょう。

尿毒症の原因や症状についてご紹介しました。腎臓の機能に不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

関連するQ&A

Q

腎不全 尿毒症の「せんもう」について

腎不全による尿毒症について詳しい先生、相談お願いいたします。 私の父(87歳)は腎不全で通院中です。 知識として知っておきたい事がありますので教えてください。 尿毒症の「せんもう」という症状は、高齢者の尿毒症の患者には、誰もがあらわれるものなのでしょうか? もし尿毒症で病院に入院した場合、「せんもう」の症状があらわれたとしたら病院側としては、どのような治療を行う、またはどのような対象をするものなのでしょうか? 大雑把な質問ですので、一般論で構いませんので、なるべく詳しく教えていただける先生よりご回答お願いしたいです。 ご回答よろしくお願いいたします。 (70代以上/男性)

70代以上/男性
Q

83歳の腎臓病の今後について。

83歳の祖母は腎臓に疾患があります(18のときに発病し、 つい最近の受診でアルツハイマーと腎臓病の悪化が見つかりました) クレアチニン 3.42 BUN 35.3 eGFR 10.5 と言う感じです。 医師からは、 「透析や腎移植などは体力的に考えても 難しく苦痛だと思うから薦めない」 と言うことと 食事に関しては 「制限をして食欲をなくしてしまうより、 普通の食事をして体力を持たせたほうが良い」 と言われました。 アルツハイマーの進行よりも 腎臓病のほうが心配です。 (アルツハイマーは初期〜中期です) ネットでの慢性腎臓病の病期評価 ではステージ5と出ました。 「もしなにかあっても、何も出来ない(腎臓が悪いゆえに治療が出来ない) 寿命だと思ってください」との事です。 現在は、アルダクトン、鉄剤(液体)、アリセプト5mgを服用中です。 浮腫み、尿毒症は出ていない様です。 心肥大もあり、そのせいか判らないのですが、 少し動いただけでも疲れて息が上がってしまいます。 (腎臓が影響しているとも思いますが) 食事は経口摂取しています。 このまま、透析などの治療をしない場合 どれくらい生きられるのでしょうか? (余命はどれくらいでしょうか?) この位の数値の場合、どの様な症状が 現れるのでしょうか? 祖母は最近、自分の体調のどこが悪いのかなどが 判らないようなのです。 (アルツハイマーも関係しているかもしれません) 何かできることはないでしょうか? (70代以上 女性)

70代以上/女性
Q

慢性腎不全に対する造影剤の使用と透析導入について

透析のことについてどうかお教え願います。慢性腎不全で維持透析を開始して3年7ヶ月になります。生検は行っていませんが原因はクローン病に伴うアミロイド腎症と推測されています。2000年頃からCrが徐々に増加してきたのですが、2012年にはまだCrは3台でしたので透析のことなど全く考えていませんでした。2012年末に総胆管結石、総胆管炎を発症し治療を受けたのですが、その際腹部造影CTを受けました。その時の主治医からは腎機能が悪化するかもしれないと言われたのですが治療上どうしても必要なんだろうと思い受け入れました。結石治療はうまく行き退院したのですが、2013年に入り尿毒症による意識消失、呼吸停止、全身痙攣を起こし緊急搬送されました。Crは10を超えていました。この時には1週間の人工呼吸、持続透析を受け離脱することができました。退院前のCrは4台でした。その後は何事もなく経過していたのですが、6月にディフィシル腸炎、脱水症を起こしCrが再び10を超えてしまいました。この時には自覚症状はなく前医とは違う病院で透析を受けることになりました。この時もCrは4台に戻ったのですが離脱とはならず維持透析となり現在に至っています。最近の検査ではCrは6台でeGFRは9程、自尿は1リットル以上あります。そこで質問なのですが、腹部造影CTは受けるべきではなかったのでしょうか?また慢性腎不全の患者に対し造影座は普通に使用されているものなのでしょうか?主治医のミスだったのでしょうか?そして透析治療後にCrが4台に戻ったのにもかかわらず維持透析になってしまったのは適切な対応だったのでしょうか?この間ずっと疑問に思えて仕方がありませんでした。どうかお教えください。また今からでは離脱は絶対に無理なのでしょうか?どうかよろしくお願い申し上げます。 (50代/男性)

50代/男性
Q

水腎症

主人が水腎症と診断されました。 左の腎臓は機能していなく、水が溜まっていて肥大しているようです。 ずいぶん前から水腎症だったようで、先天性かどうかはわかりませんが、35歳で受けた人間ドックで初めて発見されました。 右の腎臓は問題ありません。 大学病院で診てもらったところ、腹腔鏡手術で詰まりをとる方法もあるけど左の腎臓はすでに機能してないし腹腔鏡手術はリスクがあるから経過観察という事になりました。 腎臓が片方しか機能していない場合、腎不全や尿毒症、人工透析になる可能性はどのくらいなのでしょうか? (30代/男性)

30代/男性
Q

腎臓病と腎機能について

以前に新聞で以下の記事をみました。 ○患者は30代の女性 ○18歳からたんぱく尿あったものの、数年間放置。 ○20代半ば頃に腎生検を行おうとしたものの、局所麻酔で血圧低下して嘔吐したため、腎生検は中止した。 ○数年後エコー検査したところ、腎臓は炎症で7cm程に縮んでおり、腎生検しても何も分からなさそうな状況とのこと。このとき腎機能は5~6割。(検査方法不明) ○そのあと妊娠出産し、腎機能は1割程低下した。 疑問は以下のとおりです。 1. 炎症で縮んでいる腎臓といいますと、相当症状の進行している状況と思われます。それにも関わらず5~6割程度の腎機能を有することは可能でしょうか。 また、このような状況ではどのような症状が考えられるでしょうか。 2. 萎縮している状況では、腎生検は難しいという話を聞いたことがありますが、それではエコー検査で異常の見られない状態であればそこまで症状は進んでいないと思われるのでしょうか。(IgA腎症等の場合) 逆にエコー検査で異常なくても、慢性腎炎等が相当進行していることはあり得るのでしょうか。(IgA腎症では予後比較的不良や予後不良等) よろしくお願いします。 (30代/女性)

30代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。