糖尿病の完治可能性、寿命への影響 患者数と医療費負担も解説

  • 作成:2016/07/13

糖尿病は、基本的に完治することがない病気です。糖尿病自体が死因になることはまれですが、他の健康な方と比べて、寿命が短い傾向があります。患者数や医療費の目安も含めて、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師
糖尿病は完治する?

糖尿病は完治する可能性がある?

糖尿病は一度発症すると一生闘病生活を続けなければならない病気だと言われています。糖尿病には1型と2型があり、1型はウィルス感染後などに発症し、2型は日々の生活習慣によって発症します。1型糖尿病では、自分の膵臓で血糖値を下げるインスリンを分泌できないため、健常な膵臓を移植しない限り、生涯にわたって、インスリン注射が必要です。2型糖尿病は、遺伝による因子も大きいとは言われるものの、糖分や総カロリーの摂取過剰、肥満などによって引き起こされます。軽度の糖尿病であれば完治する可能性もありますが、食事療法や運動療法のみで改善することは少なく、多くの場合に内服薬やインスリン注射が必要です。

1型糖尿病が完治しない原因は、ウィルス感染などによって膵臓の「β細胞(べーたさいぼう)」が破壊されてしまうからです。私たちは、この細胞から分泌されるインスリンによって血糖値を下げることができています。1型糖尿病を完治させるためには、正常な膵臓を移植する方法しかありません。2型糖尿病がなかなか完治しない原因は、悪い生活習慣を是正することが難しいからです。日々の食事や運動習慣は、急に改善しようと思ってもうまくいかないことがほとんどです。しかし2型糖尿病は心臓病や脳卒中、腎臓病、がんなどさまざまな合併症のリスクが高いため、できる限り生活習慣を改善することが期待されます。

糖尿病患者の寿命はどれくらい?

日本糖尿病学会の2007年の報告によると、糖尿病を患っている男性の平均寿命が68.0歳、女性が71.6歳という結果になっています。つまり、一般的な日本人の寿命と比較すると、男性の平均寿命は9.6歳短く、女性では13.0歳寿命が短くなるということです。学会の報告を見る限り、糖尿病を患っている人は普通の人より寿命が短くなると言えるでしょう。

気になるのは死因ですが、糖尿病が直接的な原因で死亡することはまれです。死因の多くががんや血管障害で、普通の人とさほど変わりありません。ただ、普通の人より、これらの病気にかかりやすくなることで糖尿病患者の寿命が縮まっていると言えます。その理由は糖尿病を発症すると免疫力の低下や動脈硬化の促進が起きるからです。糖尿病による高血糖や低血糖で意識障害を起こすことがありますが、すぐに治療を行えば救命できることがほとんどです、命にかかわることは多くありません。

糖尿病患者は日本にどれくらいいる?

厚生労働省の2012年の報告によると、糖尿病と糖尿病予備軍の合計数は2,050万人と言われています。実質的に、国民の5人に1人が糖尿病かそれに近い状態だという言うことです。その中で、実際に糖尿病の治療を継続的に受け続けている糖尿病の患者数は600万人程度で、糖尿病の疑いがある人の大半が治療を受けていないということになります。

糖尿病の患者数は年々増え続けており、高齢者になるほど増える傾向にあるため、今後も増え続けると考えられています。生活習慣によって起こる糖尿病は初期の段階であれば食事・運動療法によって投薬なしの生活を送ることができるため、早い段階で治療を開始する事が大切です。

糖尿病患者の医療費はどれくらいかかっている?

糖尿病患者の治療は一度発症すると長期間または一生治療を継続しなければいけないことが多いです。そこで気になるのが治療にかかる医療費です。しかし、糖尿病の進行具合によって治療方法は異なっており、投薬があるケースと無いケースでは医療費に大きな差があります。

糖尿病ネットワーク(http://www.dm-net.co.jp/)の試算によると、食事・運動療法のみで投薬がない場合は3割負担で月額3,500円前後、血糖値を下げる経口薬による治療を受けている場合は月額7,500円、重度の糖尿病でインスリン療法を受けている場合には月額11,000円前後の費用がかかると計算されています。投薬のいらない食事・運動療法に比べて、糖尿病の重症度が高くなるにつれて医療費が高くなっていることが分かります。さらに、投薬が必要なレベルの糖尿病の場合は、糖尿病以外の病気を発症するリスクも高まるので医療費はより高額になる可能性があります。

経口薬で済む段階であればまだ良いですが、重度の糖尿病患者で必要とされるインスリン治療は1日3回かそれ以上の皮下注射が必要であり、注射を忘れると命に関わることもあります。糖尿病は、医療費だけではなく患者の精神的な負担も大変重い病気といえます。

糖尿病の完治可能性などについてご紹介しました。血糖値に不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

関連するQ&A

Q

ジョ.バンニ 先生教えて下さい。

私は 昨年の10月に 市の検診にて 糖尿病と乳癌がわかり 3月に乳癌右胸全摘の手術をし 6月から抗がん剤とホルモン療法をしています。しかし9月にはいり 4回目の抗がん剤とホルモン療法をしようとすると 肝機能が悪くなってしまい 今も全ての薬を中止しています。糖尿病の方は9月7.3%10月8.1%11月9.1%になり食後3時間くらいのときに血液検査しましたら血糖値が243という数値でした。先生は 肝機能が まだ悪いから入院をしてインスリンをうちストンと血糖値を落としていこうっておっしゃいました。 家庭の子供達のこともありとりあえず糖尿病教室に一週間通いました。次回の予約は12月4日ですがそれまでに数値が下がればいいのですが、運動もあまりお勧めできないと言われていますし食事療法で下げるというのは容易ではないと思っています。やはり 入院してインスリン療法をうけるべきなのでしょうか?今は人由来のインスリンだと伺ったのですが なんだか抵抗もあります。それに糖尿病でインスリンをうった場合退院してから毎月かかる医療費も気になります。抗がん剤が再会されたら一か月約4万くらいかかるのです。でも合併症が怖いって学習しました。どうしたらいいのでしょうかよろしくお願い致します。 (40代/女性)

40代/女性
Q

糖尿病のタイプ

糖尿病について疑問があります。 同じ糖尿病でもヘモが高く発覚した方で直ぐにインスリンとお薬で治療。その後落ち着いて、お薬が無くなる方もいますよね。ものすごく太っていた訳ではありません。そうかと思うと何をしても下がらない糖尿病の人もいます。 同じ糖尿病と言っても全然違う病気に感じます。 一体何が違うのでしょうか? 体質?膵臓の疲労度? 痩せ型糖尿病で空腹時、ヘモ共に低めで、食後高血糖のみで発見された場合はどのような治療をすれば良いのでしょうか? 糖尿病でも色々なタイプがありすぎてわかりません、、 (40代/女性)

40代/女性
Q

糖尿病と甲状腺疾患

私の63才、叔母についてです。 叔母は、50代で糖尿病を発症。食事療法と運動療法を行い5・8を維持。しかし、60代に差し掛かる頃、今までと生活習慣にかわりがないのに、糖尿病が悪化し始めました。その頃喉の違和感も感じ検査したところ、バセドウ病がみつかり、バセドウ病の投薬治療を始めました。 それからは、糖尿病も悪化。今、ヘモグロビン7・2です。 食事について、ドクターや栄養士さんから、問題ないと言われています。ドクターから、甲状腺疾患があるからね。と言われましたが詳細は、回答してもらえませんでした。甲状腺疾患と糖尿病、甲状腺疾患の薬と糖尿病の関係が知りたいです。よろしくお願いします。 (40代/女性)

40代/女性
Q

合併症が起こりやすいのは?

自分は、1年半ほど前に、2型糖尿病と言われてインスリンを1日4回打ちしています。 疑問に思った事があり質問させていただきます。 体質や生活習慣の違いがあるので一概には言えないと思いますが、 2型糖尿病で、 1.運動と食事療法でHbA1c(NGSP)が6.6の人 2.運動と食事療法と飲み薬でHbA1c(NGSP)が6.6の人 3.運動と食事療法とインスリでHbA1c(NGSP)が6.6の人 この3パターンで、HbA1c(NGSP)を6.6で維持し続けた場合、合併症を起こしやすいのはどのパターンになるでしょうか? 宜しくお願いします。 (30代/男性)

30代/男性
Q

糖尿病と夜勤

私は現在境界型糖尿病と診断されています。 食前血糖は90前後、HbA1cは5.0〜5.3くらいです。 OGTTは食後1時間で188〜219、2時間で165〜188です。 お薬は飲んでいません。食事療法でコントロール中ですが、時々簡易血糖測定にて200を越えることがあります。 また時々40〜50台となり低血糖症状も出ることがあります。その多くは食べすぎた後に低血糖になったりします。 インスリンが出てくるのが遅いことが原因でしょうか? 詳しい検査によると膵臓が元々弱いとも言われました。 私は看護師をしていますが、今は外来勤務なので夜勤はしていませんが、糖尿病であること、時々低血糖になることを上司に話すと「そんな人を外来勤務にできない。病棟で夜勤もしてもらわないと。」と言われました。私は頭の中ではてなマークがいっぱい浮かびました。低血糖になる人は外来勤務より夜勤のある病棟で働いた方がいいのでしょうか? どういう点が夜勤をする病棟の方がいいのでしょうか? 私は意地悪なことを言われているとしか思えなかったのですが…。確かに糖尿病でインスリン治療をしながら夜勤をしている看護師はいると思います。が、現在外来勤務で糖尿病だから病棟へというのは違うんじゃないかと思いました。 糖尿病患者は普通の日勤で働くより夜勤した方がいいのでしょうか?そのメリットは何ですか? (30代/女性)

30代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。