乳腺症の治療と「石灰化」「のう胞」の意味とリスク 乳がんになる?治療不要?手術の場合も?

  • 作成:2016/07/13

乳腺症で聞かれる「石灰化」という言葉ですが、これは乳がんと見分けることが非常に難しい場合があります。治療については、基本的に不要ですが、痛みがひどい場合などは、手術を行うことがあります。「のう胞」の意味やリスク、乳がんとの関係を含めて、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

近藤恒正 監修
落合病院 副院長
近藤恒正 先生

この記事の目安時間は3分です

乳腺症は乳がんにつながる?

乳腺症の石灰化とは?リスクあり?

乳腺症は、正確に言うと「病気」ではないため、乳腺に関わる様々な症状が含まれています。その一部として、乳がんとの鑑別(かんべつ)が極めて難しいといわれる「石灰化」があります。石灰化とは、乳腺にカルシウムが沈着することで起こる変化です。石灰化しているかどうかの診断にはマンモグラフィによる検査が必要になります。

乳腺症の石灰化の疑いがある人で、検査を受ける重要性が指摘されている理由は、乳がんでも石灰化が起こることがあるためです。そのため単なる乳腺症の石灰化なのか、乳がんによる石灰化なのか区別する必要があります。石灰化が見つかった場合には、悪性の可能性があるのかどうかを鑑別する必要があります。マンモグラフィで石灰化が見つかった場合には、石灰化の形と分布状態を観察しします。マンモグラフィにはカテゴリー分類があり、以下の5段階に分けられています。

1異常なし、2良性、3良性だが悪性を否定できない、4悪性の疑い、5悪性

NPO法人「日本乳がん検診精度管理中央機構」の読影試験に合格した医師のみにカテゴリー分類の診断を行うことが認められています。乳がんによる石灰化の場合、マンモグラフィで石灰化がみられる場合には、良性の石灰化なのか、あるいは悪性を疑う必要がある石灰化なのかを鑑別する必要があります。

石灰化の形や分布状況によって、乳がんの可能性が高いのかどうかはある程度評価することが可能ですが、明かに良性の石灰化とはいえない場合や良性と悪性の鑑別がつきにくい場合には、生検(組織検査)を受けることになります。良性の石灰化の場合には、特に治療の必要もなく、放っておいても問題ありません。ただし、乳腺の石灰化が見られた場合では、万が一のことを考え、その後も半年から1年に一度のペースで、マンモグラフィによる検査を定期的に受け続けることが推奨されています。

のう胞とは?リスクあり?

乳腺ののう胞とは、乳腺組織の一部が袋状になり、その袋の中に水がたまった状態です。のう胞も乳腺症同様、女性ホルモン分泌のバランスが崩れることで起こると考えられており、ホルモン分泌が正常になると自然に消滅するため特に治療の必要はなく、またがん化することもありません。

のう胞の診断には、超音波検査が必要になります。ただし、検査しても腫瘍との区別がつきにくい場合は、穿刺(せんし)といって注射針で水を抜き、細胞診(細胞の検査)を実施し、単なるのう胞なのか別の腫瘍なのか調べます。また、のう胞が大きくなってしまって見た目が気になるようであれば、同じように穿刺で水を抜くこともあります。

乳腺症は乳がんになるリスクがある?

乳腺症になったから乳がんになるリスクが高いということはありません。まず、乳がんが発生する仕組みとがん細胞について、まず理解しておきましょう。乳がんのほとんどが乳管(乳腺組織)から発生しています。はじめは非浸潤がん(微小がん)の状態(非浸潤がんの段階では「しこり」もわかりません)で、乳管や「小葉」と呼ばれる部分のなかに溜まっています。がん細胞は増殖を繰り返し、乳管や小葉を打ち破ると、今度は血液とリンパ液の流れを利用しながら周辺組織へ広まってゆきます。がん細胞は「増殖、転移」という明らかな特徴を持っています。

一方、乳腺症のしこりは、がん細胞のような特徴はもっていません。がん細胞は、通常の細胞とは異なり、血管を利用して増殖を続け、転移もするという特異な細胞なのです。乳腺症も乳がんも同じ乳腺組織から発生しているため、その関係性について多くの方が気にされているようですが、がん細胞が乳腺組織に存在しない限り、乳腺症だから乳がんになるリスクが高いという説は、現在のところ医学的には発表されていません。

乳腺症の治療とは?治療しないとダメ?

乳腺症では、基本的には治療の必要ありません。痛みがひどい場合には、鎮痛剤を処方したり、ホルモン注射を打つこともあるようですが、まれなケースです。また乳腺にのう胞ができていて見た目の大きさが気になる人は注射針で水を抜き出すこともあります。

乳腺症で手術をすることがある?

乳腺症では基本的に治療の必要性がないため、手術を受けることはありません。しかしながら、しこりが大きくなり、なおかつ痛みがひどい人は、医師と十分相談してから、手術でしこりを摘出する方もいるようです。ただ実際には、ほとんどの乳腺症の場合、医師から手術を薦められることはないと理解しておきましょう。乳腺症は生理的現象です。病気ではなく、放置しておいても、がん化することもなく、年齢を経て閉経するとしこり自体は消滅し痛みもなくなります。



【乳腺症関連の他の記事】


乳腺症の治療の必要性やがん化の可能性についてご紹介しました。乳房のしこりに不安に感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

関連するQ&A

Q

石灰化の検査

こんにちは 先日 乳がん検診マンモグラフィでカテゴリー3 微小円形 区域性の石灰化で再検査になりました 13日に乳腺外科に行きます ⚪︎エコーで石灰化は うつりますか? ⚪︎またマンモグラフィ エコー 視触診の次は どんな検査をしますか? 石灰化の場合 細胞診よりマンモトームで組織診の方が良いですか? 8ヶ月前に子宮頸がんで広汎子宮全摘手術を受けています 追加治療はありませんでした 1ヶ月前にCT検査をしましたが その時は 何も言われませんでした 全身に癌細胞が散らばってるのではないかと不安です 遠回りな検査をしたくないと思い どんな検査が石灰化を調べるのに有効が教えていただきたいです 宜しくお願いいたします。 (40代/女性)

40代/女性
Q

マンモグラフィの結果

郵送で来たのですが、以下の内容でした。 今回マンモグラフィ上、右乳腺に明らかな異常石灰化や腫瘤影はみられません。 左乳腺、乳頭近くにFAD(+)乳腺症や乳線のう胞のためかもしれないがUSでチェックして下さい。 【診断】左乳腺 乳腺症や乳腺のう胞? 一応カテゴリー3としてUSを。 市の検診のマンモを受ける手配をしてもらったクリニックで、先に超音波検査を受けており、異常なしでしたので、「3ヵ月後に念のため超音波を」Drのメモがありました。 左乳腺のものは、ガンになるかもしれないものなのでしょうか? それとも心配しなくて良いのでしょうか? 以前に検診で子宮頸がんがわかり、手術した経緯があるものですから、少し神経質かもしれませんが、気になりますので教えて下さい。 ちなみに、乳がんの検診は超音波で毎年、マンモは今年が始めてです。(46才)

Q

マンモグラフィーでの石灰化

先日、マンモグラフィーでの乳がん検診を受けたところ、左乳房に石灰化が見つかりました。 先生の説明だと 「全く心配ありません」 との事で、再検査も経過観察も必要ないとの事。 乳腺外科の専門の医師が、ここまできっぱりおっしゃるのでよほど確実に「良性」と診断できるものなのだな、と安心はしましたが、画像を見ると、2年前に受けた時には何も言われなかったのに、白い石灰化がたくさん映っていて驚きました。 こんな短期間で石灰化が現れるというのは、なにか原因があるのでしょうか。 良性の石灰化が悪性に転じることはない、というのは調べてわかりましたが、「石灰化しやすい体質」などがあるのでしょうか。 引き続き2年に一度はマンモを受ける決心をしましたが、なんだか不安になってしまいました。 (40代 女性)

40代/女性
Q

しこり、乳管拡張、石灰化

これまでの経緯を記します。 5年前の会社の乳がん健診で、低エコー域とあり、乳腺専門病院を受診。 5年前.確かにしこりがある。画像が怪しいのでと組織を採って検査。結果は乳腺症。一年後にまた受診するように。 4年前.超音波で、やはり画像が怪しいのでと、もう一度組織検査。1度に数箇所から採取。結果、問題なし。一年後に再診とのこと。 3年前.妊娠8ヶ月で受診。大きさも変わらないので、次は断乳して半年経ってから受診するようにとのこと。 それから3年後の今回.5年ぶりにマンモグラフィも行い、カテゴリー2。 超音波にて、しこりの大きさは、1.3×1.1×0.6で変わらない。しかし、その近くの乳管が拡張していて、周りに石灰化も見られるので注意して見ていく必要がある。半年後に再診とのこと。 これまで乳管が拡張して周りに石灰化があって注意が必要とは言われたことなく、動揺しています。これまでの乳腺症にやはりがん細胞があって成長したのでしょうか?それとも、また別にその付近にがんの疑いがでてきたのでしょうか。 先生は、乳管が拡張しているからガンということではなく、ガンの初期に乳管が拡張して周りに石灰化が見られる場合があるから、経過観察をする、と言われました。 しかし、心配性の私は半年の経過観察ということは、やはり怪しいのではないか?など心配でたまりません。小さ子ども2人いるので、本当に心が張り裂けそうです。 ご回答、よろしくお願いします。 (30代/女性)

30代/女性
Q

乳房MRIについて

10年くらい前から乳房に違和感があり、毎年検診に行っていました。この1年くらい、乳房痛が酷く病院に行くと、左乳に5ミリのしこりがあると言われ、石灰化(2こ)も増えているとのことでマンモトームを受けてくださいと大きな病院を紹介されました。乳がん患者も県内一のその病院へ行き、マンモ・超音波をしたのち、まずはしこりと石灰化の関係性をみたいのでMRIをしますとのことでした。(その時は良性のしこりとおっしゃってましたが)MRIをしたところ、臨床診断 左乳Car疑いと書いてあり、「両側乳腺にはびまん性に濃染域がひろがっており、乳腺症としても矛盾しない。5ミリ大の結節影あり。ダイナミックMRIでは早期濃染を示し遅延相ではwishout。拡散強調像ではわずかに高進号を呈しているようにも見えるが、有意の所見と断定できる程ではない。乳腺症のadenosisとの鑑別は難しいがマンモグラフィーの石灰化の性状)からは乳腺caの可能性が否定できない」とありました。石灰化のカテゴリーは3−2です。両方の乳房痛が以前から酷く、乳腺症によるものだと思いたいのですが、このMRIの診断は癌の可能性がかなり高いということなのでしょうか?ちなみにMRIの後、しこりは針で検査はせずに、マンモトームで石灰化についてだけ検査を受けました。通常はまずはしこりを針で検査してからマンモトーム検査ではないのでしょうか?まだマンモトームの結果はでていませんが、お話をお聞きしたいと思って質問しました。よろしくお願いします。 (40代 女性)

40代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。