子宮筋腫の薬 ピル、リュープリン注射、ホルモン治療を解説

  • 作成:2016/01/26

子宮筋腫はピルなどの薬を使って治療可能です。ピルは副作用が少なく、リュープリン注射は閉経前の女性に用いられるなどの特徴がありますが、リスクもないわけではりません。ホルモン治療も含めた薬による治療の概要を、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

近藤恒正 監修
落合病院 副院長
近藤恒正 先生

この記事の目安時間は3分です

考える女性

ホルモン治療はどんなもの?

子宮筋腫は、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の影響を受けて大きくなります。そのため、体内でエストロゲンの分泌がなくなれば、子宮筋腫も小さくなります。エストロゲンの分泌を妨げる治療が子宮筋腫に対する「ホルモン療法」です。

エストロゲンの分泌の最初の指令は、脳にある「視床下部」というところから出ます。この指令は「下垂体」と呼ばれるところに伝えられ、そこから第2の指令が出ます。第2の指令が卵巣に伝わると、卵巣でエストロゲンが産生されます。

ホルモン療法では、脳から出る指令に似た物質を投与して、指令の流れを邪魔することでエストロゲンの産生を抑えます。投与する物質を「GnRHアゴニスト(性腺刺激ホルモン放出ホルモンアゴニスト)」と呼びます。

ホルモン療法では、一時的な閉経状態になります。卵巣からのエストロゲンの放出が抑えられてしまうため、それに伴った症状が出ます。多汗やほてりなどの更年期障害のような症状や、骨の中のカルシウムが少なくなるなどの副作用があるため、長期には行われません。

治療薬は鼻からスプレーで毎日入れる場合と、月に1回注射する場合があります。治療中は筋腫が小さくなりますが、薬の投与をやめるとまた筋腫は大きくなることも多いです。現在では摘出手術に先立って、筋腫のサイズを小さくする目的で行われることも多いです。

ピルは副作用が少ないが…

子宮筋腫の治療の一つとしてピル(経口避妊薬)を用いる治療法もあります。ピルは「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンから成る合剤で、脳にある器官に作用して、女性ホルモンの分泌を抑える働きがあります。

ピルを服用すると「すでに十分な女性ホルモンが分泌されている」と脳が判断して、エストロゲンを分泌するための指令を出さなくなります。そのため卵巣はお休みしている状態となり、卵巣からのエストロゲンの分泌が抑えられます。

ピルに含まれるエストロゲンは、自然の状態で卵巣から分泌されるエストロゲンよりも低用量ですので、子宮筋腫が大きくなりにくいということが期待できます。ピルの服用により、子宮筋腫による症状も軽減します。しかしピルを規則正しく飲んでいる間は妊娠が妨げられるほか、ピルによる副作用としてもっとも注意するべきことは、虚血性の脳卒中や心疾患、あるいは下肢静脈血栓症などが起こるリスクが高くなります。また、薬の服用をやめるとエストロゲンの分泌が始まり、子宮筋腫は大きくなりますので、いつまで飲み続けるかが問題になります。

リュープリン注射は閉経前の女性向け

エストロゲンの分泌を抑えるために「リュープリン」という薬が使われることもあります。リュープリンは、GnRHアゴニスト(性腺刺激ホルモン放出ホルモンアゴニスト)の作用があります。GnRHアゴニストは、脳の視床下部から出されるエストロゲン産生を命令する物質に似た合成薬で、指令を受け取るところに先回りして、結合してしまいます。そのため脳からの指令が伝わらなくなり、エストロゲンが産生されません。リュープリンは、通常は4週間に1度、皮下注射で投与します。リュープリンを閉経前の女性に用いると、閉経に追い込むような効果が期待できます。閉経後は卵巣機能が低下するので、卵巣でエストロゲンは作られません。

リュープリンの副作用として、多汗やほてりなどの更年期障害に似た症状が出ることがあります。またエストロゲンの低下により骨の中のカルシウム量が低下することがあります。リュープリンで閉経に追い込めなかった場合には、ピル同様に、薬をやめるとホルモンの分泌が始まります。

治療がいらない場合や手術する場合も

子宮筋腫に特徴的な症状は、生理の際の出血量が異常に多い、生理前または生理時にひどい下腹部の痛みや腰痛がある、そして不妊です。これらの症状がある場合には治療が必要です。

しかし子宮筋腫の方の約半分は、ほとんど自覚症状がないとされています。筋腫が明らかに良性で特に痛みもなく、また妊娠を希望していない場合には、定期的な検診だけで様子を見ます。閉経後には子宮筋腫が小さくなると期待されます。

「粘膜下筋腫」と呼ばれるタイプだったり、サイズが4センチ以上の「筋層内筋腫」というタイプができている場合には、筋腫が不妊原因となっている可能性があります。したがって、このような子宮筋腫ができていて将来妊娠を希望する場合には、何らかの処置が必要になることがあります。薬による治療では、薬の服用をやめると筋腫が再び大きくなることから、妊娠を希望する方は筋腫のみを外科的に摘出する方法がとられます。

子宮筋腫の薬の治療などについてご紹介しました。もしかして子宮筋腫かもしれないと不安に感じている方や、この病気に関する疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

関連するQ&A

Q

ホルモン補充療法

ホルモン補充療法について質問です。 ホルモンバランスが悪く、ホルモン補充療法を検討しています。 子宮筋腫がある場合、エストロゲンを補充すると、筋腫が大きくなるというのは本当ですか? プロゲステロンがエストロゲン過多を抑えると聞きますが、プロゲステロンと併用すれば大丈夫なのでしょうか?筋腫が大きくなることはないですか? ごく小さな筋腫で心配ないくらいなのですが、ホルモン補充療法をはじめるか否か躊躇しています。 よろしくお願いします。 (40代/女性)

40代/女性
Q

エストロゲンとスキルス性胃がんの関係

スキルス性胃がんで、若い女性がなる原因によくエストロゲンが関与していると書いてありますが、エストロゲンがどう関与するとスキルス性胃がんになりやすいのですか? エストロゲンが多いよくないなのか?エストロゲンが少ないとよくないのか? 私は低用量ピルを使用しているので、ホルモンに関係があるという記載を見ると不安です。 (30代/女性)

30代/女性
Q

ピルを飲んで抑えていたホルモンはどうなりますか

私は今35才で少し前までの5年間ピル飲んでいました。ピルはその時の女性ホルモンを出ない様に抑えていて、でも一生のうちに出るエストロゲンの量は決まってる、となっています。ピルを辞めてからその飲んでいた時抑えていたエストロゲンが出てきたりする様な事はありますか?仮にずっとピルを飲み続けて閉経した場合は一生分のエストロゲンは出ないままとゆう事になりますか? (30代/女性)

30代/女性
Q

血液検査正常

2点ご相談です。43歳でもう排卵をしてないためエストロゲン値は正常ですがプロゲステロンは低いです。体がザワザワと自律神経失調症みたいな症状はありますが重症ではないです。エストロゲンが正常でもHRTをやると楽になると医師に言われました。子宮はないのですが補充すると卵巣癌のリスクが上がるなど怖いのですが、1エストロゲンが正常でも 通常はHRTをすると楽になると推奨しますか?2子宮がない場合はプロゲステロンの補充はせずエストロゲンにするみたいですが卵巣癌のリスクが上がるという欧米の情報は日本でもあてはまりますか?以上よろしくお願いいたします。 (40代/女性)

40代/女性
Q

セサミンの植物性エストロゲンについて教えてください

先月セサミンのことで相談させて頂きましたが、再度アドバイス頂きたく、質問させて頂きます。 セサミンにはゴマリグナンという植物性エストロゲンが含まれる、と説明があり、植物性エストロゲンについては女性ホルモンのエストロゲンと似たような作用を持つ植物性の成分である、というような解説を見掛けました。 更年期のホルモン補充療法ではエストロゲンを単独で使うと乳ガンや子宮体ガンのリスクが高まるとのことですが、セサミンのようなサプリメントを使用することでホルモン補充療法と同様のリスクが高まるという可能性はあるのでしょうか? また体内にあるエストロゲンと植物性エストロゲンとの違いは何なのでしょうか? どうかご回答をよろしくお願いします。 (50代/女性)

50代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,300人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。