子宮内膜症は食事で予防や改善できる?再発可能性も解説

  • 作成:2016/04/13

子宮内膜症は、いわゆる「再発」という状態になる可能性のある病気です。大豆が予防につながる可能性が指摘されていますが、一方で避けるべき食品も存在します。子宮内膜症の再発の割合なども含めて、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

近藤恒正 監修
落合病院 副院長
近藤恒正 先生

この記事の目安時間は3分です

子宮内膜症と食事の関係は?

子宮内膜症が再発する可能性はある?

子宮内膜症は、薬物療法や手術による治療を行っても、後に再発することが少なくありません。子宮内膜症の治療においては、完治を見込んだ治療ではなく、妊娠可能な範囲で治療を行うことがしばしばあります。したがって、子宮内膜症の治療を行うにあたり、卵巣をすべて取り除かないのであれば、必然的に再発リスクを伴うと言えます。

再発の定義は、「本来その部位から病巣が完全に消えて、再び病巣ができること」です。しかし、実際には「再発」と「再燃(治療などで、おさえられていた症状が再び悪化すること)」という概念が混同されています。その結果、正確な再発の頻度は不明ですが、子宮内膜症の治療後には6%から55%で再発があると考えられています。

また、子宮内膜症の再発のリスクになる因子も存在します。子宮内膜症は年齢が若く、子宮内膜症の大きさが大きく、手術前に薬物治療をしており、手術後に妊娠しない場合に再発しやすいと考えられています。そのため、上述のリスク因子を持つ人は再発のリスクが高いため、定期的な検診が再発防止に重要となります。

大豆で予防できる可能性がある?

食事内容を工夫することが、子宮内膜症の予防に有効だとする報告があります。動物性脂肪の多い食事を避けたり、食物繊維の多い食事を心がけたり、体が温まる食事を多く摂ることなどが挙げられます。この中でも特に勧められるのが、大豆を中心とした食事です。大豆には「バイオフラボノイド」という植物性エストロゲンが含まれています。 バイオフラボノイドは体内で生成されるエストロゲンよりも弱い作用をもっています。しかし、食事の一部として体内に摂取されると、エストロゲンの代わりにエストロゲン受容体に結合します。その結果、エストロゲンの作用が弱まり、子宮内膜症は改善、あるいは予防できる可能性があると考えられています。

事実、大豆製品を多くとる日本女性では欧米女性と比べて更年期障害が出にくいということが、食事での予防可能性を指摘した仮説を支持しています。また、バイオフラボノイドの他にも、ビタミンBやEを含む食品も子宮内膜症を改善し、予防する効果が期待されています。

肉類及び乳製品は避けたほうが良い

バイオフラボノイドなど子宮内膜症を改善、予防を期待できる食事がある一方で、避けるべき食材も存在します。それは肉類及び乳製品です。肉類や乳製品には筋肉収縮作用のある、「F2αプロスタグランジン」の原料となるという脂肪が多量に含まれています。F2αプロスタグランジンは子宮を収縮させ、月経痛などの子宮内膜症による症状を悪化させます。しかし、成長期などで肉類や乳製品が必要な時期もあるでしょう。その際は肉類や乳製品の代わりとなる、魚類などでバランスの取れた食生活をすることが重要となります。

予防や改善に向けて、食事以外で気をつけること

子宮内膜症の予防や改善には、食事以外にも注意すべきことはいくつかあります。具体的には、体を温め、適度な運動を行うといったことが挙げられます。いずれも子宮内膜症の根本的な治療になるわけではありませんが、月経痛や下腹部痛などの子宮内膜症に伴う痛みを取り除く、あるいは和らげるといった点で有効な方法です。また、精神的に落ち着くためにアロマテラピーを行うと、子宮内膜症による痛みが軽減する場合もあるようです。

子宮内膜症の再発に関して、そして子宮内膜症を予防することができる可能性についてご紹介しました。もしかして子宮内膜症かもしれないと不安に感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

関連するQ&A

Q

ホルモン補充療法

以前こちらでホットフラッシュについて質問させていただき、その後、婦人科で相談してみたのですが、子宮内膜症の既往がある為、ホルモン剤は処方できないと言われました。 代わりにイソフラボンの入った自然薬のようなものを処方してもらいましたが一向に改善しません。 エストロジェンが増えると子宮内膜症が再発する恐れがあるとのことで、リスクがあるのは分かるのですが、ここ3ヶ月程、特に症状がひどく、仕事にも差し支えます。 何か他に方法はないものでしょうか? また、子宮内膜症を患った人は絶対にホルモン補充療法はできないのでしょうか?

Q

エストラーナテープの副作用

質問させていただきます。45歳女性です。 2ヶ月ほど前、子宮内膜症で子宮と卵巣全摘出しました。 卵巣両方摘出したため、すぐにホットフラッシュ等の症状が出てきました。 ホルモン治療を勧められ、治療することにしましたが、子宮内膜症は子宮と卵巣を摘出しても内膜が残ってた場合は、ホルモン治療で再発する可能性があると言われました。 エストラーナテープを貼ってすぐ、2枚目くらいから下腹部の突っ張り、重い感じ痛み、胸の張り、を感じました。 今、2週間程使用してますが、お腹の痛み等は変わらずあります。ひどくなっているように思います。内膜症の再発の可能性はありますか? それとも、再発でなく、副作用なのでしょうか? 使用を続けてみて大丈夫ですか? ホットフラッシュ等の症状は、改善され続けたいと思ってるのですが今、内膜症の悪化が心配です。 回答よろしくお願いいたします。 (40代/女性)

40代/女性
Q

ディナゲストの効き目など

重症子宮内膜症でステント留置中です。1)直ちに根治+尿管再建、2)術前ジェナゲストで様子見の後の根治+尿管再建、3)チョコ核出のみ温存+尿管再建で術後ジェナゲスト、というバリエーションで病院ごとに意見が異なっています。 腎臓保護を最優先して確実な方法として開腹を勧められるほうが多いです。 現在投薬中のg薬以外の投薬を受けたことはありません。 1 術前の状態の進行食い止め、再発阻止に関してジェノゲストの効果はどこまで信頼できますか。内膜症が進行or再発するリスクはあるのでしょうか。 2 ジェノゲストでの効果がない又は適用があわなければ、3)は尿管再再建など打つ手がなくなり致命的な感じです。あるいはジェノゲストに変わりうる対応策はありますか。 3 上記3)の見解では、術前にジェノゲストでの効果を試すことは出来ないそうですが、それはどのような理由によると考えられますか。 ✳︎ 筋せん症もあるので大量出血で投薬中止になるリスクはありそうです。 4 仮に、「g薬を1クール→ジェナゲスト移行→2、3ヶ月で効果ないor大量出血で続けられないorうつ病になった等で中止→根治手術を決める」となった場合、術前にg薬を1クールやりなおす必要があるのでしょうか。この場合、休薬期間が半年ないので、g薬投与が出来ず、手術も当面出来なくなるということなのでしょうか。 5 深部内膜症があり、直腸とべったりくっついていますが、子宮摘出時に腸管に穴を開けるリスクはかなりあるのでしょうか。いずれの見解でも、腸管内膜症は検討の結果、手はつけない予定です。 6 ステントが良好な限り、数年は投薬治療を試せるだけ行い、40代半ば過ぎで、可能なら3)、無理なら2)で行きたいのですが、考えられるリスクは何でしょうか。 (40代/女性)

40代/女性
Q

子宮内膜症と妊活

私は結婚して2年経ちますが、なかなか子供が授かりません。産婦人科でタイミング法で1年通っていますがまだ恵まれておりません。 もともと生理痛が酷く、子宮内膜症と診断されCA125も42ほどあります。先日は卵巣出血もあり、また卵巣出血になるかもしれないと思うと性交渉も怖いです。 妊娠には、ザクロが良いと聞いたので飲んでみたいのですが、ザクロにはエストロゲンを、促進させる効果があるため、子宮内膜症の人は飲まないほうが良いとの意見もありますが、本当に子宮内膜症の人は悪化してしまう為飲まないほうがよろしいでしょうか? (20代/女性)

20代/女性
Q

子宮体癌

先日、子宮内膜異型増殖症で、子宮と卵巣を摘出しました。摘出した、子宮から癌が、みつかり、子宮体癌1a期になりました。 卵巣からは、癌はみつかりませんでした。 追加治療はなく、経過観察で大丈夫でしょうか? 再発や転移の可能性は、どのくらいありますか? (40代/女性)

40代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。