子宮内膜症の手術と自然治癒可能性 妊娠希望の場合は?

  • 作成:2016/02/18

子宮内膜症は、閉経とともに自然治癒する可能性があると言えますが、癌(がん)に変化してしまうリスクがありますので、治療が望ましいといえます。手術になるケースや、3種類の手術方法、妊娠を希望する場合の選択肢について、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

近藤恒正 監修
落合病院 副院長
近藤恒正 先生

この記事の目安時間は3分です

子宮内膜症は治療が必要?

子宮内膜症は、自然治癒する可能性がある?

子宮内膜症は、20代から40代の女性を中心に急激に増加しています。昭和40年代と比較すると、その患者数は約3倍近くに増えています。原因として考えられているのは、女性のライフスタイルの変化です。子宮内膜症は初経(いわゆる初潮)から閉経までの期間が長ければ長いほど、発症するリスクが増加します。つまり、初経が早ければ早いほど、閉経が遅ければ遅いほど子宮内膜症のリスクは上がります。さらに、妊娠も子宮内膜症の発症リスクに関係しています。妊娠回数が多ければ多いほど、月経がない期間が増えますので、子宮内膜症が発症しにくくなります。逆に言えば、妊娠回数が少なければ子宮内膜症のリスクは上がると言えます。

子宮内膜症は「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が停止する閉経期以後になると、発症しにくくなりますし、既に発症している場合には病気部分の大きさは小さくなります。したがって、子宮内膜症を発症していても、閉経を迎えると、症状が現れないまま子宮内膜症は自然治癒すると考えることもできます。その意味では、「自然治癒する可能性がある」と言えます。

しかし、子宮内膜症で「チョコレート嚢胞(のうほう)」を形成している場合には、卵巣がんが発生する可能性があります。特に40歳以上で、長さ10cm以上あるいは急に大きくなったチョコレート嚢胞の場合には、超音波検査やMRI検査を実施して、リスクを十分に評価して、手術も考慮する必要があります。

子宮内膜症で手術となる場合

子宮内膜症の治療は薬を使う場合と、手術を行う場合があります。手術が行われるのは、以下の場合です。

(1)子宮内膜症が進行しており、薬物治療では効果が期待できない場合
(2)薬物治療を行っても再発を繰り返し、その副作用が懸念される場合
(3)妊娠を希望し、手術の適応がある(手術で対応できる)場合
(4)悪性腫瘍(がん)が疑われる、あるいはがん化を避けたい場合

他にも手術による治療を選択する場合はありますが、その方法としては大まかに以下の方法となります。医師は可能な治療方法を提示し、患者さんの希望を聞きながら、治療法を選択することとなります。

子宮内膜症の3つの手術

子宮内膜症で行われる手術方法は主に3つあります。お腹を切開する「開腹手術」、お腹に小さな穴をあけて行う「腹腔鏡下手術」、腟から操作する「腟式アルコール固定」の3つです。開腹手術は昔から行われている方法です。開腹手術では子宮を全て取る「子宮全摘」、卵巣に子宮内膜症がある場合には後に妊娠できるように卵巣の一部を残す「卵巣囊腫摘出あるいは卵巣囊腫核出」、妊娠希望がない場合には「卵巣摘出」といった操作を行います。腹腔鏡下手術は、小さな穴をあけて実施するため、体の傷は開腹手術と比べて小さいので、比較的早く動けるようになることが期待されます。しかし、一般に腹腔鏡下手術は開腹手術よりも多くの時間を要します。

子宮内膜症に対して行われる手術は開腹手術と腹腔鏡下手術ですが、「腟式アルコール固定」を行う場合もあります。腟式アルコール固定は、卵巣にチョコレート嚢胞があるときに行われる治療方法です。腟式アルコール固定は腟から針を刺し、内容物を吸引した後、アルコールを注入する治療です。腟式アルコール固定は日帰りか1泊の入院で済み、お腹に傷が残らないといった利点もあります。他にも様々な治療方法がありますが、治療方法を上手く組み合わせ、子宮内膜症を治していきます。

子宮内膜症の手術や自然治癒の可能性についてご紹介しました。もしかして子宮内膜症かもしれないと不安に感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

関連するQ&A

Q

卵巣のう腫について

私の姉(36歳)のことです。先日卵巣のう腫が発見されました。MRIで調べたところ13センチとのことで、反対の卵巣にも2センチののう腫があるとのことでした。腫瘍マーカーで1つ高い数値のものがあったらしいのですが先生が言うにはおそらく子宮内膜症が原因の卵巣のう腫であるためにこの数値が高いのだと思われるが、実際は手術で取ってから細胞を調べないことには絶対悪性でないかはわからない、とのこと。手術は腹腔鏡下手術だと専門の先生を6ヶ月待ち。開腹手術はすぐできるということです。しかしそもそも悪性の可能性も100%ないとはいいきれないというのに6ヶ月後の手術をのんきに待っていてもいいのでしょうか?あと気になることは、先生はおそらく子宮内膜症が原因と思われると言っていた腫瘍マーカーの数値は実際やはり子宮内膜症が原因という可能性が高いのでしょうか?それとも、その数値だけが高い場合でもやはり悪性の可能性もあるのでしょうか?本人は子宮内膜症の症状は言われてみれば昔少し思い当たることがあった、というぐらいでそこまでの症状は無いようなのですが、そのような軽度の子宮内膜症が原因でも13センチもある卵巣のう腫ができることもあるのでしょうか?最後に迷っているのは手術方法です。少しでも悪性の可能性も捨てきれず、手術には子宮内膜症の癒着のリスクもあると考えられます。そしてどうせ手術をするのであれば、出来たら一度に子宮内膜症の状態確認とその症状にの治療、あともう片方の卵巣のう腫の摘出も一緒にしていただきたいと考えております。今まで書きましたことをトータル面で考えると、やはり視界を広く見渡せて、様々な状況に対応できそうな開腹手術のほうが良いのでしょうか?それとも上記のこと全てを踏まえたうえでも、傷口が少なく術後に負担が少ない腹腔鏡下手術で十分なのでしょうか?もし先生が患者の立場ならどのような選択をされますか? (30代 女性)

30代/女性
Q

子宮筋腫の開腹手術

不妊治療を受けている37歳です。30歳で10数センチの子宮筋腫(筋層下筋腫)が見つかり開腹で筋腫核出手術をうけました。 34歳で結婚。35歳で妊娠するも初期で稽留流産 不妊治療を受けています 生理痛は毎回ではないですが、ある時は動けなくなる程の痛みがありロキソニン服用しています。子宮筋腫が複数あるが、妊娠に影響はないだろうと言われました。 不妊治療はAIHを5回受けました。治療開始時は問題なかったのですが、昨年2回目の卵管造影を行い左が詰まっている事が発覚。IVFにステップアップを希望しましたが、毎回左卵巣が子宮の裏に回ってしまい採卵ができずにいます。 先月久しぶりに酷い生理痛があり ロキソニン服用しましたがまったく効かず内膜症の疑いがあると言われ、通っている病院では腹腔鏡ができないため確定できないと総合病院を紹介されました。 病院受診しMRと血液検査を行いました。 受診時に妊娠する事が治療の大前提である事を伝えると、DRから治療する事は3つ。 1つは子宮筋腫 2つ目は卵巣の腫れ 3つ目卵管が通っているかの確認。治療には手術しかない。内膜症は手術してみないとわからない。 あなたの場合は開腹手術になりますと言われました。 前回が開腹だったのでそのまま受け入れましたが、いろいろ調べると筋腫核出手術には腹腔鏡下手術と子宮鏡下手術もあるとわかりました。 1:何故 開腹手術になるのでしょうか? 2:仕事がある事や以前傷口が化膿した事もあるので できれば腹腔鏡で治療したいのですが、開腹手術と腹腔鏡のメリット デメリットを教えて下さい。 正直 内膜症の為の腹腔鏡を希望しての受診だったので 筋腫治療の為に開腹する事に戸惑いもあり 分かりにくい文になっていますが 宜しくお願いいたします。 (30代/女性)

30代/女性
Q

卵巣嚢腫再発での妊娠

私は、22歳の時に、両方の卵巣嚢腫の手術をしています。ただいま、38歳で3年前にまた両方の卵巣嚢腫が再発しています。34歳で、子宮けい部の円錐切除の手術を受けています。子宮内膜症とも言われています。そこで、質問なんですが、1この状態、この年齢で自然妊娠は難しいですか。2卵巣の手術は開腹手術だったのですが、再度卵巣の手術をする場合、腹腔鏡手術をお願いすることは無理ですか?3卵巣嚢腫と子宮内膜症はどう違いますか? 宜しくお願い致します。 (30代/女性)

30代/女性
Q

経膣超音波下アルコール固定術について教えて下さい

子宮内膜症とチョコレート嚢腫で経過観察中だったのですが、先日の定期検診で6cmの嚢腫が約3ヶ月で8cmになっていました。(筋腫もいくつかあります。) 手術を促されましたが、腹腔鏡の手術になるだろうということでした。 できれば、経膣超音波下アルコール固定術で治療してもらえないか聞いたところ、腸などを誤って傷つけることが懸念されるため、今はやっていないとの答えが帰ってきました。(大学病院です) 現在の症状としては、少し卵巣と腰が痛む程度で、特にひどい痛みも無く、生理時も同様です。 年齢も高いですし、妊娠は望んでいません。 腹腔鏡手術をやっても再発率も高いと人から聞いているので、同じく再発率が高いのであれば、経膣超音波下アルコール固定術の方法での治療を受けたいのですが、8cmの嚢腫 だと経膣超音波下アルコール固定術より腹腔鏡での手術がBestなのでしょうか? 腹腔鏡手術もかなり技術がいる手術だと聞いているので、 経膣超音波下アルコール固定術よりも簡単な手術だとは思えなく、腹腔鏡手術を勧められる理由がわかりません。 (40代 女性)

40代/女性
Q

子宮内膜増殖症疑いと子宮内膜ポリープ

不正出血があったため子宮体がん細胞診検査を受けたところ、子宮内膜増殖症の疑いで精密検査要でした。 ポリープも見つかったので、子宮鏡下 子宮内膜ポリープ切除術と子宮内膜掻爬を予定しています。 子宮鏡検査は、子宮体がんがあるとガン細胞を拡散させるリスクがあると聞き、もしガンがあったらと心配になってきました。 このままの術式で同時手術が適当なのか、あるいは、他の方法や内膜掻爬のみを先に行うべきなのか、御教授いただけないでしょうか? (40代/女性)

40代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。