子宮筋腫の治療 子宮を全摘出?薬が効く?サプリは効果ある?ない?

  • 作成:2016/10/04

子宮筋腫は、近年患者が増加傾向にあります。子宮の全て摘出する手術から、経過観察まで、幅広い選択肢があります。自分にあった対応を、医師と相談して選ぶようにしましょう。インターネット上などでは、効果をうたったサプリメントが売られていることがありますが、多くは、実際の効果が確かなものでないことにも注意が必要です。

平松晋介 監修
ちくご・ひらまつ産婦人科医院 院長
平松晋介 先生
子宮筋腫の治療はどんなもの?

40歳以上に4人1人があるとされる子宮筋腫

子宮筋腫とは子宮の筋層内にできる良性の腫瘍で、成熟期の女性に多く,40歳以上の女性の4人に1人は筋腫があるといわれています。原因ははっきりとは分かっていませんが、もともと持っている素因に加え、エストロゲンが活発に分泌することで成長するのではないかといわれています。そのため、閉経すると小さくなります。できる場所や個数はさまざまで、できる場所によって「粘膜下筋腫」「しょう膜下筋腫」「筋層内筋腫」にわけられ症状も違います。

粘膜下筋腫は子宮の筋層から内側に向かってできる筋腫で症状が出やすいのが特徴です。月経トラブルがおこりやすく、月経量が増える、月経日数が長い、不正出血、貧血などがあり不妊の原因にもなりやすいです。しょう膜下筋腫は子宮の筋層から子宮の外側に向かって大きくなる筋腫です。症状が出にくくかなり大きくならないと発見が遅れることがあります。筋腫が大きくなることで周りの臓器を圧迫し、頻尿や腰痛などの症状があらわれ、お腹に上から触っても筋腫が触れるようになります。筋層内筋腫は子宮筋層内で大きくなる筋腫で、大きくなって子宮の内側や外側にせりだしてくると、粘膜下筋腫やしょう膜下筋腫と同じような症状があわられます。

子宮を全て摘出する選択も

子宮筋腫の治療は経過観察されることも多いですが、症状が強い場合は薬物治療か手術で積極的に治療をおこないます。手術療法には筋腫のみを取る方法と子宮全てを取る方法とがあります。妊娠を希望する場合は子宮筋腫のみを摘出する方法を取りますが、子宮筋腫は子宮があり、エストロゲンの分泌が活発な間は筋腫だけを取っても再発する可能性があるため、妊娠の希望がない場合や年齢、筋腫の状態、症状の程度などによっては子宮全てを摘出するケースもあります。手術には開腹手術、腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術があり子宮筋腫の大きさや発生場所などによって決定されます。

喫煙者はできない薬物治療

薬物治療には女性ホルモンを停止させ、閉経と似た状態にさせるGn-RHアゴニスト療法(偽閉経療法)があります。1か月に1回注射をする方法、1日2~3回鼻に薬を噴霧する方法などがあります。この治療法は筋腫が小さくなり症状が緩和されますが、一時的に女性ホルモンを停止させるので、更年期に似た症状や、骨粗しょう症になりやすく一般的には6か月間の使用が限度になります。薬物治療には他にピルによって月経痛の軽減や月経量を抑える治療もありますが長期間の服用で副作用が出たり、40歳以上や肥満の方、高血圧の方、タバコを吸う方では「血栓症」(血のかたまりで血管がつまる病気)の危険性が高くなるため服用できないなどの条件があります。

また、いわゆる避妊リングに女性ホルモンの一種の黄体ホルモンを放出させる機能を持たせた子宮内システムは、出血の量を抑えたり、月経痛を抑える効果があります。他には漢方薬による治療法もあります。いずれにせよ薬物治療で子宮筋腫がなくなることはないため、症状緩和のための一時的な対処、閉経が近い場合は閉経までの対処、手術の前の補助治療としてなされることが多いです。

「サプリが有効」の根拠はない

子宮筋腫は悪性のがんではないので命を左右するものではないということと、エストロゲンによって大きくなるので閉経すれば萎縮して症状もなくなるため、閉経までの期間をどう対処するかが治療の選択のポイントとなります。治療法の選択は症状の程度や年齢、妊娠の希望の有無、不妊の原因の有無、生活スタイル、個人の考え方や希望なども含め患者さんが一番有益な方法が選択されます。一部、子宮筋腫に有効なサプリメントなどが売られていますが有効であるという根拠はなく、過剰な期待をもつことは避けたほうがよいでしょう。いずれにせよ積極的な治療はせず経過観察や対症療法に留まるのか、積極的に治療をおこなうのかも含め、自分に一番合う治療法を選択することが大切です。

患者が増加している子宮筋腫の治療法についてご紹介しました。もしかして子宮筋腫かもしれないと不安に感じている方や、この病気に関する疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?

関連するQ&A

Q

子宮内膜症と子宮筋腫について

45才です。先日 子宮筋腫(4センチ程一個子宮真ん中あたり)と内膜症と診断され、右卵巣(チョコレート膿腫4センチ)子宮全摘出を勧められました。生理も長く多量出血で 貧血もヘモグロビンが6.2でした。年齢的にも手術のほうがいいのかなと思いましたが なるべくなら 薬物治療が希望です。偽閉経やビルのお話は聞いたのですが 黄体ホルモン療法という治療はどうなのでしょうか?更年期の症状などとても心配です。 (40代/女性)

40代/女性
Q

子宮筋腫手術について

46歳の主婦です。44歳の時生理が止まらず、リュープリン注射で止めました。また今年3月から生理が止まらずプラノバール剤で止めてます。粘膜下筋腫、筋層内筋腫で5?と2?ぐらいのがあるそうです。貧血もひどいです。病院では、手術かホルモン療法でにげきるかは、私の判断にまかす、と言われ迷ってます。あと4,5年もホルモン療法で治療する副作用が怖いです。もし手術で子宮摘出のリスクとリュープリンを半年ごとに打つのとどちらがいいですか?筋腫の手術のリスクは? (40代 女性)

40代/女性
Q

子宮筋腫の手術

過去に子宮筋腫の核出手術を2回してます。前回の手術は4年半前です。 今回また筋腫が見つかり(粘膜下、筋層内など多発)、ゆくゆくは手術になるのですが前回癒着が酷く、今度手術の時は子宮全摘した方がいいと言われています。現在、大きい筋腫が4センチ(粘膜下)その他は1センチ〜2センチ(筋層内)が多数、生理が二週間近く続く(後半は少量)状態です。貧血はありませんでした。とりあえず経過をみる事にして、三ヶ月後にまた検診です。未婚で出産の経験もないので、子宮全摘はしたくないのです。 筋腫が育つのをストップさせるクリップで止める方法は保険がきかない50万程かかるし、ホルモン療法は副作用があるし。 出産の予定があれば考えますが、現在全くないので考えられません。今は子宮を残したい思いがあるだけです。 現在、40歳で1度目は27歳の時、2度目は35歳で手術しました。 やはり、これから症状が酷くなって手術となった場合、全摘するしかないのでしょうか。 (40代/女性)

40代/女性
Q

追加でお願いします

もう一つ質問ですが、子宮の外側にできる筋腫でも肉腫って事もあるのですか?肉腫は子宮の壁の中にできる筋層内筋腫や粘膜下筋腫と間違いやすいのじゃないのですか? (30代/女性)

30代/女性
Q

ミレーナについて

過多月経の場合はミレーナが保険適用になったということを最近知りました。 私の場合ミレーナを装着できる可能性はありますか?また以下の症状にミレーナは有効でしょうか? ・ 40代後半、出産経験なし ・ 昔から過多月経で、今も貧血のため鉄剤服用中 ・ 漿膜下筋腫6cm、筋層内筋腫2cm各1個あり。子宮内腔は軽度変形あり ・ 医師より閉経まで最低でもあと5年はあるだろうと言われている ・ 今のところ手術予定はなし 次の生理が来たらリュープリン注射を開始する予定ですが、最近になってミレーナというものを知り、自分の症状に有効なのか気になっています。 貧血改善のためには、やはり偽閉経療法の方がメリットは大きいでしょうか? 偽閉経療法は副作用と費用、1クールでは閉経しそうにないという医師の話などから先が見えず、続けられるか不安です。 (40代/女性)

40代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。