子宮筋腫になると妊娠できない?治療、手術で改善する?

  • 作成:2016/02/01

子宮筋腫には、大別すると薬物と手術による治療があります。病気そのものに加え、治療では、子宮や女性ホルモンへの影響があるため、妊娠に大きく影響します。どのような影響があり、治療で改善するのかを、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

平松晋介 監修
ちくご・ひらまつ産婦人科医院 院長
平松晋介 先生
女性

月経時出血増が1つのサイン

子宮筋腫とは、子宮にできた良性のこぶのことです。子宮筋腫は、筋腫の大きさや数、できた場所などによって症状の個人差が大きく、人によってはまったく自覚症状がない人もいます。

しかし、子宮筋腫ができると月経時の出血が多くなったり、出血の期間が長くなったり、貧血になってしまう人もいます。また月経と月経の間の不正出血や、性交後の出血が確認されることがあります。子宮筋腫が大きくなると、月経痛が激しくなり、月経中以外も骨盤部に痛み、圧迫感、重苦しさなどを感じることがあります。筋腫が子宮の内部や外部を圧迫するため、下腹部に痛みや圧迫感を感じることもあります。筋腫がさらに大きくなると、膀胱を尿道を圧迫し、便秘、頻尿、排尿障害を引き起こすこともあります。

また、子宮筋腫によって卵管が塞がれたり、子宮が変形してしまったりすると、不妊、流産、早産などの原因となることもわかっています。このため、月経痛や大量の出血などの自覚症状がなくても、不妊、流産、早産などがある場合は、婦人科で検査を行い、子宮筋腫と診断された場合は早めに治療を行うことが大切です。

複数種類ある手術治療

子宮筋腫の治療は、薬物療法と手術の2種類に分けられます。薬物療法では、ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)またはピルと呼ばれる飲む避妊薬を使って女性ホルモンの働きを抑えて筋腫を小さくします。

手術は、子宮全体を取り除く「子宮摘出術」と、筋腫だけを取り除き子宮を残す「筋腫摘出術」があります、手術の方法は、従来からある開腹手術以外に、おなかにカメラや器具を入れる穴を数個開けて手術を行う腹腔鏡下手術や膣からカメラや器具を入れて手術を行う子宮鏡下手術があります。

この他に子宮動脈に栓をして子宮筋腫への血液の流れを遮り筋腫を小さくする子宮動脈塞栓術や超音波で筋腫細胞を死滅させる集束超音波治療など、多くの方法があります。

手術後、子宮が破裂する危険性も

薬物療法の場合は、女性ホルモンの分泌を抑えるため、一時的に排卵だけでなく、月経自体が止まることもあります。そのため、治療後に妊娠を希望する場合は、薬物療法が終わり、再び排卵があることが必要となります。薬物療法が終わってから妊娠を希望するときは、医師に妊娠のタイミングについて相談することが大切です。

手術の場合、子宮摘出術を行った後は妊娠ができなくなります。これに対して筋腫のみ取り除く筋腫摘出術の場合は、手術による傷が回復して、子宮が着床できる状態になれば妊娠が可能です。ただし、筋腫摘出術の後に妊娠すると、妊娠中に子宮が破裂する危険性がまれにあります。そのため、筋腫摘出術の後に出産するときは帝王切開を行う事が多いです。また、筋腫摘出術を行った後に筋腫が再び増えたり大きくなることがあるため、人によっては筋腫摘出術の後に、子宮摘出術が必要になるこケースもあります。

なお、子宮動脈塞栓術や集束超音波治療は、治療後に妊娠できた方も多く出てきていますが、妊娠への影響がある可能性があるため、妊娠を希望する人への治療は十分な検討が必要です。

妊娠希望か否かで変わる対応

薬物療法は、通院のみで治療できる一方、薬による副作用や、治療後に筋腫が大きくなってしまうなどのデメリットがあるため、主に筋腫を小さくして手術をしやすくするときや閉経が近く今後妊娠を希望しないときなど行われます。

手術の場合、子宮摘出術を行った後は再発の可能性がなくなりますが、妊娠ができなくなるため、子宮摘出術を行う場合は、妊娠を希望しない方が対象になります。子宮を残す筋腫核出術は、手術後の傷が回復し、着床が可能であれば妊娠、出産が可能です。そのため、妊娠を希望し、かつ筋腫が不妊や流産の原因であるときは筋腫核出術を行います。

手術の方法として、開腹手術は筋腫が大きいときや癒着があるときも取り除くことができますが、手術後の回復に時間がかかります。腹腔鏡下手術や膣から子宮内腔にある子宮筋腫を核出する「子宮鏡下手術」、膣から子宮摘出を行う「腟式子宮全摘術」は、おなかに傷が残りにくく比較的回復が早いですが、筋腫の大きさや数によっては開腹手術でないと対応できないことがあります。

また、腹腔鏡で子宮周囲の処理を行い、膣から子宮を摘出する、「腹腔鏡補助下腟式子宮全摘術」と呼ばれる方法は負担の少ない手術で、行っている施設も増えつつあります。

増加傾向にある子宮筋腫の妊娠への影響をご紹介しました。もしかして子宮筋腫かもしれないと不安に感じている方や、この病気に関する疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?

関連するQ&A

Q

子宮筋腫の術法について

よろしくお願いします。体外受精(顕微)をしています41歳です。2度目の採卵後、子宮筋腫(筋層内)が大きくなったとのことで一旦治療をフリーズし筋腫の治療を優先することになりました。MRIによると入口カテーテルが通らないくらい圧迫してるとのことで移植に影響があるようです。大きさは6センチほどです。受精卵を凍結しています。 私の考えでは腹腔鏡で筋腫を取り、移植できるまでに回復する期間中にできるだけ採卵をしていこうと考えていました。 ですが、今日のドクターの話ですと ・術前に筋腫か肉腫かは判断できるものだが、器具を入れて中で小さくして引っ張るときに肉腫としたとして散らすおそれがあり、腹腔鏡の器具が禁止された(ドイツ製の器具でないため?) ・腹腔鏡ですと処置が甘くなる場合があり妊娠中に子宮破裂の恐れがある とのことで、小さく開腹し両脇に穴をあける方法でやろうかなと提案されました。 私の考えでは、 身体への負担が少ない・術後の回復が早い・移植できるまでの期間が短い・癒着の心配が少ない などとの理由から腹腔鏡の方がいいかな?と思っていましたので、ドイツ製の器具のある病院でなら腹腔鏡を希望できるものなのかも気になってしまいました。 私自身知識不足、また今日聞いてきた話の理解が違っているかもわかりませんが、 質問 腹腔鏡術の現状 腹腔鏡術と開腹術の予後の違い 私のような状況でどんなことを考えて選べばよいか を、教えてください。よろしくお願いします。 (40代/女性)

40代/女性
Q

子宮筋腫手術について

約7センチ強の子宮筋腫と診断を受けて2年半年.現在、筋腫は一番大きいのは約10センチ他に小さな筋腫が2個程です。 手術するなら腹腔鏡手術で子宮全摘出手術を希望しておりました。 先日、J大学病院の腹腔協外来を受診し腹腔協手術で子宮全摘出を希望しましたが子宮全摘できる技術の腹腔鏡医が入院中で現在は子宮筋腫核手術のみ受付しているとの事。 都内でも腹腔鏡で子宮を全摘出できる先生は数少ないとか・・。 私の場合、MRIで状態を把握した上で他病院で腹腔鏡or開腹手術をすべきか判断まちなのですが。子宮全摘出希望で筋腫核手術は視野に入れていません。 >大きな子宮筋腫をかかえる身としては、早く手術をしてつらい貧血やお腹の圧迫感から開放されたいと思っています。 今から又病院探しをして一から診断を受けるとすれば手術待ちの可能性の高い腹腔鏡の子宮全摘手術より手近の病院で安全な開腹手術を選択すべきか迷っています。 婦人科の先生!ぜひアドバイスよろしくお願いします。 (40代 女性)

40代/女性
Q

子宮筋腫のPについて

子宮筋腫で通院中です。MRI検査の結果筋腫多発でOPの予定をしています。その時に多発しているなかでも大きな2個だけを取って子宮を温存(腹腔鏡)・まず腹腔鏡でなかの筋腫を取って膣から子宮を出す全的術・開腹術・・どうするかを次の受信日までに考えてくるようにとのことでした。数個を取っても残りの筋腫が大きくなるとまた手術とのことでしたので・・いっそのこと全摘出でもいいのかとも思うのですが・・・一般的というか・・ どんなものですか?教えてください。 (40代 女性)

40代/女性
Q

子宮筋腫手術•開腹か腹腔鏡か迷っています。

現在36歳、妊娠を希望しています。 子宮筋腫の核摘出手術の手術方法で決断ができずにいます。 ご意見をお聞かせいただければと思います。 1年4ヶ月前に自然妊娠した際、8センチの筋層内筋腫が発覚、影響は不明ながら初期流産でした。 筋腫は切らずに様子見と診断されたのですが、1年間妊娠せず、筋腫を先に取るほうが良いかもとの再診断。 MRIで詳しく調べると、他にも1〜2センチの筋腫が3,4個あり、多発性でした。生理痛や生理の量は普通です。 手術方法は開腹を勧められましたが、 開腹手術することで卵管が癒着して不妊になる可能性もあると聞くと、開腹手術がとても不安です。 そして開腹手術をするならば、横切りでお願いしたかったのですが、 その後妊娠できても帝王切開なので、傷が十時になる可能性があると聞くと躊躇します。 そこで迷っています。 筋腫の再発はほぼ免れないのなら、 多少の取りこぼしがあれど、妊娠に影響がありそうな筋腫を腹腔鏡にて取ってもらうほうが 妊娠が目的の現在の自分の希望に沿うのですが、 開腹で現時点での筋腫をすべて取り除いておくほうが長い目でみて良いのでしょうか。 手術後の、癒着による不妊が怖いです。 腸閉塞の可能性もあるとか。 癒着の可能性が多少低い腹腔鏡を選びたいと 本音では思っているのですが、 開腹を勧められた手前決心がつきません。 それぞれの術式のメリット、デメリットはおおむね理解しておりますので、恐れいりますが、 「もし自分が執刀するなら」の観点から どちらの術式を取るか(もしくは手術をしないか) お聞かせいただければ、 ありがたく判断のひとつの材料とさせていただこうかと思っています。 どうかよろしくお願いします。 (30代/女性)

30代/女性
Q

子宮筋腫の手術について

43歳独身です。子宮筋腫の手術の術式についてお聞きします。 お腹の圧迫感があり婦人科で診てもらったところ、大きな子宮筋腫がたくさんあり手術を奨められました。総合病院でMRIをとったところ『変性子宮筋腫』を疑う腫瘍が多発とのことで、全摘を奨められました。 子宮が筋腫で覆われてしまっている状態のようです。(大きいもので10センチ他5センチ数個) また去年、乳がんの温存手術を受け(非浸潤)放射線治療後、現在、ノルバデックスを服用しています。薬の影響で筋腫を大きくしてしまったようです。 検査前は筋腫のみの核出を希望しようと思いましたが、これからまだノルバデックスを飲み続けなければならず筋腫のみの核出は再発の可能性もあり、また出血や癒着など体への負担と年齢を考えると全摘が良いでしょうか? (40代/女性)

40代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。