妊娠糖尿病の胎児・母体への影響 奇形・巨大児が多い?切迫早産、帝王切開との関係も解説

  • 作成:2017/02/13

妊娠糖尿病の場合、先天奇形や巨大児のほか、胎児の死亡の可能性もあります。また、胎児だけでなく、母体に影響がある可能性もあります。可能な限り早期対応することが重要です。妊娠糖尿病の胎児への影響について、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師

この記事の目安時間は6分です

女性医師

妊娠糖尿病患者は、3%から12%

妊娠糖尿病は、妊娠後に初めて発見、または発症した糖代謝異常のことを指します。妊娠前から糖尿病と診断されている場合には、「糖尿病合併妊娠」と呼びます。2010年に診断基準が改正され、今までの基準より厳しくなったため、妊娠糖尿病の割合が増えました。具体的には約3%から12%の妊婦が、妊娠糖尿病と診断されます。

食事によって摂取された糖分は、インスリンという膵臓から分泌されるホルモンで分解されエネルギーとして使用されます。インスリンの分泌が低下していたり、インスリンが効きづらくなっていると血糖値が上昇します。妊娠中は胎盤からインスリンに対抗するようなホルモンが分泌されるため高血糖になりやすいですが、健常な場合にはいつもより多くのインスリンが分泌されて血糖値を正常に保ちます。

しかし元々インスリンの分泌が少ない人やインスリンに対する抵抗性(インスリンが正常に働かない傾向)が強い人は、妊娠中に血糖値が上昇し妊娠糖尿病と診断されることがあります。妊娠糖尿病は母体だけでなく、胎児への影響もあるため早めに診断して治療を行うことが大切です。

奇形、巨大児の可能性も 新生児にも影響

妊娠糖尿病による胎児への影響にはどのようなものがあるのでしょうか。血糖値が上昇すると血管に悪影響が起きることが分かっており、妊娠中は母体と胎児をつなぐ胎盤の血管に悪影響が出ます。結果としては、胎児仮死、胎児死亡、先天奇形、巨大児、肩甲難産などによる分娩障害を引き起こします。

新生児の時のリスクとしては、新生児低血糖症、高ビリルビン血症、低カルシウム血症、多血症、呼吸窮迫症候群、肥大型心筋症、胎児発育遅延と呼ばれる病気がある場合があります。成長してからも肥満や糖尿病のリスクが高いことが分かっています。

胎児への影響を防ぐためには、インスリン注射による血糖コントロール治療が必要です。血糖値を適正にコントロールできれば、先天奇形や巨大児などになることを防げる可能性があります。もし適正にコントロールできない状態が長く続くと、早産、流産、先天奇形などのリスクが上昇するので、医師から妊娠継続が危険であることを伝えられる可能性もあります。

妊娠糖尿病の母体への影響

妊娠糖尿病は胎児だけでなく母体へも影響を及ぼします。妊娠初期には、妊娠自体による体調の変化があるだけでなく、初期の糖尿病の自覚症状も分かりづらいため、自分で妊娠糖尿病に気づくことは難しいと言われています。そのため妊婦健診などで早めに診断し治療をすることが大切です。治療をしないと母体に糖尿病合併症や産科な観点からの合併症を引き起こします。糖尿病合併症は、糖尿病ケトアシドーシス、糖尿病網膜症、糖尿病腎症などです。産科的合併症は、流産、早産(後述)、妊娠高血圧症候群、羊水過多症(後述)、巨大児による難産などの可能性があります。

妊娠糖尿病と帝王切開の関係 なりやすい?関係ない?

妊娠糖尿病では帝王切開になる確率を高めます。

赤ちゃんはお母さんの血液を通して栄養を受け取っているので、お母さんの血糖値が高ければ、赤ちゃんの血糖値も高くなります。妊娠中のお母さんは赤ちゃんに栄養を届けるためにインスリン抵抗性があがっています(インスリンが効きにくい状態)が、赤ちゃんは高血糖を維持する必要がないので、血糖値に合わせてインスリンも盛んに分泌されます。インスリンには、糖質を脂肪に変換して蓄積する働きの他、成長を促進させる作用もあります。インスリンが多く分泌されると、赤ちゃんは身長も体重も増加します。妊娠糖尿病では、巨大児の頻度が高いことが知られています。

産道はスペースが限られているため、分娩には時間がかかります。分娩に時間がかかると、それだけ赤ちゃんへのストレスが多くかかる様になります。そのストレスによって赤ちゃんの血管が収縮し、臍帯(へその緒)の血流量が減少していきます。赤ちゃんは栄養の他、酸素もお母さんの血液から臍帯を通して受け取っています。臍帯の血流量が減っているというのは、呼吸が止まっているのとよく似た状態です。初めは、陣痛の間だけこの状態が起きていて、間歇期(陣痛と陣痛の間の子宮収縮の無い時間)に回復しますが、長く続けば、赤ちゃんのストレスが大きくなります。その結果、間歇期にも回復しにくくなり、状態は悪くなるため、緊急的に帝王切開が選択されることがあります。

また、頭が大きくなりすぎてしまって骨盤の広さを超えてしまえば、そもそも産道に入ることすらできません。頭の大きさが骨盤の広さを超える状態を、「児頭骨盤不均等」と呼び、このような場合も帝王切開の適応となります。

妊娠糖尿病と切迫早産の関係 なりやすい?関係ない?

妊娠糖尿病では切迫早産のリスクが高くなります。

切迫早産の原因には、赤ちゃん側の要因として多胎妊娠、羊水過多、お母さんの要因として頸管無力症、生活習慣、絨毛膜羊膜炎、糖尿病などが知られています。

妊娠糖尿病でなぜ切迫早産になるかというと、糖尿病の状態の特徴として、「易感染性(いかんせんせい)」があることが挙げられます。易感染性とは、感染症にかかりやすくなっている状態を示す言葉です。

糖尿病では、まず皮膚、粘膜などの代謝が障害されることで、バリア機能が障害されます。すると、細菌やウイルスの侵入が容易になります。また、免疫細胞の働きが低下し、病原体が増殖しやすい環境になっています。

易感染性により、絨毛膜羊膜炎などの感染症にかかると、炎症によって子宮が強い収縮を起こすようになり、赤ちゃんが今にも押し出されてしまいそうな状況になります。この状態を切迫早産と呼びます。

また、妊娠糖尿病では羊水過多症の頻度が高くなります。羊水の主成分は赤ちゃんの尿です。糖尿病の患者さんでは、多飲・多尿の症状がみられます。血糖値が高いと、身体はそれを薄めるために口渇中枢に命令を送り、患者さんはのどが渇いたと感じやすくなります。その結果、水をたくさんのみ、その分尿量も増えていきます。

喉の渇きや水分の過剰摂取は、胎内の赤ちゃんにも起こり、お母さんから水分をたくさん受け取って、その分尿量も増え、羊水量が増加します。羊水過多症の場合、羊水量の多さからお腹がはりやすく、切迫早産や早期破水の原因となります。

家族に糖尿病患者がいるとなりやすい

妊娠糖尿病になりやすい人の特徴として、家族(特に両親・祖父母)に糖尿病患者がいる、35歳以上での妊娠、肥満、尿糖陽性、先天奇形や巨大児の出産歴がある、流産や早産の出産歴があるなどが挙げられます。出産後には血糖値が正常に戻ることがほとんどですが、妊娠糖尿病と診断された人はそうでない人に比べて将来糖尿病を発症しやすいと言われているので注意が必要です。



【妊娠糖尿病関連の他の記事】


妊娠糖尿病について、胎児や母体への影響などをご紹介しました。もしかして妊娠糖尿病かもしれないと不安に感じている方や、この病気に関する疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、ご活用ください。

関連するQ&A

Q

妊娠糖尿と赤ちゃん

妊娠糖尿と胎児が出すインスリンについて。35週妊婦です。33週の時、糖負荷検査で空腹時、二時間後は正常だったのですが、一時間後が血糖187で、妊娠糖尿と診断されました。五月と八月の血液検査はHbA1Cが5・7で高くはありませんでした。今、空腹時と、毎食後二時間血糖を毎日測ってますが、朝イチが低血糖気味なぐらいで、毎回正常値で血糖コントロールできてます。 今心配なのは、新生児低血糖です。母体の高血糖が原因で、胎児が自分でインスリンを分泌し、生まれてからもインスリンを分泌するために新生児低血糖になりやすいのですよね。そこで質問です。 質問1  今、私が血糖コントロールできれば、胎児のインスリン分泌の量も減りますか? 質問2  妊娠糖尿でない母の赤ちゃんでも、少しは自分つでインスリン出すもの?  質問3  分娩時、母体にブドウ糖を点滴しながら分娩しますが問題なし? 質問4  新生児が低血糖になっても、すぐブドウ糖点滴など対処すれば問題なし? 質問5  胎児が大きめと言われだしたのが28週。その後も大きいと言われてますが、巨大化はもう止められない? (30代/女性)

30代/女性
Q

妊娠糖尿病と胎児の大きさ、羊水多めについて

34週1日目の妊婦(35歳)です。 31歳の時に第一子(女の子)を3500gで自然分娩し、羊水は多めと言われていましたが、妊娠中も出産後も母子ともに異常なしでした。 出産後、20キロ体重が増加したまま第二子を妊娠したのが原因の一つかもしれませんが、29週で糖負荷検査にて妊娠糖尿病と診断され、現在は食事療法と夕食前のみインスリン2単位だけ打っています。 初期の血糖値検査では異常なしでした。 現在は、空腹時は大体70後半~90前半、食後二時間で100後半~110後半、何日かに一度、食事内容や体調によって、120~130の値が出てしまうことがあるという程度です。 主治医には、血糖値は順調にコントロールできていると言われています。 週に2回モニターとエコーをしています。元気に動いています。 中期から、時々羊水が多め、胎児も大き目だと言われており、34週1日の検診で、「羊水は正常値の上限ギリギリの多め」、「胎児は2700g位で大きい」と言われました。 超音波や今までの検査で明らかな異常は見当たらないということで、妊娠糖尿病で羊水が多めなのと胎児が大きいのだろうとのこと。 コントロールを開始する前に、血糖値が高い時期がしばらくあって、その時に大きくなったのかな、とのことでした。 水頭症でもまずないし、頭と足の大きさのバランスが悪いわけでもなく、全体的に大きいから頭も大きいとのこと。 血糖値のコントロールは順調なので、食事をもっと制限する必要はなく、このまま様子見しましょう、とのことでした。 34週1日で2700gですと、血糖値コントロールを順調に続けていけば、巨大児など、そこまで心配することはないでしょうか? また、羊水は正常値ギリギリ上限の多めというのも、第一子もそうでしたし、体質や妊娠糖尿病の影響で、超音波等で他に明らかな異常が見つかっていない状態では、胎児の異常等は考えなくてもよいでしょうか? (30代/女性)

30代/女性
Q

妊娠糖尿病について(早めに…)

もうすぐ妊娠35週になる妊婦です。 妊娠8か月の検診の時に妊娠糖尿病だとわかりました。(インスリン治療中) 3月末に帝王切開で産むのですが、妊娠糖尿病ってどれくらいの確率で治るのでしょうか? あと、今は切迫早産で入院中という事もあり、安静にしているのですが、妊娠糖尿病が後期でわかった場合子供の体の臓器はほとんど出来上がっているので、奇形児は産まれにくいと言われたのですが、大丈夫でしょうか? この2つの質問の回答お願いします。 (30代/女性)

30代/女性
Q

食後2時間の高血糖

妊娠28週です。 糖尿病合併妊娠ですが、食後2時間(特に朝食後)の血糖値が高く180~200超になることもあります。追加でインスリン投与することもありますが、次の食前では低血糖といえる数値を示すこともしばしばです。 今のところは標準の範囲内といわれていますが、この状態が続くと、胎児にどのような影響がでてきますでしょうか。 ちなみに糖尿病専門医には数値の報告を定期的にし、インスリン投与量を調整してもらっています。 よろしくお願いいたします。 (40代/女性)

40代/女性
Q

妊娠中の血糖値について

質問お願い致します!! 現在17週の2人目妊婦です。13週の時に血液検査をし17週で検査結果を聞いた所、血糖値121ありました。半年前(非妊娠時)に大学病院で頭痛外来に通院している時に血液検査(食後2時間後)をした所256もあり、1ケ月後に再検査(食後2時間後)したら85でした。 それと1人目の時は血糖値は問題無かったのですが赤ちゃんは38週で4050gで産まれました。産後母子共に血糖値の検査をしましたが異常なし。(27週~36週まで切迫早産で入院あり) 妊娠前は163/52。17週で54キロです。私は隠れ糖尿病なのでしょうか? 切迫早産の時にウテメリン+ブドウ糖の点滴を長い事受けていましたが、それが原因で巨大児、血糖値が現在上がってしまっているのでしょうか? 糖尿病になると奇形もあると言われ、不安で仕方ないです。 乱文で申し訳ないですが宜しくお願い致します。 (30代/女性)

30代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。