クラミジアの不妊リスク、再発可能性、予防方法 早産や流産の危険も?男性の精子への影響とは?

  • 作成:2016/04/07

クラミジアは、男女ともに不妊の原因となりますし、治療を途中でやめると再発することがあります。不妊や再発を防止するためにどのようなことができるのかを含めて、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

近藤恒正 監修
落合病院 副院長
近藤恒正 先生

この記事の目安時間は3分です

クラミジアと不妊の関係を知ろう

クラミジアで女性は不妊に 流産や早産のリスクも

クラミジアは、男女ともに不妊の原因となることがわかっています。女性の場合は、性交でクラミジアに感染すると、子宮頸部(子宮の入口付近)からクラミジアが侵入し、やがて子宮内部を通って卵管までいたると、卵管に炎症を起こしてはれたりつまってしまったりすることがあります。結果として、精子が卵管を通って受精することが難しくなるだけでなく、受精できたとしても受精卵が卵管を通れないために、子宮までたどりつけないことがあります。また、クラミジア感染によって、卵管や卵巣が他の臓器とくっつく癒着を起こすと、不妊の原因となることがあります。

クラミジアは、不妊の原因となるだけでなく、流産や早産の原因となることもわかっています。これは、クラミジアの感染によって「頸管炎」を起こし、子宮が過剰に収縮してしまうためと考えられています。

なぜクラミジアで男性も不妊に?

また、女性だけでなく、男性がクラミジアに感染したときも不妊の原因となることがあります。男性はクラミジアにかかると、尿道から精子の通る「精管」へと侵入し、やがて精巣の近くにある「精巣上体」という臓器が炎症を起こしてしまうことがあります。

男性の体内では、睾丸(こうがん)内の「精巣」という部分で、精子が作られ、精巣上体を通過して体外へ出ます。しかし、精巣上体という臓器が炎症を起こしてしまうと、精子の量が少なくなってしまったり、精子の働きが低下してしまったりすることがあり、不妊の原因になることがあるのです。また、炎症により精子の通路が閉塞してしまったりすることも、男性の不妊の原因となります。

クラミジアは再発する?

クラミジアの治療中に、自己判断で治療を中断してしまうと再発する可能性があります。特に、自覚症状がなくなったからといって、薬を飲むのをやめてしまうと再発することが珍しくありません。クラミジアの治療を始めると、原因となるクラミジアの増加が抑えられるため、次第に自覚症状が軽減されてきます。ただし、自覚症状がなくなっても体内には症状が現れない程度の量のクラミジアが潜んでいます。そのため、治療の途中で薬を中断すると、再びクラミジアが増えることで、症状が再発してしまうのです。ただし、医師の指示通りに決められた期間薬を服用し続ければ、再発することはほとんどありません。

また、クラミジアをはじめとする性感染症は、パートナーと性交によって感染してしまうことが多いため、一度完治しても再感染することが少なくありません。クラミジアに感染していることがわかったら、パートナーと一緒に治療し、治療後は検査を行いクラミジアに感染してないことを確認することが大切です。

クラジミアによる不妊や再発を防止するために

クラミジアは感染力が強いため、一度の性交でクラミジアに感染してしまうことが少なくありません。クラミジアによる不妊や再発を避けるには、男女ともクラミジアに感染しないことが最良の方法です。性交の際には、オーラルセックスのときも含め、毎回正しい方法で最初から最後まで可能な限りコンドームをつけ、不特定多数との性交を避けることが、クラミジアを含むすべての性感染症のリスクの低下につながります。不特定多数との性交は、クラミジアだけでなくすべての性感染症にかかるリスクが高くなることが明らかになっています。

ただし、クラミジアは初期の段階では男女ともに自覚症状が現れないことが多い病気です。また、クラミジアを発症した場合、自覚症状があっても軽いことが多いですが、わずかな体の変化を見逃さないように、気づいたら早めに医師に相談するようにしましょう。繰り返しますが、クラミジアは、パートナー間による感染が多いため、クラミジア感染がわかったら、患者本人だけでなくパートナーも同時に治療を行うことも大切です。

クラミジアに関するその他の記事


クラミジアの不妊リスク、再発可能性、予防方法についてご紹介しました。クラミジアは予防することが可能な性感染症であり、感染したときは早期に治療を始めれば、不妊の原因となることはほとんどありません。しかし、クラミジアと不妊について不安に感じている方や、この病気に関する疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?

関連するQ&A

Q

クラミジア治療の際医師から妊娠できなくなると言われたのですが

最近すごく悩んでいる事がありまして、2年半ほど前にクラミジアに感染したようで、おりものがかなり臭うなどの自覚症状はあったのですが1年以上放置して、まさかとゆう気持ちで検査したところクラミジアと診断されました。薬の服用で完治したのですが、それから4ヵ月後位にクラミジア感染中と同じような症状が現れたので再度検査したところやはりクラミジアでした。その際医師の方から妊娠できなくなるよ…との忠告を頂いたのですがクラミジアが不妊につながるとゆう事は知っています。しかしクラミジアに感染して妊娠できなくなった女性は確立で言うとどれくらいなのですか?またクラミジアは何が原因で不妊を招くのでしょうか?まだ未婚なのですが不妊検査には行けるものなのでしょうか?お忙しいところ大変申し訳ないのですが返答頂けますようよろしくお願い致します。

Q

クラミジアの感染経路

彼がクラミジアと言われました。 症状は唾液腺炎→精巣上体炎という順で腫れ、クラミジアに効く薬を服用して治ったのでクラミジアだということでした。 性行為をせずにクラミジアになることはありますか?? (20代/女性)

20代/女性
Q

クラミジア感染症について

前に妊娠していた時にクラミジアに感染している事がわかりましたが、クラミジアは性交でしか感染しないのでしょうか?私は旦那としか性交してないのにクラミジアに感染したのか不思議です。旦那が別の人からクラミジアをもらってきたのでしょうか?性交以外にクラミジアに感染することはあるのでしょうか? (20代/女性)

20代/女性
Q

クラミジアについて

クラミジアになり薬で完治しても、一度なると再びクラミジアに感染しやすくなると 聞いたのですがこれは相手がクラミジア感染していたらの話でしょうか? それとも相手が何にも感染していない場合でもクラミジアに 感染してしまうのでしょうか?

Q

咽頭クラミジア

現在、30歳、既婚、妊娠希望のものです。ホルモン検査等の不妊検査を受けている最中ですが、気になることがあったので質問させてください。20代前半に二度ほどクラミジアに感染しました。どちらも治療後の再検査で、陰性を頂き治療は終了しました。昨年、結婚したのですが(クラミジア感染したときとは別の彼です)、結婚の際に受けたブライダルチェックでもクラミジアは陰性でした。しかし、咽頭クラミジアの検査は受けたことがないので心配になりました。症状は特にありません。旦那さまにも特に症状はありません(交際期間を入れて性交歴2年ほど)。クラミジア→不妊?と言われているのでとても心配です。すぐにでも耳鼻科で検査した方がいいでしょうか?また咽頭クラミジアも不妊の原因になるのでしょうか?よろしくお願いします。 (30代 女性)

30代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,000人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。