切迫流産の診断と検査 「12週未満」と以降で違う?エコーやホルモン検査などを解説

  • 作成:2015/12/18

切迫流産は、その診断が非常に難しいことが多いです。また、妊娠12週未満と、12週以降とでは診断方法が違います。診断方法の概要について、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

近藤 恒正 監修
落合病院 副院長
近藤 恒正 先生

この記事の目安時間は3分です

切迫流産の診断方法を知ろう

「切迫流産?」なら産婦人科へ

切迫流産が疑われた場合、受診するべき診療科は、婦人科あるいは産婦人科です。妊娠が発覚している段階であればかかりつけの病院があるはずですし、妊娠が未発覚の状態でも不正出血や下腹部の痛みで受診するのは産婦人科になります。

切迫流産の検査の概要 超音波検査?ホルモンを調べる?

検査は内診・超音波検査・妊娠すると分泌されるホルモン(hCG:絨毛性ゴナドトロピン)の検査が主となります。

内診で子宮口や子宮頸部の状態を確認し、超音波検査で子宮内部の状態や胎児の心拍の有無を調べます。また、尿中あるいは血中のhCGの変化を一定期間に渡って観察することもあります。

妊娠初期か中期かで異なる診断方法 12週未満では?

切迫流産の診断方法は、「妊娠12週未満」の時期と「12週から22週の間」の時期とで、やや異なってきます。

「妊娠12週未満」:

腹痛や出血がある状態で、超音波検査によって胎児の心拍が確認されれば切迫流産と考えられます。腹痛や出血がありながら、心拍が確認されなければ、既に流産が進行している状態である「進行流産」と判断されます。

ただ、妊娠のごく初期の場合では、超音波検査を行ってみても、胎児の心拍どころか胎児を包む「胎嚢(たいのう)」も確認できない事があるため、胎囊や心拍が確認できないからといって、育っていないとはいえません。

超音波検査ではっきりわからない場合、尿や血液のhCGの値を調べる方法があります。hCGを調べる検査は、結果が出るまでには時間がかかりますので、不正出血や強い腹痛があった時点で、切迫流産と診断して経過観察とし、hCG値などの検査結果が出るまで胎児の成長を待つことになります。

hCG値が増加していれば妊娠は順調に進行している可能性が期待できますが、逆に減少していれば胎児は成長していない可能性が高いということになります。数週間に渡る経過観察を行って、胎児の成長が確認できなければ、「流産」という結論になるでしょう。

流産とあまり関わりのない「子宮腟部びらん」「頸管ポリープ」「胞状奇胎」といった疾患が原因で出血している場合は、内診もしくは超音波検査で比較的早期に切迫流産ではないことがわかります。

また、子宮につながる子宮頸部の状態を調べることもあります。子宮頸部がきつく閉じられていればひとまず安心ですが、子宮口の緩みが確認されれば切迫流産の可能性があります。

また、子宮頸部が閉じていても、胎児が死亡していて子宮内容物が全く外に出ていない「稽留流産(けいりゅうりゅうざん)」の可能性もあるため、その後も慎重に観察する必要があります。

妊娠12週未満の切迫流産の検査は、さまざまな可能性を探りながら、実施していくこととなります。

12週から22週の場合は?

「妊娠12週から22週未満」:

妊娠12週から22週未満の時期になると、超音波検査で胎児の姿や心拍がはっきりと捉えられるようになります。

性器出血や強い腹痛がある場合で、胎児の心拍が確認できるようであれば切迫流産の可能性を考えて良いでしょう。

また、超音波検査で内子宮口が開いてきていたり、頸管の長さが短縮しているといったことが確認されれば、切迫流産の可能性があります。

切迫流産の診断は難しい

以上のように、切迫流産の状態を一つの検査結果から判断することは難しく、すでに胎児が育っていない「流産」であることを確定させるためにはさらに慎重な検査が必要になります。

検査結果をどうとらえて良いのかわらかない場合は、医師に納得できるまで考え方を聞くのがよいでしょう。



【切迫流産関連の他の記事】


切迫流産の診断方法などをご紹介しました。もしかして切迫流産かもしれないと不安に感じている方や、この病気に関する疑問が解決されない場合には、医師に気軽に相談してみませんか?

関連するQ&A

Q

切迫流産の定義

切迫流産について教えてください。 現在12週なのですが8週ころから時々出血がありました。 アドナとダクチルを処方してもらっています。 疑問なのは切迫流産について調べると「性器出血はあるけれど超音波検査で赤ちゃんの心拍動が見られ生存が確認された場合の診断名」とありました。 出血が心配で診察を受けても超音波検査で赤ちゃんはすこぶる元気に成長していることが確認されています。 しかし先生からは「念のためお薬を飲んで様子をみてください」としか言われていません。 子宮内に血があるわけでもないと言われています。 安静の指示もないのですが今週は毎日少しずつですが茶褐色の出血がありましたので無理をせず安静を心がけています。(おりものシートにつくくらい) 出血があっても赤ちゃんは元気。 それでも切迫流産とも診断されず。 私の場合は切迫流産よりも軽い症状のため切迫流産とは診断されていないのでしょうか? 赤ちゃんが元気なのでとりあえずは安心してますが、毎日血を見るのでドキっとしてしまいます。 (20代/女性)

20代/女性
Q

切迫流産の所見について

切迫流産のときエコーでは胎児心拍の確認だけなんでしょうか?? 子宮内の出血などもエコーで確認できて切迫流産などの診断がつくのですか?? (20代/女性)

20代/女性
Q

切迫流産の後 癒着が心配

初診で妊娠6週と診断されましたが、胎嚢(二ミリ)が確認できても心拍が確認されず切迫流産と診断され、二週間後、胎嚢が大きくならず妊娠4週とカルテに改訂されました。その後出血 腹痛 腰痛があり 流産し、尿検査も妊娠反応が薄いマイナスの数値で 超音波で見ると 子宮が 正常に近づいているので 掻爬手術すると感染症が心配とゆうことなので パルタンM錠三日分 服用しました 服用後は 出血もないのですが 骨盤のあたり(脇腹近く)に 鈍痛が あります ひにちが、たつたび 少なくはありますが 癒着や不育症(生理の血がすくないので)が心配です 10年前に 妊娠二ヶ月で一回中絶したのが 今回の流産に 関係あるのか 次の妊娠に際して 何に 気を付けたら よいか 教えて下さい。 次の検診は 来月なので それまで 受診したほうが よいでしょうか? よろしくお願いします。 (30代/女性)

30代/女性
Q

現在妊娠11週、橋本病に関して質問です。

現在妊娠11週です。胎児心拍が確認されたときから、切迫流産のため自宅安静となっています。過去に一度、10週で係留流産をしています。そのほかに妊娠、出産の経験はありません。 半年前に動悸が続いた時期があり、その際に受診した内科で甲状腺の値も調べたところ、FT3,FT4は正常値でしたが、TPO抗体、Tg抗体、TSHが高値でした。頸部エコーの所見とあわせて橋本病と診断されましたが、ホルモン治療は必要ないとのことで、1年ごとに経過観察する方針となっていました。過去に一度流産しているため、橋本病との関連が気になりましたが、「ホルモン値が正常の橋本病であれば妊娠出産に何も影響はない、流産とは関係ない。症状がなければ一年後の受診を。」といわれたため、今回妊娠発覚後も受診はしていません。 今回の妊娠も切迫流産のため、再び橋本病との関連が気になり、産婦人科の医師にも橋本病と診断されたことがあることは伝えましたが、特に何も言われませんでした。 先日、甲状腺ホルモンの値が正常でもTSHが高値の場合はチラージンを内服することで流産リスクを下げられる可能性がある、というようなインターネット上の記事を読みました。 現在切迫流産の状態なので、今からでも内服すれば流産のリスクは下げられるのでしょうか。それとも、内科の医師が言っていたように、ホルモン値が正常の橋本病の場合は、治療する意味はないのでしょうか。 意見がばらばらで何を信じていいのかわからず相談させていただきました。 ご回答よろしくお願いいたします。 (20代/女性)

20代/女性
Q

流産の可能性が高いでしょうか?

長文失礼します。 現在妊娠9週4日ですが、昨日の夜にトイレで少量の出血(鮮血)がありました。今日は一日中安静に過ごしていましたが、夜に上の子とお風呂に入った後、強めの腹痛があり、下痢とその後また膣から少量の出血(鮮血)がありました。 胎児心拍は今までに2度確認できている(最終診察は9週0日)のですが、8月にも妊娠8週で心拍確認後に稽留流産しているので不安で仕方ありません。 やはり、今回も流産の可能性が高いのでしょうか?まだ望みはあるのでしょうか? そして、今日は休日だったので産院に電話連絡した際、「診察して切迫流産と診断されても今の時期は医学的に何も治療や対処はできない」と言われました。でもインターネットで調べると妊娠初期に子宮収縮抑制剤を処方されたり、入院治療している方もいると知りました。今の時期に切迫流産でも何もできないというのは本当でしょうか? ご回答よろしくお願い致します。 (20代/女性)

20代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,000人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。