女性の更年期障害症状とかかる年齢 うつ病に似ている?

  • 作成:2015/12/17

更年期障害は、ホルモンの減少で起きる女性に多い病気です。特に、原因となる体の変化は見つかりませんので、ホルモンの少ない状態に体が慣れるまで対応するのが一般的です。また、うつ病や甲状腺の病気と症状が似ている部分がありますので、注意が必要です。なりやすい年齢を含めて、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

近藤 恒正 監修
落合病院 副院長
近藤 恒正 先生

この記事の目安時間は3分です

中年女性

更年期障害は50歳前後の女性に多い

更年期障害とは、閉経を中心とした約10年間の「更年期」と呼ばれる時期に、体や心の不調があるものの、特定の病気や体の異常がみられない状態のことです。更年期障害が最も起こりやすいのは45歳から55歳前後の女性ですが、閉経が早い人は、更年期障害も早い時期に現れます。また、更年期障害の多くは女性に起こりますけれど、男性にも更年期による変化と思われる症状がみられることがあります。

更年期障害の原因は、40歳を過ぎたころから卵巣の働きが衰えることで、「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が減るためです。体内のエストロゲンが急減してしまうと、全身機能のバランスを調整する自律神経の働きが乱れ、体や心の不調がみられます。また、更年期障害は、患者さん本人の体の変化だけでなく、家庭や職場などの人間関係などをはじめとする社会的、環境的要因も複雑に影響しているとされています。

更年期にはほとんど自覚症状がない人がいる一方で、更年期障害によって日常生活に大きな支障が及んでいる人もいるなど、現れる症状や程度に個人差が大きいというのも特徴です。体や心の不調を感じて医療機関を受診したものの明らかな異常がみられないときには、更年期障害の可能性があると考えられます。思い当たる場合は、一度婦人科に相談してみましょう

心と体、両方の症状がある

更年期障害の症状には個人差がありますが、大きく分けると身体の症状と心の症状の2種類があります。このうち、最初に現れやすい症状として、突然の大量の汗、のぼせやほてり、不眠などがあります。これ以外の主な身体の症状には、頭痛、めまい、動悸、倦怠感、関節痛、肩こり、腰痛などがあり、女性の場合はとくに肩こり、腰痛が現れやすいとされています。心の症状として主なものは、イライラ、不安、不眠、記憶力低下、もの忘れなどがあげられます。

うつ病や甲状腺の病気に似ている

更年期障害であるかを診断するためには、問診や診察の他に、血液検査などのを行うことがあります。また、更年期障害は甲状腺の病気やうつ病などと症状が似ているため、これらの病気でないことを確認するための検査を行うこともあります。

更年期障害の治療は、体内に不足しているエストロゲンを飲み薬、貼り薬、塗り薬などで補うホルモン補充療法(HRT)が中心です。ただし、この薬は、乳がん、脳卒中など体内の血管がつまる病気などにかかったことがある人は使用できないことになっています。また、喫煙者の場合は、血管がつまる病気になる可能性があるため、禁煙するか他の治療法を選ぶことが望ましいとされています。

ホルモン補充療法(HRT)以外の治療法には、漢方薬や、症状を軽減するために寝付きをよくする薬、不安や緊張を抑える薬などを合わせて使うことがあります。また、閉経からしばらくすると身体がエストロゲン不足の状態に慣れるために、だんだん更年期障害の症状が軽くなり、やがて治まることが多いです。

確実に予防することはできない

更年期障害は、年齢とともに体内のエストロゲンが減少することが原因であるため、更年期障害を100%予防することはできません。ただし、体内のエストロゲンが減少するとされる40歳ごろから、エストロゲンを補うことで更年期障害が起こりにくい状態にすることは可能です。また、予防のためには、普段から規則正しい生活を心がけ、ストレスをためないようにすることも大切です。

また、更年期障害の症状の程度は、家族や周囲の人の理解も大きく関係していると考えられています。家族や友人に、更年期障害の症状をはじめ家庭、職場、介護などの悩みを話すことで気持ちが落ち着き、症状も軽減されやすいと言われています。

ただし、更年期障害による症状がひどく仕事や家事などにも支障があるときは、無理をしてしまうと症状が長引いてしまいます。症状がつらいときには、周囲の人に協力をお願いし、静養に努めることも大切です。あまり我慢しすぎずに、婦人科で相談したほうがよいこともあります。

更年期障害について女性の症状などをご紹介しました。もしかして更年期障害かもしれないと不安に感じている方や、この病気に関する疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?

関連するQ&A

Q

足がだるくてとても重いのですが更年期障害でしょうか

56歳(女性)身長158センチ,60キロです。50歳の頃より更年期障害の症状があります。ホルモン補充療法(エストロゲン.漢方薬服用(加味逍遥散、補中益気湯、桂皮伏令丸、)しています。最近はタイトルのようにな症状に悩まされ、今日整形外科を受診しました。レントゲン等も撮りましたが何ら異常ないとの診断でした。こういう症状も更年期障害にはあるのでしょうか。もし、良い漢方薬があればお教え頂けませんでしょうか。

Q

若年性更年期障害

約 半年前から 生理が2か月に1回位になりました。現在35歳。30歳で出産してます。2か月前に婦人科に行き、ホルモン剤をもらい 飲んで2週間後で やっと生理がきましたが また 今月の生理が2週間遅れてます。 頭痛やイライラが強く更年期障害に効く 漢方薬も 婦人科で 以前 もらいました。 ホルモン値は 調べてませんが、育児ストレスで 若年性更年期障害か 自律神経失調症? なんだと思います。 ストレスに弱く 月経前緊張症で 婦人科に通院してた時もあります。無排卵月経にも なりやすいです。 質問です。1、若年性更年期障害とは 更年期障害のように エストロゲンのホルモン値が不足していて 婦人科で 毎月 薬を飲まないと 次の妊娠は出来ませんか?(基礎体温は 忙しくてつけれてません) 2、ストレスを減らせば 若年性更年期障害は 治りますか?(月経前緊張症の様に) 3、若年性更年期障害だと無排卵ですか? 4、若年性更年期障害だと妊娠出来ませんか? 5、もし 治療して 妊娠出来たら 若年性更年期障害は 治りますか?(子宮内膜症の様に) (30代/女性)

30代/女性
Q

男性更年期障害

男性更年期障害はどんな症状なのでしょうか? 女性更年期障害と同じようですか? 主人が(更年期障害かもしれない)と気にしています。毎日でる蕁麻疹など関係あるのでしょうか? (40代/男性)

40代/男性
Q

エストロゲン不足、過多?どっちなんでしょうか?

52歳既婚、子供1人ありです。 最近、生理不順やだるさがあり、更年期障害が出てきたなと思っております。 そこでいろいろ調べると、エストロゲンが足りないというお考えと、エストロゲン過多でプロゲステロンが足りないというお考えの両方があると知りました。 今まで、更年期の女性はエストロゲンが不足してくるから大豆製品などをとったほうがいいと聞く機会が多かったので、私も無理のない範囲で納豆などを食べるようにしてきました。(サプリは飲んでいません) が、エストロゲン過多プロゲステロン不足という状況は子宮体がんや卵巣がんを招くので、プロゲステロンクリームなどを塗らなければならないという説もあり、え? じゃあ、大豆製品を食べると、がんを招くということなのかと心配になってきました。 更年期というのは、エストロゲン不足? それとも過多?どちなのでしょう? 大豆を食品からとっている限りではあまり心配しなくていいでしょうか? もし、プロゲステロン不足の場合、クリームなどは塗りたくないのですが、何かできることはありますでしょうか? よろしくお願いします。 (50代 女性)

50代/女性
Q

胸がざわざわして、頭が鳥肌がたったような感覚で

更年期障害ではないかとは診察されてますが、エストロゲン療法を始めてもうすぐ2ヶ月がたとうとしてますが、不眠は何とか解消されました。(夜中に必ず2、3回は目が覚めますが)今、すごく気になるのは、胸がざわざわというか、すごく嫌な感じになります。あと頭痛まではいかないのですが、頭がつねに軽く締め付けられてる感じ、痺れてる感じ、頭の中が鳥肌がたってる感じと申しましょうか、とにかく、すっきりしません。これも更年期障害の症状でしょうか?エストロゲンの補充の療法は効き目が表れるまで時間がかかるのでしょうか?あまりにも体調悪いため、良くなるどころか、安定剤やエストロゲンの副作用では?と思ってしまうほど、次々と不調が表れます。 (40代/女性)

40代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,100人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。