女性の更年期障害症状とかかる年齢 うつ病に似ている?

  • 作成:2015/12/17

更年期障害は、ホルモンの減少で起きる女性に多い病気です。特に、原因となる体の変化は見つかりませんので、ホルモンの少ない状態に体が慣れるまで対応するのが一般的です。また、うつ病や甲状腺の病気と症状が似ている部分がありますので、注意が必要です。なりやすい年齢を含めて、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

近藤 恒正 監修
落合病院 副院長
近藤 恒正 先生

この記事の目安時間は3分です

中年女性

更年期障害は50歳前後の女性に多い

更年期障害とは、閉経を中心とした約10年間の「更年期」と呼ばれる時期に、体や心の不調があるものの、特定の病気や体の異常がみられない状態のことです。更年期障害が最も起こりやすいのは45歳から55歳前後の女性ですが、閉経が早い人は、更年期障害も早い時期に現れます。また、更年期障害の多くは女性に起こりますけれど、男性にも更年期による変化と思われる症状がみられることがあります。

更年期障害の原因は、40歳を過ぎたころから卵巣の働きが衰えることで、「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が減るためです。体内のエストロゲンが急減してしまうと、全身機能のバランスを調整する自律神経の働きが乱れ、体や心の不調がみられます。また、更年期障害は、患者さん本人の体の変化だけでなく、家庭や職場などの人間関係などをはじめとする社会的、環境的要因も複雑に影響しているとされています。

更年期にはほとんど自覚症状がない人がいる一方で、更年期障害によって日常生活に大きな支障が及んでいる人もいるなど、現れる症状や程度に個人差が大きいというのも特徴です。体や心の不調を感じて医療機関を受診したものの明らかな異常がみられないときには、更年期障害の可能性があると考えられます。思い当たる場合は、一度婦人科に相談してみましょう

心と体、両方の症状がある

更年期障害の症状には個人差がありますが、大きく分けると身体の症状と心の症状の2種類があります。このうち、最初に現れやすい症状として、突然の大量の汗、のぼせやほてり、不眠などがあります。これ以外の主な身体の症状には、頭痛、めまい、動悸、倦怠感、関節痛、肩こり、腰痛などがあり、女性の場合はとくに肩こり、腰痛が現れやすいとされています。心の症状として主なものは、イライラ、不安、不眠、記憶力低下、もの忘れなどがあげられます。

うつ病や甲状腺の病気に似ている

更年期障害であるかを診断するためには、問診や診察の他に、血液検査などのを行うことがあります。また、更年期障害は甲状腺の病気やうつ病などと症状が似ているため、これらの病気でないことを確認するための検査を行うこともあります。

更年期障害の治療は、体内に不足しているエストロゲンを飲み薬、貼り薬、塗り薬などで補うホルモン補充療法(HRT)が中心です。ただし、この薬は、乳がん、脳卒中など体内の血管がつまる病気などにかかったことがある人は使用できないことになっています。また、喫煙者の場合は、血管がつまる病気になる可能性があるため、禁煙するか他の治療法を選ぶことが望ましいとされています。

ホルモン補充療法(HRT)以外の治療法には、漢方薬や、症状を軽減するために寝付きをよくする薬、不安や緊張を抑える薬などを合わせて使うことがあります。また、閉経からしばらくすると身体がエストロゲン不足の状態に慣れるために、だんだん更年期障害の症状が軽くなり、やがて治まることが多いです。

確実に予防することはできない

更年期障害は、年齢とともに体内のエストロゲンが減少することが原因であるため、更年期障害を100%予防することはできません。ただし、体内のエストロゲンが減少するとされる40歳ごろから、エストロゲンを補うことで更年期障害が起こりにくい状態にすることは可能です。また、予防のためには、普段から規則正しい生活を心がけ、ストレスをためないようにすることも大切です。

また、更年期障害の症状の程度は、家族や周囲の人の理解も大きく関係していると考えられています。家族や友人に、更年期障害の症状をはじめ家庭、職場、介護などの悩みを話すことで気持ちが落ち着き、症状も軽減されやすいと言われています。

ただし、更年期障害による症状がひどく仕事や家事などにも支障があるときは、無理をしてしまうと症状が長引いてしまいます。症状がつらいときには、周囲の人に協力をお願いし、静養に努めることも大切です。あまり我慢しすぎずに、婦人科で相談したほうがよいこともあります。

更年期障害について女性の症状などをご紹介しました。もしかして更年期障害かもしれないと不安に感じている方や、この病気に関する疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?

関連するQ&A

Q

エストロゲン

エストロゲンはどのような製剤ですか。体へ良い事悪い事、更年期障害が楽になるのか、更年期障害前から使うと更年期は軽いのか、更年期・骨量以外には何か女性の体に良い事があるのか製剤の種類は多いのか、婦人科に受診すれば誰でも気軽にエストロゲン治療はしていもらえるのか、等々教えて下さい。 (40代/女性)

40代/女性
Q

更年期障害

更年期障害かどうかの見極めはどこになるのでしょうか。 ホルモンの値から更年期であると診断されたのちに出てくる症状などはどれも更年期障害にあたるとはいえないのでしょうか。 (20代 女性)

20代/女性
Q

薬の飲み合わせについてお尋ねします

更年期障害の症状で、自律神経の不調と首こり、肩こりがひどく、婦人科でエストラーナテープ0.72ミリ、アデホスコーワ10%、心療内科からツムラ1葛根湯、ツムラ43六君子湯、セパゾン1ミリを1日2回処方してもらいました。 飲み合わせ問題ないでしょうか? 今年6月に子宮筋腫と子宮全摘出の手術をしました。卵巣は残したのですが、エストロゲンが分泌できておらず典型的な更年期障害とのことです。 (40代/女性)

40代/女性
Q

卵巣切除による更年期障害

3月に良性卵巣腫瘍だと思われ、片方の卵巣、卵管切除術を受けました。 術後病理検査により、境界悪性腫瘍となり、、 6月に追加で、残した卵巣、卵管、子宮、大綱部分切除術をしました。 摘出したものに、悪性は、出ませんでした。 術後1が月半で今のところ更年期障害の自覚症状はありません。 45才で、摘出前は、生理も正常にありました。 更年期障害の自覚症状はないけど、念のためエストラーナテープを処方され貼っています。 自覚症状なくても、貼る意味はありますか? この先、時間が経過してから、更年期障害がひどく出る可能性もありますか? エストラーナテープは、やはり貼っておく方が良いですか? 副作用などもあるようですか。。 個人の体質により更年期障害の出方も色々だと思いますが。。 よろしくお願いいたします。 (40代/女性)

40代/女性
Q

私の妻のことで、ご相談があります

妻は51歳です。3年ほど前から更年期障害でホルモン療法を受けております。生理は1年ほど前からありません。 2ヶ月ほど前から不正出血があります。病院で受診して今まで、二種類の薬を服薬していたのですが、1種類が貼り薬に変わりました。エストラダーム0.72です。 それを半分に切って2日おきに張っています。他の飲み薬はプロベラです。 ネットで調べましたらエストラダームはエストロゲン。卵胞ホルモンで、分泌が少なくなったエストロゲンを補充して更年期障害の症状を緩和する薬とありました。プロベラは黄体ホルモンで、エストロゲンの単独使用で高まる子宮内膜癌のリスクを軽減するとありました。今、妻は3週間近く続く不正出血が恐ろしくて、プロベラを飲むのをやめています。それで、出血は収まったのですが、先週からまた出血しだしました。受診してドクターに見てもらうのが一番いいのはわかっていますが、仕事の関係で中々受診できません。受診するまで、どのような対応をとればいいのでしょうか? 更年期の症状なのか、異常な発汗と時に頭痛に悩まされています。

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,300人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。