ストレスからくる動悸

  • 作成:2015/10/30

心臓がドキドキする症状を動悸(どうき)といいます。動悸は心臓や血管の病気だけでなく様々な原因が考えられますが、そのひとつにストレスがあります。今回はストレスが原因の動悸について解説します。

アスクドクターズ監修医師 アスクドクターズ監修医師

この記事の目安時間は3分です

動悸はどうして起こる?

私たちは緊張したり興奮したりすると、心臓がドキドキと脈が速く大きくなることがあります。これは、私たちの意思とは関係なく体の働きをコントロールする自律神経が影響しているためです。自律神経には交感神経と副交感神経があり、普段は両方バランスがとれた状態が保たれていますが、興奮や緊張をしたときは交感神経の働きの方が活発になります。

しかし、緊張や興奮をしてない状態で運動もしていないのに突然心臓がドキドキと大きく脈打ち、心拍も速くなることがあります。これが動悸です。動悸の原因には、心臓の脈のリズムが乱れる不整脈を始めとする心臓の病気、甲状腺機能亢進症など甲状腺の病気、貧血、更年期障害などがあげられます。この他には、パニック障害、うつ病、適応障害、心気症などの心の病が原因で自律神経のバランスが乱れるために動悸が起こることもあります。

動悸の原因のひとつ”ストレス”

動悸の原因として見逃せないのがストレスです。ストレスとは、職場や家庭での出来事をはじめ生活環境など私たちの体や心に影響を受けることです。ストレスはよいことも悪いことも含まれますが、私たちはストレスのきっかけとなる物事や環境に出会ったときに、不安や緊張や興奮などの反応とともに交感神経の働きが活発になります。

すると、交感神経の働きによって全身に力が入って収縮しようとするため、血管が収縮して血圧や心拍が高くなります。すると、心臓に一時的に負担がかかり動悸が起こるのです。このため、ストレスがかかると動悸が起こりやすいのです。

ただし、ストレスは動悸の原因となるだけではありません。ストレスは、動悸以外にも、夜眠れない、疲れやすい、食欲がない、吐き気、頭痛などさまざまな不調の原因となることがあります。これらの症状は、他の病気が原因の場合もありますが、ストレスの影響で自律神経のバランスが乱れてしまい、全身の働きをうまくコントロールできないために起こってしまうことがあるのです。

パニック障害など精神疾患の場合も

突然、心臓がバクバクとなり胸の苦しさに耐え切れずに病院に行ったものの、検査の結果体に異常がみられない場合は、パニック障害などの心の病が原因である可能性が考えられます。パニック障害が起こる原因は明らかになっていませんが、脳内での働きが影響していると考えられています。

パニック障害は、前触れもなく突然動悸をはじめ、めまい、大量の汗、息苦しさ、吐き気、手足のふるえなどの発作が起こるにも関わらず、検査をしても体に異常が見つからない病気です。パニック障害の発作は長くても1時間以内には落ち着きますが、死の危険性を感じるほど大変苦しいため一度発作が起きると「また発作が起こるのではないか」という不安が続きます。また、以前発作が起きた場所や似た状況になると、発作への不安から緊張が高まり、再び発作を繰り返すうちに外出ができないほど日常生活に影響を与えてしまうことも少なくありません。

パニック障害の場合は、不安を和らげる抗不安薬やうつ状態を軽減する抗うつ薬などを服用し、薬の効果が現れてきたら、外出など苦手なことに慣れるための認知行動療法を行うこともあります。ただし無理をしたり、自己判断で治療を中止すると発作が再発する可能性もあるため、医師と相談しながらじっくり治療しましょう。

緊張していないのに胸がドキドキしたら

動悸が気になる場合は、内科または循環器科、循環器内科など循環器系の診療科を受診しましょう。病院では、心臓の病気を有無を確認するため、聴診器を使って心臓音の確認や心電図検査を行う他、必要に応じて超音波検査、運動負荷検査、24時間の心電図検査や血液検査を行うこともあります。

これらの検査を行った結果、心臓や甲状腺などをはじめ体に異常がみられない場合は、パニック障害をはじめ、うつ病、適応障害、心気症などの心の病が原因である可能性が考えられます。検査をしても異常がみられないときは、精神科または心療内科を受診してみましょう。

ストレスが原因となる動悸についてご紹介しました。自分の動悸に不安に感じている方や、この病気に関する疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?

関連するQ&A

Q

パニック障害者と自律神経失調症

自律神経失調症とパニック障害は、医学的には別物という見解なのでしょうか。 完全に同じではないにしても、ある程度重なってると思うんです。 この病気の経験者として、感じるのですが、 自律神経失調症の症状は、ストレスが溜まったり疲れたりすれば結構誰にでもありがちなこと(例えば、動悸、息切れ、呼吸が苦しい、冷や汗など)ではないかと思うのですが、その症状が起こったときの恐怖感が頭から離れなかったり、また起こるのではないか・・・という不安感が募ることによって発作が起こったり、予期不安から逃れられなくなる。という悪循環に陥っていくように思うんです。 自分も最初のうちは、単なる自律神経の不調から来る動悸や吐き気が起こり、それが続くことによって不安感、恐怖感が積み重なってしまい、その結果軽い発作を起こし、パニック障害と診断されてしまったのではないかと思うんです。 パニック障害は脳の機能障害のひとつと言う見解もあるようなのですが、それは自律神経が不調をきたして脳の機能に影響を与えることとは違うのでしょうか。

Q

パニック障害です!

数年前からパニック障害です 前から気になっているんですが 食べ物によって ざわざわ動悸みたいな感じになったりします 食べ物によって パニック障害が誘発される事はありますか? 特に コーヒーを飲むと 変な動悸が起こったりします!なぜでしょうか? パニック発作は もう7年位起こってなく 安定しています。 が 頭がフワフワユラユラしたりして自律神経が 乱れている感じがします! こうゆう症状は 自律神経失調症もあり得ますか?? (30代/女性)

30代/女性
Q

心療内科や精神科の先生怖いです。

自律神経の働きは 内臓の働き、体温、血圧、ホルモン、免疫などの恒常性を保つために必要なシステムを調節している神経です。 ですから、その自律神経が乱れることでからだにいろいろな症状が出てきます。その症状を無視してずっと頑張り続けると、からだは更に悪くなり、戻ることがさらに難しくなります。寝たきり、突然死、過労死、脳卒中、情緒不安定、不定愁訴、ガン、膠原病など治りにくい病気になる可能性が高まります。 自律神経が乱れるということはどういうことでしょうか。 それは慢性的に交感神経や副交感神経のバランスが崩れるということです。一番分かりやすいのはストレスを受けることで交感神経が慢性的に緊張状態になることです。ストレスについては 自律神経失調症の原因とは を参照して下さい。 交感神経が緊張状態になると 交感神経が緊張状態になるとアドレナリンが放出され、その作用として、顆粒球と活性酸素の増加/脈拍の上昇/血流障害がおこります。 顆粒球と活性酸素の増加により化膿性の炎症や組織破壊による炎症が起きるため、 急性肺炎、膵炎、歯槽膿漏、胃潰瘍、痔、白内障、ガン、多臓器不全のリスクが高まります。 激しい運動はせず、軽い運動にとどめる。 (30代/男性)

30代/男性
Q

自律神経

ここ何カ月か、のどに何かつまっているような感じ、息苦しい感じ、じんましんが続いています。先日から夜になると腹痛、下痢などもおこるようになりました。呼吸器科、耳鼻科、皮膚科へは行きましたが、原因はわからず。自律神経がおかしいのかなと思い調べたところ、副交感神経の緊張が原因とか。副交感神経が緊張するというのは、どういうことなんでしょうか。副交感神経の働きが悪いということなんでしょうか?副交感神経をアップさせるための方法が書かれた書籍を最近よく見ますが、私の症状には合っていますか?どうすれば、治るんでしょう?精神科でメイラックス、ワイパックスをもらってるんですが、こういう症状に効きますか? (40代/女性)

40代/女性
Q

動悸について

よろしくお願いいたします。 ここ1ケ月ほど ひどくはないんですが動悸がします。 動悸ってストレスからも起こるのでしょうか? 確かに仕事で過度のストレスを感じてます。私はパニック障害を煩い毎晩パキシル服用で発作はほとんどでなくなりました。 糖尿病もありますがこちらも数値は落ち着いてます。考えられるのはやはりストレスですか? (40代/女性)

40代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,300人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。