子宮筋腫の手術費用はいくらかかるの?

  • 作成:2015/10/30

子宮筋腫は子宮内に筋腫(こぶ)ができる病気で、治療法のひとつに手術があります。ただ、いくつか手術法があり、それによって費用も変わってきます。今回は子宮筋腫の手術法と費用についてご紹介します。

近藤 恒正 監修
落合病院 副院長
近藤 恒正 先生
女性の手

手術が必要な子宮筋腫とは?

子宮筋腫の主な症状は月経のトラブルや不正出血に始まり、進行すると痛みや不妊の原因になることがあります。しかし、子宮筋腫はあくまで良性の腫瘍であり自覚症状もないことも多いので、特に治療を行わずに経過観察することも少なくありません。

子宮筋腫には、女性ホルモンによって大きくなる性質があります。そのため、更年期の方であれば、閉経後に筋腫の発育が止まったり、症状が消えてしまうこともありますので、そのまま経過を見ることも多いのです。

また、卵巣から分泌されるエストロゲンを抑えることで閉経に近い状態にする偽閉経療法を行うことで,筋腫が大きくならないようにする方法があります。尚、出血をコントロールする目的でピルが用いられることもあります

手術が必要になるのは、子宮筋腫が不妊・流産の原因になっていると疑われる場合、痛みや過多月経の症状があり、薬でのコントロールが難しく日常生活に支障を及ぼす場合です。また、急速に大きくなったりして子宮肉腫といった悪性腫瘍との鑑別が困難な場合などにも手術による治療が必要になります。

子宮筋腫の手術の方法とは

子宮筋腫の手術は、大きく分けて二種類あります。一つが、子宮全摘術(しきゅうぜんてきじゅつ)と呼ばれる、子宮をすべて取ってしまう手術です。これにより子宮筋腫の再発や、子宮がんになるリスクをゼロにできます。もう一つが、筋腫核出術(きんしゅかくしゅつじゅつ)といって、筋腫の核の部分だけを取り除く手術です。妊娠を希望する人はこちらを選んでください。この手術によって不妊を含む症状の回復が見込まれますが、残念ながら再発の可能性は残ります。また、手術に伴って大量出血が起こったりする危険性があります。

どちらの手術にも、いくつかの手術方法があります。まず、腹部を切開する開腹手術。この手術の場合、どうしても傷跡が残ってしまいますが、確実に筋腫を取り除ける可能性の高い手術法です。

次に、腹腔鏡手術(ふくくうきょうしゅじゅつ)があります。こちらは、腹部に5~10ミリほどの小さな穴を開け、そこから腹腔鏡と呼ばれる内視鏡を入れてお腹の中を見ながら筋腫を取る方法です。また、それほど大きくない粘膜下筋腫の場合に子宮鏡下手術(しきゅうきょうかしゅじゅつ)という、腟から内視鏡を入れて切除する方法があります。こちらはお腹を切開せずに手術できるため、傷の治りも早く短期で退院できるメリットがあります。

手術法によって異なる費用

病院によって異なりますが、一般的な手術費用を紹介します。

まず、子宮全摘術の場合は、開腹手術に比べて腹腔鏡手術の方が手術点数が高くなります。また、麻酔の方法によっても保険点数が違ってきます。筋腫核出術の場合も同様で、腹腔鏡手術の方が手術点数が高くなります。子宮全摘でも筋腫核出術でも、健康保険を使ってお支払いは20万~25万円ほどになると思います。

子宮鏡下手術では、手術点数がそれよりも低く入院日数も短いので、開腹手術や腹腔鏡手術に比べて費用は少なくて済み、8~10万円程度になります。尚、所得にもよりますが、次に出てくる高額療養費制度を使えば自己負担額が少なくなる可能性があります。

お金の負担を減らせる高額療養費制度とは?

高額療養費制度というものをご存じでしょうか。これは、医療費の負担が大きくならないように、医療費の自己負担額が一定より高くなると、費用の一部を支給してもらえる制度です。

対象となる金額は一ヶ月ごとにカウントされます。支給を受けるためには、事前に認定書を取得する必要があります。手続は、加入している健康保険組合などで行います。一旦は病院で自己負担する必要があり、払い戻しが完了するまでにおよそ3ヶ月以上はかかりますが、金銭的な負担を減らして治療や手術を受けることができます。しかし、あとから払い戻されるとはいえ、一時的な支払いは大きな負担になります。

70歳未満の方で、医療費が高額になることが事前にわかっている場合には、「限度額適用認定証」を提示する方法が便利です。「限度額適用認定証」を保険証と併せて病院の窓口に提示すると、1ヵ月の窓口でのお支払いが自己負担限度額までとなります。ぜひこの制度を活用してみてはいかがでしょうか。詳しくは全国健康保険協会のサイトで調べることができます。また、病院窓口でご相談いただくとよろしいでしょう。

手術を選択する際にどのくらいの費用がかかるのか気になる方は多いと思います。今回は費用についてご紹介しましたが、まだこの病気に関する疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?

関連するQ&A

Q

子宮筋腫の手術にかかる入院証明書記載について

子宮筋腫の核出術を腹腔鏡補助下(LAM)で行いました。保険会社への提出書類として、入院証明書を先生に書いていただきましたが 手術名が腹腔鏡下子宮筋腫核出術となっています。これは腹腔鏡のみの手術名ではないでしょうか?開腹切開しているので「補助下」がもれてますので付け加えてください…と病院の受付にお尋ねしましたところ、先生によるとこの記載になるとのことです、とのでした。これは開腹していても腹腔鏡のみと変わらない判断?とのことでしょうか?先生が正しいと思います、事情を詳しく教えていただけませんでしょうか? 開腹と腹腔鏡だと保険金も変わりそうですし、体への負担は腹腔鏡のみより、かかっているはず。何より診断書には腹腔鏡補助下子宮筋腫核出術となっているのに、入院証明書には書けない理由があるのかな?と疑問です。 よろしくお願いします。 (40代/女性)

40代/女性
Q

高額療養費について

来月手術するかもしれないのですが、先に手術や入院費を立て替えて、後で高額療養費を請求すると差額をもらえると聞きました。それと先に病院に限度額認定書を提出すると、3割負担の限度額以上は払わなくていいと聞きました。どちらの制度がいいのでしょうか?お返事お願い致します (30代/女性)

30代/女性
Q

高額医療費控除

現在、父親が膵頭十二指腸切除術を受け入院中ですが回復が遅く入院期間が長くなりそうで治療費の事が気になり出しました。すると知人から高額医療費控除という制度があるから聞いてみたら?と勧められ病院内にある相談室へ行きソーシャルワーカーの方に聞いてみた所、父親の場合は区役所から国民健康保険限度額適用認定証の交付を受けているので改めて高額医療費控除をする必要は無いです、と言われました。両者は呼び方が違うだけで同じ意味を持つものなのですか?更に知人は高額医療費立替という制度もあると教えてくれ、こちらは治療費の本人負担がゼロになると言っていましたが本当なのでしょうか?どうかなるべく解りやすく教えて頂けますでしょうか?よろしくお願いいたします。ちなみに父親は昨年10月から無職となり収入は父親本人と母親の年金だけです。 (60代/男性)

60代/男性
Q

抗がん剤費用

67歳の父親が来週より抗がん剤による治療が始まります。周りから聞くには費用が多くかかると聞いております。残念なことに癌の保険には入っていないため、今からその費用が心配です。ちなみに抗がん剤はカルボプラチンとパクリタキセルになります。投与期間は4クールごとです。その他として、現在は年金生活中。 この場合で年間もしくは、月あたりの自己負担額はどのくらいになるのでしょうか?また高額療養費制度は適用されるのでしょうか? (20代/男性)

20代/男性
Q

子宮動静脈奇形について。

子宮動静脈奇形と診断され、子宮温存の為の治療として、後日、子宮動脈塞栓術を行う事になりました。 初めての入院・手術で医療費など分からない事があるので回答頂けたら嬉しく思います。 子宮動脈塞栓術は保険適応外の手術なのでしょうか?保険適応外の場合、高額医療制度も受けられないのでしょうか? この場合、混合診療に当たるのでしょうか? 回答お願いします。 (20代/女性)

20代/女性

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。